新日本法規出版株式会社
HOME
企業メッセージ
ごあいさつ
会社概要
会社沿革
事業案内
採用情報
採用のお問い合わせ
採用情報

 先輩社員の声(バックナンバー)一覧へ戻る

先輩社員の声 / 山下 崇

山下 崇

山下 崇 [Takashi Yamashita]

H11年入社

編集職
法学部卒
1年目 校正部に配属 ゲラの校正業務に携わる。

6ヶ月後 編集局法令編集部に配属

2年目 法令書籍・織込書籍など様々な書籍の経験を積む。

3年目 資産税関連書籍の渉外業務を経験する。

4年目 編集局手続書編集部に配属 手続書籍、実務書籍の編集業務などに従事。

一日の流れ

6時

・起床
・朝食
・自宅を出る

8時

・会社着
・朝礼
・業務開始
・編集作業に従事

10時

・判例取材のため資料室へ

12時

・昼食

14時

・原稿受領のため執筆者事務所へ
・帰社
・引き続き編集作業に従事

16時

18時

・退社
・先輩と飲みに行く

20時

・帰宅
・入浴

22時

・TV・インターネット
・就寝

24時

■業務内容について教えて下さい。
加除式書籍、その中でも主に手続書籍、実務書籍の追録編集業務を行っています。

法令、 通達、判例等を素材とする加除式書籍の追録原稿を作成することは、法令・制度の改変に 即応しなければならず、正確性と速報性が必要となります。

また、担当している書籍の中 に「誰にもわかる 相続・贈与の法務と税務」という書籍があるのですが、それは執筆者 との編集会議から原稿やゲラの受渡し、原稿料の支払手続までの一連の業務を自分で行う もので、弁護士や税理士の先生方と折衝をするという業務もあります。
■苦労した経験を教えて下さい。
入社1年目当時、法令編集部に配属され、仕事にもまだ全然慣れずにいた頃、「わかりやす い 食品衛生の手引」という新刊台本(加除式書籍)を担当することになったのですが、 何をすればよいかわからず右往左往して、上司や周りの先輩方に迷惑をかけたり、随分助けていただくなどして大変な思いをした記憶があります。

しかし、それを経験することによって本作りの一連の流れを把握することができたという点で自分にとって大きな収穫となりました。
■この企業で働いてよかったと感じること・やりがいを教えて下さい。
自分で苦労し、作成した原稿が実際に追録や本など、製品となったものを手にした時の喜 びはひとしおです。また、日々たくさんの法律が改正されたり、新設されることに触れ、 それを本として出版している自分が社会の流れの中で仕事をしていると実感できることに やりがいを感じています。
■学生へのメッセージ、アドバイスをどうぞ
まず、就職すると「時間」の大切さを痛感することと思います。やり残しのないよう、残 りの学生生活を大いに楽しんで下さい。 それから、この会社に入るための特別な法律知識などは必要ありません。

編集職の仕事においても、必要な知識は仕事をするにつれて徐々に身についてきますし、いつでも意欲を忘れずに仕事に打ち込めば、何事も大丈夫だと思います。
■自由にご記入下さい。(例:社内の雰囲気・キャリアプラン・社内での人間関係など)
出版会社というと、「机の上は原稿や書類が山積みで、深夜までぶっ通しで働いて…」など とイメージしがちですが、そんなことはありません。

編集局内は、結構整然としていて、 慌ただしさはあまり感じませんので、業務をしやすい環境にあるのではないかと思います。 しかし、原稿などの締切日は当然ありますし、個々人が責任を持って業務をこなしている ので、締切日が近くなれば緊迫感は自然と増します。
pagetop