新日本法規出版株式会社
HOME
企業メッセージ
ごあいさつ
会社概要
会社沿革
事業案内
採用情報
まめ知識

 加除式書籍とは

 編集用語集

採用のお問い合わせ
採用情報

編集用語集

加除式書籍

加除(さしかえ)式書籍は、通常の書籍とは異なり、ファイルやバインダーのような形で製本されております。法令の改正等により、書籍の内容に変更があった場合、その部分のみを差し替えれば"常に最新内容"に更新していくことができる形態の書籍です。

 編集用語集一覧へ戻る

追録

法令の制定、改正などにより、加除式書籍の内容に変更が生じたページのみを補正し、さしかえ用として編集したものが「追録」(有料)です。当社では、最新内容でどこよりも早く能率的に作成し、お客様にお届けしています。

 編集用語集一覧へ戻る

脱稿

編集作業が完了した原稿を印字工場に交付(発注)することをいいます。「脱稿」の本来の意味は「原稿を書き終えること」ですが、当社ではこのような意味で使用します。

 編集用語集一覧へ戻る

ゲラ

脱稿した原稿は、指示どおり工場で印字され、書籍の体裁にまとめ用紙に刷って(コピーして)会社に届きます。これを「ゲラ刷り」(通常「ゲラ」と呼ぶ)といいます。わかりやすく説明すれば試し刷りのようなものです。
初めて出るゲラを「初校ゲラ」といい、初校ゲラの誤りを修正して再び出るゲラを「再校ゲラ」といいます。ゲラは原則として初校、再校の2回の校正作業を経て間違いのない内容にしていきます。

 編集用語集一覧へ戻る

ゲラ校閲

原稿校閲を経て処理した原稿が、編集者等が指示したように組み上がっているか、また、内容的にも間違いがないかなどを確認してもらうためのものです。送付するゲラは、原則として再校ゲラを送付しますが、受領したゲラに訂正が多い場合は、再度修正し、再ゲラ校閲として送付します。

 編集用語集一覧へ戻る

校正

原稿と照らし合わせて、校正刷り(ゲラ刷り)の文字などの誤りを正すことです。

 編集用語集一覧へ戻る

要再校

校正(初校)が済んだゲラは、編集部に戻ってきて、もう一度レイアウトや内容等を確認して、再度印字工場に出します。この業務のことを「要再校」といっています。初校の段階では、まだまだ修正洩れが多くて、再度校正が必要という意味です。当社の造語です。

 編集用語集一覧へ戻る

原稿校閲

編集した原稿を、その書籍の編集者や監修先に送付して、その補正内容の適否や、新規登載原稿の可否等について問い合わせることをいいます。

 編集用語集一覧へ戻る

校了・責了

書籍は、印字・校正・印刷・製本の工程を経て完成します。初校・再校と校正し、内容を点検し、印刷できる状態にして工場に渡すことを「校了」といいます。「校了」はゲラに訂正(印字ミスの修正)が全くなく、そのまま印刷状態に入る状態をいいます。現状で印刷に入ることをいいます。しかし、実際にはゲラから印字ミスをなくすことは、何校も修正を重ねなければならず、作業上効率が悪いので、わずかな修正洩れが残っていてもこれは印字工場の責任において修正し、校了にすることを条件に渡すことが通常です。これを「責任校了」略して「責了」といいます。

 編集用語集一覧へ戻る

pagetop