新日本法規出版株式会社
HOME
企業メッセージ
ごあいさつ
会社概要
会社沿革
事業案内
採用情報
採用のお問い合わせ
採用情報

 先輩社員の声一覧へ戻る

先輩社員の声 / 十河 圭介

十河 圭介

十河 圭介 [Keisuke Sogou]

H14年入社

高松支社
業務課 経済学部卒
入社後、高松支社業務課に配属

3ヶ月後、諸先輩方の随行指導を経て業務課社員として独り立ち

1年後、平成14年度 年間業務報奨新人賞 受賞

1年9ヶ月後、高松支社直販課に異動(加除式書籍を中心に商品知識を身に付けたり、指導課長との随行でより実践的な指導を受け、営業活動に活かせる研修・養成をうける)

2年3ヶ月後、研修(3か月)・養成(3か月)期間を経て直販課社員として独り立ち

一日の流れ

6時

・起床
・朝食

8時

・1日の訪問先を確認
・ホテル出発
・1日で最初の訪問先、販売折衝を開始

10時

12時

・昼食及び午後からの訪問先を確認

14時

16時

18時

・宿泊先ホテル到着
・1日の行動を振り返る

20時

・夕食
・日報及び事務処理

22時

・次の日の訪問計画、アポイント先を考える
・入浴
・柔軟体操

24時

・就寝
■業務内容について教えて下さい。
直販と言われる部署ですので、直接お客様のところへ訪問し、加除式書籍を主体に単行本や開発商品(書籍以外の商品)などを販売していくことが私たちの仕事です。

既に当社の書籍を購読されているお客様への販売はもちろんですが、購読されていない方への販売で新規の顧客獲得に重きを置き、営業活動をしております。
■苦労した経験を教えて下さい。
営業活動においてお客様との呼吸の間や駆け引きをとることが難しく、上手くできたらいいなと思います。簡単に言えばお客様が何をどんなタイミングで欲しがっているのだろう、どういう順番で商品案内をすればいいのかといったことをお客様自身から聞き出したり、行動に起こさせたりすることが難しくもありますが、それが販売営業のおもしろさなのかもしれません。
■この企業で働いてよかったと感じること・やりがいを教えて下さい。
仕事ができる環境を提供していただけるだけでなく、自分がした仕事に対して評価してもらえることでやりがいを感じます。

また、職種柄さまざまな人に出会うことが多く、いろいろな情報や考え方を営業活動を通じ知ることができ、自己形成において大切な時間を持て、そしてそういったお客様に購入していただき法規的な側面だけではありますがお手伝いできる喜びを感じることができています。
■学生へのメッセージ、アドバイスをどうぞ
今やりたいことややらなければいけないことを考えて、無理せず頑張りすぎず自分の能力を高めながら頑張ってください。

また仕事を始められて初めに抱いた「何をしたいか」とか「どうなりたいか」といった新鮮な気持ちを忘れずに毎日を過ごしてもらいたいです。
■最後に一言お願いします。
私が就職・入社する前に感じていた新日本法規出版のイメージを言いますと、法律関係の出版社ということで法律の勉強をしなければいけないとか、販売する際に法律用語が飛び交うような場面を思い浮かべたりと法律を学んだことのない私には少し不安ではありましたが、実際に働くことでその不安はすぐになくなりました。

商品に対する知識は営業職にとって不可欠ですが、法律の内容を知ることは二の次であるように思います。ただ、営業職にとって大切なことは一人一人のお客様から得られる知識を聴く耳と、話せる口を持つことではないかと私がお客様から教えていただいたことの一つです。

社内においても人と人とのコミュニケーションですので、上司の方や諸先輩方から教えていただいたことを聴く耳とわからないことを話せる口を持つことが大切ですし、そういったコミュニケーションのとりやすい雰囲気の職場です。
pagetop