新日本法規出版株式会社
HOME
企業メッセージ
ごあいさつ
会社概要
会社沿革
事業案内
採用情報
採用のお問い合わせ
採用情報

 先輩社員の声(バックナンバー)一覧へ戻る

先輩社員の声 / 本多 康子

本多 康子

本多 康子 [Yasuko Honda ]

H5年入社

編集局
法学部卒
1年目 校正部に配属 ゲラの校正業務に携わる。

2年目 編集局実務書編集部に配属 実務書のうち一番基本的な問答式書籍を主に担当する。

5年目 追録だけでなく、新刊書の編集作業にも携わる。

6年目 部内異動(1課から2課へ) 渉外業務のある書籍の担当になる。

8年目 実務書のなかでも編集業務の難しい書籍を担当するようになる。

一日の流れ

6時

・起床
・朝食
・出勤

8時

・会社着
・業務の準備
・編集作業

10時

・執筆者訪問
・受領した原稿・ゲラの整理等

12時

・昼食休憩
・編集作業

14時

16時

18時

・退社(もう少し早く帰る日もあれば、残業の日もあります。)
・帰宅

20時

・夕食
・テレビ読書等

22時

・入浴

24時

・就寝
■業務内容について教えて下さい。
追録を作成するため、法令等の改正に基づいて、担当書籍の訂正すべき箇所を探し訂正を加えたり、新設問を起こしたりして、下原稿を作成します。これを執筆者の先生にご校閲いただき(書籍によっては自分で直接持っていきますが、出版渉外局の担当が持っていくことが多いです。)、受領後は、脱稿・ゲラ処理などの作業をします。

新刊書については、出版企画局から引き継ぎ、脱稿・ゲラ処理などの作業をします。
■苦労した経験を教えて下さい。
担当している書籍の中に誤植などがあると、読者の方からご指摘をいただくことがあります。自分のミスでなくても編集担当者がお叱りをうけることになりますので、この時は辛い思いをします。少なくとも自分がミスを出すことのないよう、細心の注意を払って業務を進めています。
■この企業で働いてよかったと感じること・やりがいを教えて下さい。
自分の携わったものが出来上がって、本(又は追録)となったものを手にするときには達成感があり、読者の方から「買ってよかった」と言っていただくと嬉しいです。

また、校閲の際に、執筆者の先生から「よく気が付いている、検討してある」などのお褒めをいただくことがあるので、それが励みになり、さらに頑張ろうと思います。

編集では、各人に担当書籍があり、その書籍に責任を持つことになりますので、やりがいを感じます。
■学生へのメッセージ、アドバイスをどうぞ
編集職に必要な編集技術は、当然入社してから覚えます。法律の知識も、必要に応じて身に付いていきます。法学部出身でなくても、意欲があれば大丈夫です。

「忙しい、時間がなくてできないと言ってる人は、いつまで経ってもできない。時間は作るもの」のように言われます。しかし、時間をひねり出すにも限界があります。就職すると学生の頃より時間がなくなるのは確かです。今のうちに、時間がたくさんないとできないことを経験してください。
■最後に一言お願いします。
当社の編集局は、各自の担当書籍の作業を黙々と進めていることが多く、かなり静かな状態で、テレビなどで見る「出版社」のイメージとは違うと思います。

業務内容は男女で違いはなく、女性が補助的な仕事をするということはありません。初めの頃は上司・先輩の指示により作業をしますが、各人が担当として責任をもって仕事を進めます。
pagetop