新日本法規株式会社
webショップ
ご利用案内
よくあるご質問
サイトマップ
お問い合わせ
 
加除式購読者Web会員ログイン
買い物カゴを見る
HOME 企業法務 民事 訴訟・登記 税務・会計 厚生・労働 建設・運輸 消防 環境 行政 教育・宗教 六法・判例・一般 書籍以外の商品
キーワード検索
対象

詳細検索

 カテゴリから探す

HOME > 検索結果 > 商品詳細(事例式相続実務の手続と書式)

 サンプル[598KB]

 カタログ[1195KB]

事例式相続実務の手続と書式

編集/相続手続研究会
代表/赤沼康弘(弁護士)、鬼丸かおる(弁護士)

加除式 在庫有り

■商品コード:

0589

■サイズ:

B5

■巻数:

全1巻 ケース付

■ページ数:

1,446

■価格(税込):

12,420円

■送料:

610円

買い物カゴに入れる

★多種多様な相続問題に対処するために−−事例に応じた書式・文例が充実!

広範囲に及ぶ相続問題について事例を設定し、問題の進行段階ごとに必要な手続をまとめ、要点を解説しています。

遺産分割協議書、各種申立書、訴状、登記申請書、税務申告書などの書式・文例を豊富に掲載しています。

第1章 相続の開始
 第1 被相続人の死亡等
 第2 遺言書の確認
第2章 相続人の確定
 第1 相続人の調査
 第2 相続人の欠格と廃除
 第3 相続人の不存在
 第4 相続人の範囲をめぐる争い
第3章 相続分の確定
 第1 相続財産の調査
 第2 相続分の譲渡
第4章 相続の承認・放棄
 第1 限定承認
 第2 相続放棄
第5章 遺産分割
 第1 遺産分割協議
 第2 調停・審判による分割
 第3 特別受益・寄与分・遺留分
  1 特別受益
  2 寄与分
  3 遺留分
 第4 遺産分割後の紛争等
第6章 生命保険・社会保険等の請求
 第1 生命保険金
 第2 健康保険
 第3 公的年金
  1 国民年金
  2 厚生年金
 第4 労災保険
 第5 雇用保険
第7章 遺産の名義変更等
 第1 預貯金等
 第2 不動産
 第3 株式等
 第4 債務
 第5 その他の権利
第8章 税金の申告・納税
 第1 申告
 第2 納税
  1 納付
  2 延納
  3 物納
  4 納税猶予
  5 還付
  6 その他
索引

 第1章 相続の開始

第1 被相続人の死亡等
○被相続人となる者が亡くなったとき
○不在者の生死が7年以上明らかでないとき
○事故に遭って所在や生死が分からないとき
○在日外国人が亡くなったとき
○相続手続回避のために遺言代用信託を活用したいとき
○親亡き後のために信託を利用して遺産承継をしたいとき
○受益者連続信託を利用して事実上後継ぎ遺贈と同様の効果を持つ資産承継を実現させたいとき

第2 遺言書の確認
○相続に関する事項が記された書き置きが見つかったときおよび公正証書遺言の探し方
○封印のある自筆証書遺言を開封したいとき
○危急時遺言を作成したとき
○無効と思われる遺言書が見つかったとき
○在日外国人の遺言書を日本で検認したいとき
○遺言書による遺言執行者の指定がないとき
○遺言執行事務の処理状況の報告
○遺言執行者を解任したいとき
○遺言執行者を辞任したいとき
○遺言執行事務の報酬をもらいたいとき
○被相続人が死因贈与契約を結んでいたとき

 第2章 相続人の確定

第1 相続人の調査
○相続人の存在が不明であるとき
○所在や生死が分からない相続人がいるとき
○行方不明になっていた相続人が生きていたとき
○相続人の中に胎児がいるとき
○内縁の子が相続するとき

第2 相続人の欠格と廃除
○相続人になることができない者がいるとき
○財産を相続させたくない相続人がいるとき
○遺言により相続人廃除の意思表示があったとき
○推定相続人の廃除を取り消すとき
○遺言により推定相続人の廃除を取り消すとき

第3 相続人の不存在
○相続人のない財産から債務の弁済を受けたいとき
○相続人のない財産を管理・処分してもらいたいとき
○相続人のない財産から葬儀費用等を支払ってもらいたいとき
○相続人のない財産を国庫帰属させたいとき
○相続財産管理人選任後に相続人が現れたとき

第4 相続人の範囲をめぐる争い
○子の認知をめぐって争うとき
○内縁の子の認知をめぐって争うとき
○養子縁組をめぐって争うとき
○祭祀財産を承継する相続人がいないとき
○他の相続人により相続分が侵害されているとき

 第3章 相続分の確定

第1 相続財産の調査
○不動産の保有状況を調査するとき
○預貯金や有価証券の保有状況を調査するとき
○相続債務の有無を調査するとき
○相続財産の中に賃貸物件があるとき
○相続財産の中に賃借物件があるとき
○相続財産の中に係争中の土地があるとき
○土地建物が相続財産かどうかにつき争いがあるとき
○相続財産の中にゴルフ会員権があるとき
○相続財産の中に外国の土地があるとき
○現物分割をすることが難しい相続財産があるとき
○銀行の貸金庫に相続財産があるとき
○相続財産の一部を分離してもらいたいとき
○相続財産の一部を分離し相続人の財産から弁済を受けたいとき
○財産分離された相続財産を人手に渡したくないとき

第2 相続分の譲渡
○相続分を第三者に譲渡するとき
○相続分を他の相続人に譲渡するとき
○譲渡された相続分を取り戻したいとき
○第三者に無断で譲渡された相続財産を取り戻したいとき
○調停手続中に相続分を放棄したとき
○調停手続中に相続分を譲渡するとき

 第4章 相続の承認・放棄

第1 限定承認
○相続財産の中に一部借金があるとき
○限定承認をした後に借金を清算するとき
○限定承認の申述に後見監督人の同意がなかったとき
○限定承認した条件付債務の弁済額を確定させたいとき
○包括遺贈を限定承認するとき

第2 相続放棄
○相続財産の調査が3か月以内に完了しないとき
○相続財産のほとんどが借金であるとき
○遺産分割協議の後、多額の債務があることが分かったとき
○相続人が相続放棄をしないまま死亡したとき
○二重にある相続資格の一方だけを放棄するとき
○相続放棄がされているか知りたいとき
○被保佐人が単独で相続放棄したとき
○強迫により行った相続放棄の申述を取り消したいとき
○破産者である相続人が相続放棄を行ったとき
○遺贈を放棄したいとき
○相続放棄を考慮中の相続人が相続財産を管理できないとき

 第5章 遺産分割

第1 遺産分割協議
○不動産、株式、預貯金を各相続人で分割するとき
○投資信託を各相続人で分割するとき
○国債を分割するとき
○遺産である土地を共有するとき
○一部の遺産について分割方法が決まらないとき
○土地を相続した者が代償金を支払うとき
○土地を処分し、その代金を分割するとき
○遺産が自宅のみで、相続人の1人が住み続けるとき
○家族名義の預貯金を遺産と確認した上で分割するとき
○分割協議後に新たな財産が発見された場合に備えるとき
○遺言と異なる内容の遺産分割を行いたいとき
○相続人の1人が行方不明のとき
○相続人の中に親権者とその子がいるとき
○未成年者に対し親権を行う者がいないとき
○相続人に判断能力がない人がいるとき
○相続人に判断能力が不十分な人がいるとき
○相続人に任意後見契約を締結している人がいるとき
○相続人中に後見人と被後見人がいるとき
○相続人中に保佐人と被保佐人がいるとき
○相続人の1人が海外在住であるとき
○相次いで相続が発生したとき
○相続分を指定する遺言があったとき
○遺産からの家賃収入を分けてもらえないとき

第2 調停・審判による分割
○遺産分割協議がまとまらないとき
○特別の理由があり遺産分割を行わないとき
○遺産分割を禁止する事情が解消したとき
○遺産分割の審判を申し立てるとき
○遺産の分割前に財産を管理する必要があるとき
○審判前の保全処分を取り消してほしいとき
○遺産の競売による換価審判を受けた後に代償金を支払えるようになったとき
○遺産分割調停中に申立人が死亡したとき
○遺産分割の審判に不服があるとき

第3 特別受益・寄与分・遺留分
 1 特別受益
○遺産分割の際に特別受益者がいるとき

 2 寄与分
○寄与分を定める協議を行ったとき
○寄与分についての共同相続人間の協議が調わないとき

 3 遺留分
○遺留分を放棄したいとき
○遺留分減殺請求をしたいとき
○遺留分算定の基礎となる財産の中に条件付または存続期間不確定な権利・義務があるとき
○遺産が1個の建物と敷地のみである場合に遺留分を主張されたとき
○遺留分を主張したが拒否されたとき
○遺留分を主張して代償金の支払を求めるとき

第4 遺産分割後の紛争等
○遺産の一部を分割するとき
○遺産分割により共有取得した不動産を分割するとき
○遺産分割後に認知された相続人が遺産を取得しようとするとき
○共同相続人の一部を除外して遺産分割協議を行ったとき
○遺産分割協議で定めた代償金が支払われないとき
○負担付遺贈を受けた者が負担した義務を履行しないとき
○遺産分割協議が詐害行為であるとき
○遺産分割後に特定の財産が遺産でなかったことが判明したとき

 第6章 生命保険・社会保険等の請求

第1 生命保険金
○被保険者である被相続人が死亡したとき
○遺言により生命保険金の受取人の変更がされているとき
○保険金受取人の死亡により名義変更をするとき
○死亡保険金の受取人が「法定相続人」となっているとき
○勤務先から死亡退職金を受け取るとき

第2 健康保険
○死亡した健康保険被保険者を埋葬したとき
○健康保険被保険者が死亡した家族を埋葬したとき
○市町村の国民健康保険葬祭費を受給するとき

第3 公的年金
 1 国民年金
○国民年金被保険者が死亡したとき
○国民年金の年金受給者が死亡したとき

 2 厚生年金
○厚生年金の被保険者が死亡したとき
○厚生年金の年金受給者が死亡したとき
○厚生年金の被保険者が死亡した当時胎児であった子が出生したとき
○遺族年金受給者が行方不明になったとき
○年金給付に対して納得がいかないとき
○年金記録の訂正による年金の増額分を支払ってもらいたいとき

第4 労災保険
○労働者が業務上の事由によって死亡したとき
○労働者が通勤災害によって死亡したとき
○労働者が第三者行為災害によって死亡したとき
○障害補償年金の受給者が死亡したとき
○遺族補償年金の受給者が死亡し、次順位の受給資格者が年金給付を請求するとき
○遺族補償年金の受給権者が保険給付を請求する前に死亡し、次順位の受給資格者が保険給付を請求するとき
○遺族補償年金の受給資格者がいないとき
○遺族年金の受給資格者がいないとき
○石綿健康被害により死亡した労働者の遺族が特別遺族年金を受けるとき
○石綿健康被害により死亡した労働者の遺族が特別遺族一時金を受けるとき
○労災給付に対して納得がいかないとき

第5 雇用保険
○未支給の失業等給付を請求するとき

 第7章 遺産の名義変更等

第1 預貯金等
○遺産分割前に預金の払戻しを受けるとき
○相続人が銀行預金の名義変更をするとき
○相続人が貯金の払戻しを受けるとき

第2 不動産
○不動産を法定相続するとき
 *不動産登記の申請について
○遺産分割協議により不動産を相続するとき
○胎児が法定相続人として不動産を相続したとき
○子が遺産分割により不動産を相続したとき
○特別縁故者が不動産を取得するとき
○遺言により不動産を遺贈されたとき
○遺産分割調停の結果に従って相続登記をするとき
○他の相続人から相続分を譲渡されたとき
○相続人不存在の不動産を時効取得したとき
○死亡した共有者に相続人がいないとき
○アパートを相続したとき
○遺留分減殺により不動産を取得したとき
○死因贈与契約により不動産を取得したとき
○農地を相続するとき
○山林を相続するとき
○農地を遺贈されたとき
○相続財産の中に農地があるとき
○相続した不動産の名義が先代のままであるとき
○相続人の中に破産者がいるとき

第3 株式等
○株式を相続したとき
○上場株式を遺贈されたとき
○相続した株式の株券が見つからないとき

第4 債務
○相続財産の中に債務があるとき
○相続財産の中に保証債務があるとき
○抵当権付不動産を相続するとき
○抵当権付不動産を遺贈されたとき
○根抵当権付不動産を相続するとき

第5 その他の権利
○貸金債権を相続したとき
○ゴルフ会員権を相続したとき
○自動車を相続したとき
○船舶を相続したとき
○特許権(実用新案権)を相続したとき
○著作権を相続したとき
○商標権を相続したとき
○意匠権を相続したとき
○訴訟を承継したとき
○損害賠償請求権を承継するとき
○賃借権を承継するとき

 第8章 税金の申告・納税

第1 申告
○遺産を相続したときの相続税申告
○相続税の申告期限までに遺産分割が終わらないとき
○遺産分割の再協議があったとき
○代償分割と換価分割を比較するとき
○遺留分減殺請求がされたときの相続税申告
○遺産の中に文化財建造物およびその敷地があるとき
○相続税の申告をした後に相続人の人数に変更があったとき
○相続税の申告をした後に相続財産が見つかったとき
○相続税の申告をした後に判決等により法令の解釈が変更になったとき
○海外のジョイント口座を取得したとき
○国内に住所がない納税者が相続税を申告するとき
○非居住者が相続により有価証券等を取得したとき
○贈与を受けていた場合に相続税を申告するとき(相続時精算課税と暦年贈与)
○死亡した者が個人事業を営んでいたとき
○相続税の更正処分に不服のあるとき
○遺産を国または公益法人等に寄附したいとき

第2 納税
 1 納付
○納付の手続
○相続人が限定承認をしたとき
○未登記の不動産を相続したとき
○相続登記が完了するまでの納税義務者の代表を指定するとき

 2 延納
○申告期限までに相続税が納められないとき(延納)
○相続人が未成年者等である場合に延納申請するとき
○延納の許可を受けた相続税が分納期限までに納付できないとき

 3 物納
○相続税を金銭で納付することが困難なとき(物納)
○物納財産の価額が相続税額より多いとき
○延納申請をした後に金銭での納付が難しくなったとき
○物納申請をした後に金銭による納付が可能となったとき
○貸家等を物納するとき
○取引相場のない株式を物納するとき

 4 納税猶予
○農地を相続したとき
○山林を相続したとき
○山林について相続税の納税猶予の特例を受けていた者が亡くなったとき
○山林についての相続税の納税猶予の特例の適用を取りやめるとき
○取引相場のない株式等を相続するとき
○取引相場のない株式等に関する遺留分の特例を受けるとき
○非上場株式等についての相続税の納税猶予の特例の適用を継続して受けるとき
○非上場株式等についての相続税の納税猶予の特例を受けていた者が亡くなったとき
○非上場株式等についての相続税の納税猶予の特例を受けている者から株式の贈与を受けたとき
○医療法人の持分についての相続税の納税猶予の特例を受けるとき

 5 還付
○停止条件付遺贈の条件が成就したとき
○相続税の申告納付後に、納税額が過大であることが判明したとき

 6 その他
○相続により取得した財産が災害によって被害を受けたとき
○相続財産を譲渡した場合の取得費の特例を受けるとき
○相続空き家を譲渡した場合の譲渡所得の特例を受けるとき

索引

○書式名索引

目次の先頭へ

関連書籍・商品

法務・税務からみた相続対策の効果とリスク

法務・税務からみた相続対策の効果とリスク

編集/相続対策実務研究会 代表/弁護士 大西隆司(なにわ法律事務所) 編集者/法務担当 大西隆司(弁護士)、税務担当 和田正宏(税理士) 

■価格(税込):12,960円

相続対策のメリット・デメリットがひと目でわかる!!

〔改訂版〕 ケース別 相続手続添付書類チェックリスト

〔改訂版〕 ケース別 相続手続添付書類チェックリスト

編著/掛川雅仁(税理士)

■価格(税込):5,400円

手続のポイントと準備書類を素早くチェック!

税理士のための相続相談対応マニュアル

税理士のための相続相談対応マニュアル

編著/清田幸弘(税理士・行政書士) 著/妹尾芳郎(公認会計士・税理士・行政書士)、沖田豊明(不動産鑑定士・税理士)、大村文明(税理士)、清野宏之(税理士)、藤井麻美(税理士)、永瀬寿子(税理士)、田近 淳(司法書士)

■価格(税込):4,536円

審判では解決しがたい 遺産分割の付随問題への対応

審判では解決しがたい 遺産分割の付随問題への対応

編集/遺言・相続実務問題研究会 代表/藤井伸介(弁護士)

■価格(税込):4,428円

遺産分割審判とは別に解決すべき問題をピックアップ!

家事事件における 保全処分の実務と書式

家事事件における 保全処分の実務と書式

編著/佐藤裕義(大船渡簡裁判事兼気仙沼簡裁判事)

■価格(税込):4,752円

迅速で適切な申立てのために!

相続税・贈与税特例の判定と税務処理

相続税・贈与税特例の判定と税務処理

共著/水口清一(税理士)、山岡美樹(税理士)、野口雅史(税理士)

■価格(税込):5,400円

難解な相続税・贈与税の特例をケース別にわかりやすく解説

遺言書・遺産分割協議書等条項例集

遺言書・遺産分割協議書等条項例集

すいせん/東京弁護士会 会長 小林元治 編集/東京弁護士会法友会

■価格(税込):10,800円

遺産を円滑に承継するためのあらゆる条項例がこの一冊に!

法律実務家のための事件処理における税金・年金・保険

法律実務家のための事件処理における税金・年金・保険

編集/虎ノ門法律経済事務所 

■価格(税込):6,264円

民事・家事事件処理に関係する[税金][年金][保険]を併せて解説!

登記官からみた相続登記のポイント

登記官からみた相続登記のポイント

著/青木登(元東京法務局豊島出張所総務登記官)

■価格(税込):5,400円

相続登記の実務と書式を1冊に収録! 

相続における承認・放棄の実務

相続における承認・放棄の実務

共編/雨宮則夫(公証人・元水戸家裁所長)、石田敏明(公証人・元札幌家裁所長)、近藤ルミ子(元東京家裁判事) 

■価格(税込):5,184円

Q&A成年被後見人死亡後の実務と書式

Q&A成年被後見人死亡後の実務と書式

編集/一般社団法人日本財産管理協会

■価格(税込):4,968円

成年被後見人が死亡した場合の対応がわかる!

事例でみるスタンダード相続手続

事例でみるスタンダード相続手続

編集/なにわ法律事務所相続事業部  代表/大西隆司(弁護士)

■価格(税込):4,644円

弁護士、税理士、司法書士、不動産鑑定士の連携により相続問題を解決!! 

Q&A遺産分割後のトラブル対応

Q&A遺産分割後のトラブル対応

編集/遺言・相続実務問題研究会 代表/藤井伸介(弁護士)

■価格(税込):5,184円

★遺産分割が終了した後に起こるトラブルを解決するために! 

特別縁故者をめぐる法律実務

特別縁故者をめぐる法律実務

共著/北岡秀晃(弁護士)、末永京子(弁護士)、高瀬朋子(弁護士)、大西隆司(弁護士)、小椋和彦(弁護士) 

■価格(税込):3,780円

特別縁故者を17の類型に分類し、そのポイントを分かりやすく解説!

ケースにみる宅地相続の実務

ケースにみる宅地相続の実務

編著/清田幸弘(税理士) 著/妹尾芳郎(公認会計士・税理士)、沖田豊明(不動産鑑定士・税理士)、清野宏之(税理士)、千唯史(税理士)、永瀬寿子(税理士) 

■価格(税込):4,752円

相続において重要な「宅地」に関わる実務の処理が多面的にわかる!

Q&A遺言執行トラブル対応の実務

Q&A遺言執行トラブル対応の実務

編集/遺言・相続実務問題研究会 代表/藤井伸介(弁護士)

■価格(税込):4,428円

遺言執行をめぐるトラブルを解決するために! 

事例にみる特別受益・寄与分・遺留分主張のポイント

事例にみる特別受益・寄与分・遺留分主張のポイント

編著/近藤ルミ子(弁護士・元東京家裁判事)、小島妙子(弁護士) 

■価格(税込):4,104円

争点を明確にし、有効な証拠を提出するために! 

遺留分減殺請求事件処理マニュアル

遺留分減殺請求事件処理マニュアル

共編/野々山哲郎(弁護士)、仲隆(弁護士)、浦岡由美子(弁護士) 

■価格(税込):2,700円

遺留分減殺請求事件を迅速・適切に処理するために!

問答式遺産相続の実務

問答式遺産相続の実務

編集/相続実務研究会 

■価格(税込):25,920円

相続関係実務書の決定版!! 

〔改訂版〕フローチャートで考える不動産の相続対策

〔改訂版〕フローチャートで考える不動産の相続対策

編集/塩見哲&ダンコンサルティング株式会社

■価格(税込):5,292円

不動産相続における戦略的対応の指針! 

事例にみる遺言の効力

事例にみる遺言の効力

編集/大阪弁護士会遺言・相続センター

■価格(税込):5,076円

遺言書の作成にかかわる専門家必携の書

判例にみる相続人と遺産の範囲

判例にみる相続人と遺産の範囲

編著/仲隆(弁護士)、浦岡由美子(弁護士)

■価格(税込):5,184円

相続人の範囲と遺産の範囲に関する紛争解決の指針に

実務マスター遺産相続事件

実務マスター遺産相続事件

編集/遺産相続実務研究会  代表/仲隆(弁護士)、浦岡由美子(弁護士)

■価格(税込):14,040円

事件処理に欠かせない情報を1冊に集約

誰にもわかる相続・贈与の法務と税務

誰にもわかる相続・贈与の法務と税務

編集/相続・贈与実務研究会 編集代表/服部優、鈴木千頌

■価格(税込):14,040円

このページの先頭へ

加除式(追録)をご購読のお客様

加除式購読者情報サービス

※ログインの際、加除式購読者お客様No.と弊社にご登録いただいているお電話番号が必要です。

会員に入会する

※弊社加除式書籍の追録をご購読のお客様のみご入会いただけます。

加除式購読者Web会員(無料)について

各種ダウンロード

※ダウンロードサービス対象書籍をご購入の方は、こちらから書式データをダウンロードすることができます。


お客様サポート・ガイド
セミナーのご案内
ご購入者特典無料セミナー 特設ページ
法的思考が身に付く 実務に役立つ 印紙税の考え方と実践
第7回(2017年度)「新日本法規財団 奨励賞」を募集します
法律の電子書籍販売サイト-eBOOK STORE
新日本法規オンライン
e-hoki 「法律の現在がわかる」
新日本法規の公式Facebookページです。
新日本法規の公式Twitterページです。
パートナーシップ業務提携企業
ウエストロー・ジャパン株式会社
ウエストロー・ジャパン株式会社
株式会社ロータス21
株式会社ロータス21
販売支援企業
日本電算企画株式会社
日本電算企画株式会社

加除式購読者のお客様へ

本書は加除式書籍です。
本書をご購入いただくには、今後、法令改正等に応じて、当社がその都度発行する「追録」(有料)を、あわせて購入いただく必要があります。

同意する 同意しない

ご不明な点はフリーダイヤル0120-089-339にお問い合わせください。

※加除式書籍の特徴とメリット

加除式書籍は、掲載法令・通達の改正や新しい事例の追加により、「台本」の該当ページを差し替えることにより、常に最新の内容でご利用いただくことができます。
この最新の内容に差し替えるページをまとめたものを「追録」といいます。
なお、追録の差し替え作業につきましては、弊社加除サービス要員による無料差し替えサービスを行っておりますので、お気軽にご用命ください。

Copyright(C) 2007. SHINNIPPON-HOKI PUBLISHING CO.,LTD.

会社情報

|

採用情報

|

ご利用規約

|

プライバシーポリシー

|

特定商取引法に基づく表示