新日本法規出版株式会社
HOME
企業メッセージ
ごあいさつ
会社概要
会社沿革
事業案内
採用情報
採用のお問い合わせ
採用情報

 先輩社員の声(バックナンバー)一覧へ戻る

先輩社員の声 / 高山 剛

高山 剛

高山 剛 [Tsuyoshi Takayama]

H7年入社

編集第一局
経営学部卒
1年目 校正部に配属 ゲラの校正業務に携わる

2年目 法令編集部に配属 法令書籍の編集業務に携わる

3年目 判例編集部に配属 判例書籍の編集業務に携わる

4〜6年目 登記関連書籍、区画整理関連書籍の編集業務に携わる

7年目 現在 判例編集部にて編集業務に従事

一日の流れ

6時

・朝食
・新聞を読む

8時

・出社
・朝礼
・原稿受領のため執筆者事務所へ

10時

・帰社
・原稿内容の調査・確認

12時

・昼食
・資料室で調査・取材

14時

・e-hoki法令ヘッドライン作成

16時

・編集会議に必要な資料や会議室の準備

18時

・編集会議・会食

20時

・退社
・帰宅
・入浴

22時

・夕食
・読書
・夕刊を読む

24時

■業務内容について教えて下さい。
判例書籍である「新判例体系 公法」や「判例民事執行」、「図解 不動産担保紛争事件便覧」、手続書籍として「刑事訴訟実務書式要覧」、実務書籍として「土地区画整理の法律実務」を担当し、それぞれの追録編集業務を主として行っています。

「土地区画整理の法律実務」では、編集会議から執筆者との調整、原稿・ゲラの受渡し、原稿料の支払いまで、一連の業務を自分で行うため、執筆者とコミュニケーションを高いレベルに維持する必要があります。
■苦労した経験を教えて下さい。
「図解 不動産担保紛争事例便覧」は、入社5年目に台本創刊から担当したのですが、この本は1事例にひとつチャート図があり、10数人の先生が書かれる多様な図を、一定のルールの下に250事例余のほとんどを描き直さなければなりませんでした。夜遅くまで残ってもやり切れず、自宅に持ち帰り、結局朝方までかかって処理し、2〜3時間眠ってまた出勤という日が続きました。その時はとても辛かったのですが、発行後に実物を手にしたときは、その辛さもどこかへ飛んでいってしまって、とても嬉しかったことを覚えています。
■この企業で働いてよかったと感じること・やりがいを教えて下さい。
購読してくださっている顔の見えない読者から、担当書籍について電話を頂戴し、その書籍内容やこちらの対応に対してのお褒めの言葉を聞いたときは、本当にうれしいですね。その書籍や追録が苦労して作ったものであるときは、なおさらそう感じます
■学生へのメッセージ、アドバイスをどうぞ
学生のみなさんは、就職に際してさまざまな条件を考慮に入れられているものと思います。企業規模然り、給料条件もまた然りです。では、そういう条件を熟考して入社したはずの若者たちの転職率・離職率が高いのはなぜでしょう。

確かに、それらの条件は働いていく上で重要なファクターになります。しかし、私は彼らが本当に「やりたい」職種を選んで就職したのではないように思えてならないのです。「自分が一番やりたいことは何なのか」このことを抜きにして、どんな優良企業に入っても働く喜びは感じられないでしょう。

まず、やりたいことを自分に問いかけて見つけてください。やりたいことを仕事として生活していくことができるなら、これに勝る幸せはないのですから。
pagetop