新日本法規出版株式会社
HOME
企業メッセージ
ごあいさつ
会社概要
会社沿革
事業案内
採用情報
採用のお問い合わせ
採用情報

 先輩社員の声(バックナンバー)一覧へ戻る

先輩社員の声 / 山本 元

山本 元

山本 元 [Gen Yamamoto]

H5年入社

出版渉外局
商学部卒
1年目 校正部に配属 書籍の生産業務(校正・編集)に携わる。

2年目 出版企画局に配属 「セレクト式文書作成マニュアル」等、新刊書の企画推進に関与する。

3年目 データベース推進本部に配属 看板書籍「現行実務六法」その他法令書籍の追録編集を担当。

5年目 編集局手続書編集部に配属 新刊書及びQ&A方式の実務書を主に担当。

6年目 出版渉外局に配属 編集渉外部にて主として追録の進行業務に従事、9年目に同局企画情報部へ異動。現在に至る。現在は、新刊書の企画立案および企画推進などを担当する。

一日の流れ

6時

・起床
・朝食
・出勤
・会社着
・新聞に目を通す

8時

・一日の予定をチェック
・始業
・新聞記事の整理

10時

・新刊企画の市場調査のため、弁護士から意見を聴取

12時

・昼食
・休憩
・新刊企画の 提案をいただいた弁護士と打ち合わせ

14時

・受領した原稿につき修正を依頼

16時

・受領した原稿の整理・検討

18時

・帰宅
・夕食

20時

・入浴
・読書

22時

・就寝

24時

■業務内容について教えて下さい。
新法や改正法の情報を整理し、これに基づき所管の中央官庁の職員や、裁判官・弁護士・税理士などの「法律のプロ」が持つ高度な知識・アイディアを引き出し、本の形にする出版企画の立案が、現在の主な仕事です。

また、法令関連書籍の原稿を、霞ヶ関の所管省庁で確認してもらうこと(これを原稿校閲と呼んでいます)や、裁判官や弁護士・税理士等に原稿の執筆をお願いすること、さらに書き手の都合も踏まえ、予定を調整するなど、書籍発行についての進行作業をリードすることも私共の部署の重要な仕事です。

当社は、55年にわたり諸先輩が築いてきた、強力な人脈をもっています。この中には、この仕事をしていない限り、知り合いになることさえできないであろう権威もいらっしゃいます。

業務については、これらの方々との間にレールが敷かれているようなことが少なからずありますから、そのルールを積極的に覚えていくことで、どんどん仕事の幅が広がります。反面、現状で満足していると、機械的で主体性のない仕事になってしまう危険性があります。
■苦労した経験を教えて下さい。
当社は、主に法令書籍を取り扱う出版社です。法令は絶えず改正されているため、これを扱う書籍は早期に発行しなければなりません。

ところが、私共が依頼を行おうとする先生方は、原稿の執筆を本業としているわけではありませんから、必ずしもこちらの都合通りの日程で執筆していただくというわけにはいきません。多忙な先生ほど専門分野に精通していて、良い原稿を書けるというジレンマもあります。

このようなときに、早期発行を期待する読者と、優秀で多忙な執筆者との間で、私のように優秀でない担当者は板挟みにあうことになります。

また、官庁の場合、その善し悪しはともかくとして、官僚の間だけで通用する厳然としたルールをもっています。民間企業である私共が折衝するに当たっては、そのルールを踏まえ、どこまで譲歩を引き出せるかが大切なポイントですが、一朝一夕に体得できるものではありません。
■この企業で働いてよかったと感じること・やりがいを教えて下さい。
私共の部署の仕事は、この仕事をしていなければまず知り合うことのない著名な先生と書籍を通じて知り合うことができたり、中央官庁における業務の流れ等が把握でき、非常にやりがいを感じます。

法律のプロと協力して、一つのものを作り上げていく充実感や、完成したときの達成感は、格別です。

また、完成した書籍が、多くの方の手に取っていただいた結果、賛辞をいただいたり、内容についての質問をいただいたりするときは、著者と喜びを分かち合える嬉しい瞬間です。
■学生へのメッセージ、アドバイスをどうぞ
就職活動にあたっては、まず「自分は何がしたいのか、自分が興味を持ち、積極的に取り組める仕事は何なのか」をよく考えることが大切です。それがわかるまでは幅広く各業界を見て、じっくりと調べ、徐々に絞り込んでいくというプロセスをたどることが理想です。そのためには就職活動を早めにはじめ、十分な期間をとれるようにしておくことが必要でしょう。

会社について知るには、就職情報誌などを読めば概要はわかりますが、社風、雰囲気などはまずわからないでしょうから、時間が許せば、学校の先輩などその会社の社員に会って話を聞いてみるのが理想的です。 自己分析ができ、情報収集ができ、積極的に行動できる人が希望の仕事を見つけることができるのではないでしょうか。
■自由にご記入下さい。(例:社内の雰囲気・キャリアプラン・社内での人間関係など)
当社は、仕事を通じて社会全体の流れによる最新の情報・知識を得ることが多い会社だと思います。幅広い活動範囲の中で多くの専門家との接触があり、それぞれが持つ情報や業務内容などを目の当たりにできますし、仕事のことは言うまでもなく、仕事以外にも自分自身にとって非常に役に立つ知識を身につけることができます。もちろん、専門家相手の仕事ですから、法律や税務・会計についての知識(先方の説明を理解できる程度)を得るべく、勉強する姿勢は必要ですが。

また、机上の世界だけでは顧客のニーズがつかめません。積極的に現場、ご購読先に出向いて市場調査をし、批判的な意見でさえも貴重なアドバイスと捉え、今後の企画や進行に役立てるといった前向きな考え方が必要と思います。
pagetop