新日本法規株式会社
webショップ
ご利用案内
よくあるご質問
サイトマップ
お問い合わせ
 
加除式購読者Web会員ログイン
買い物カゴを見る
HOME 企業法務 民事 訴訟・登記 税務・会計 厚生・労働 建設・運輸 消防 環境 行政 教育・宗教 六法・判例・一般 書籍以外の商品
キーワード検索
対象

詳細検索

 カテゴリから探す

HOME > 商品詳細(図解建築消防設計マニュアル)

 サンプル[655KB]

 カタログ[2365KB]

図解建築消防設計マニュアル

編集/建築消防設計研究会

加除式 在庫有り オンライン版もあります。

■商品コード:

0559

■サイズ:

B5判

■巻数:

全2巻 ケース付

■ページ数:

1,796

■価格(税込):

12,420円

■送料:

940円

買い物カゴに入れる

建築物の防火安全対策のための法規制を
もれなく登載!

わかりやすい【表】と【図】で、消防設備設計時の法規チェックが容易にできる!

■消防法をはじめとする規制基準のポイントを【表形式】にまとめ、わかりやすく解説。消防設備設計時の法規制チェックに役立ちます。

■条文を読むだけでは理解しにくい規制内容について、具体的な【図】で説明。消防設備に関する法規制が容易に理解できます。



※※※ 本書はオンライン書籍も発売中です。 ※※※

紙面の体裁を保ったままデータベース化

〈検索効率が大幅に向上〉

〈関連情報へリンク〉

〈情報の自動アップデート〉


※オンライン版をご希望の場合は、以下のオンライン利用規約のリンクから利用規約をご確認の上、ダウンロードした「オンライン書籍申込書」にご記入いただき、お申し込みください。

オンライン利用規約

オンライン書籍申込書


第1章 はじめに

第2章 用語の定義・算定方法

第3章 仕様規定に基づく設置基準(ルートA)

第4章 必要とされる防火安全性能を有する消防の用に供する設備等(ルートB)

第5章 総務大臣認定による特殊消防用設備等(ルートC)

第6章 危険物規制

第7章 防火管理等

第8章 防炎規制

第8章の2 住宅防災

第8章の3 消防用設備等・特殊消防用設備等の設置の届出および点検

第9章 火災予防条例(例)

附録

第1章 はじめに


○消防法の体系

○消防の組織

○消防機関による予防活動等

○消防設備規制に関する性能規定化の導入

○措置命令に対する不服申立て

○消防同意

○消防設備規制の概要

○危険物規制の概要


第2章 用語の定義・算定方法


○防火対象物

○防火対象物の収容人員

○無窓階

○地階

○消防法令による延べ面積・床面積の算定

○消防法令による天井の高さの算定


第3章 仕様規定に基づく設置基準(ルートA)


第1 共通事項

○消防用設備等の種類

○消防用設備等の全部または一部を構成する消防用機械器具等

○消防用設備等の設置単位

○既存防火対象物の特例

○用途変更の場合の特例

○規格基準適合性

○防災センター等


第2 建物用途別設置維持基準

○劇場・映画館、公会堂・集会場

○キャバレー等、遊技場等、性風俗関連特殊営業店舗等、カラオケボックス等

○料理店、飲食店

○百貨店・店舗・展示場等

○旅館・ホテル等

○共同住宅・寄宿舎等

○病院・診療所等

○老人短期入所施設等、老人デイサービスセンター等

○幼稚園・特別支援学校

○小学校・中学校・高等学校・大学等

○図書館・博物館・美術館

○蒸気浴場・熱気浴場等

○一般の公衆浴場

○車両の停車場、船舶・航空機の発着場

○神社・寺院・教会等

○工場・作業場、スタジオ

○自動車車庫・駐車場、格納庫

○倉庫

○事務所等

○特定用途部分を含む複合用途防火対象物

○特定用途部分を含まない複合用途防火対象物

○地下街、準地下街、アーケード

○重要文化財建造物


第3 消防用設備別設置維持基準

(1) 消火器(消火器具)

○消火器具の概要

○消火器(消火器具)の設置基準

○消火器(消火器具)設置数の算出方法


(2) 屋内消火栓設備

○屋内消火栓設備の概要

○屋内消火栓設備の設置基準

○1号消火栓・易操作性1号消火栓の技術基準

○2号消火栓の技術基準

○広範囲型2号消火栓の技術基準

○天井設置型消火栓等にかかる設置基準

○屋内消火栓設備における配管の摩擦損失計数の計算基準

○屋内消火栓設備の屋内消火栓等の基準


(3) スプリンクラー設備

○スプリンクラー設備の概要

○スプリンクラー設備の設置基準

○スプリンクラーヘッドの種別と設置基準

○閉鎖型ヘッド等の基準

○開放型ヘッド等の基準

○放水型ヘッド等の基準

○スプリンクラー設備の水源・加圧送水装置・配管等の基準

○ラック式倉庫におけるスプリンクラーヘッドの設置基準

○補助散水栓の設置基準

○ドレンチャー設備の設置基準

○特定施設水道連結型スプリンクラー設備の技術基準


(4) 特殊な消火設備の選択

○電気設備、ボイラー等設置部分の消火設備の基準


(5) 水噴霧消火設備

○水噴霧消火設備の概要

○水噴霧消火設備の設置基準

○水噴霧消火設備の設置基準の細目


(6) 泡消火設備

○泡消火設備の概要

○泡消火設備の設置基準

○泡消火設備の設置基準の細目


(7) 不活性ガス消火設備

○不活性ガス消火設備の概要

○不活性ガス消火設備の設置基準

○全域放出方式の不活性ガス消火設備の設置基準

○局所放出方式の不活性ガス消火設備の設置基準

○移動式の不活性ガス消火設備の設置基準


(8) ハロゲン化物消火設備

○ハロゲン化物消火設備の概要

○ハロゲン化物消火設備の設置基準

○全域放出方式のハロゲン化物消火設備の技術基準

○局所放出方式のハロゲン化物消火設備の技術基準

○移動式のハロゲン化物消火設備の技術基準


(9) 粉末消火設備

○粉末消火設備の概要

○粉末消火設備の設置基準

○全域放出方式の粉末消火設備の技術基準

○局所放出方式の粉末消火設備の技術基準

○移動式の粉末消火設備の技術基準


(10) 屋外消火栓設備

○屋外消火栓設備の概要

○屋外消火栓設備の設置基準

○屋外消火栓設備の設置基準の細目


(11) 動力消防ポンプ設備

○動力消防ポンプ設備の概要

○動力消防ポンプ設備の設置基準

○動力消防ポンプ設備の設置基準の細目

○動力消防ポンプの基準


(11の2) 住宅用自動消火装置

○住宅用下方放出型自動消火装置の基準

○フード等用簡易自動消火装置の設置基準


(12) 自動火災報知設備

○自動火災報知設備の概要

○自動火災報知設備の設置基準

○感知器の技術基準

○煙感知器の設置基準

○炎感知器の設置基準

○感知器の種類

○感知器の選択基準

○警報機能付感知器、連動型警報機能付感知器の基準

○自動火災報知設備の設置基準の細目


(13) ガス漏れ火災警報設備

○ガス漏れ火災警報設備の概要

○ガス漏れ火災警報設備の設置基準

○検知器等の技術基準

○ガス漏れ火災警報設備の設置基準の細目


(14) 漏電火災警報器

○漏電火災警報器の概要

○漏電火災警報器の設置基準

○漏電火災警報器の技術基準の細目


(15) 消防機関へ通報する火災報知設備

○消防機関へ通報する火災報知設備の概要

○消防機関へ通報する火災報知設備の設置基準

○消防機関へ通報する火災報知設備の設置基準の細目


(16) 非常警報器具・非常警報設備

○非常警報器具・非常警報設備の概要

○非常警報器具・非常警報設備の設置基準

○非常警報器具・非常警報設備の設置基準の細目

○音響装置・起動装置の設置位置

○スピーカーの放送区域


(17) 避難器具

○避難器具の概要

○避難器具の設置基準

○避難はしご

○滑り台、滑り棒、避難ロープ

○避難用タラップ、避難橋

○救助袋

○緩降機

○避難ハッチ


(18) 誘導灯・誘導標識

○誘導灯・誘導標識の概要

○誘導灯・誘導標識の設置基準

○誘導灯・誘導標識の設置基準の細目

○避難口誘導灯の技術基準

○通路誘導灯の技術基準

○客席誘導灯の技術基準

○誘導標識の技術基準


(19) 消防用水

○消防用水の概要

○消防用水の設置および技術基準の細目


(20) 排煙設備

○排煙設備の概要

○排煙設備の設置基準

○排煙設備の設置基準の細目


(21) 連結散水設備

○連結散水設備の概要

○連結散水設備の設置基準

○連結散水設備の設置基準の細目


(22) 連結送水管

○連結送水管の概要

○連結送水管の設置基準

○連結送水管の設置基準の細目


(23) 非常コンセント設備

○非常コンセント設備の概要

○非常コンセント設備の設置基準および基準の細目


(24) 無線通信補助設備

○無線通信補助設備の概要

○無線通信補助設備の設置基準


(25) 非常電源設備

○非常電源設備の種類と選択

○非常電源専用受電設備の概要

○低圧専用受電設備の概要

○自家発電設備の概要

○蓄電池設備の概要

○燃料電池設備の概要


(26) 耐火・耐熱電線

○耐火・耐熱電線の概要


(27) 総合操作盤

○総合操作盤の設置義務

○総合操作盤の概要

○総合操作盤の設置基準


第4 特例基準

○防火対象物の道路の用に供される部分の特例

○危険工室

○消防法施行令32条の特例


第4章 必要とされる防火安全性能を有する消防の用に供する設備等(ルートB)


○必要とされる防火安全性能を有する消防の用に供する設備等


第1 客観的検証法の概要

○必要とされる防火安全性能を有する消防の用に供する設備等に関する基準


第2 火災の拡大を初期に抑制する性能

○火災の拡大を初期に抑制する性能

○火災早期感知性能

○初期消火性能

○初期拡大抑制性能評価


第3 火災時に安全に避難することを支援する性能

○火災時に安全に避難することを支援する性能

○火災の早期通報・警報性能

○避難誘導性能

○避難安全支援性能評価


第4 消防隊による活動を支援する性能

○消防隊による活動を支援する性能(消防活動支援性能)

○消防活動支援性能

○消防活動支援性能評価


第5 その他の防火安全性能を有するもの

○必要とされる防火安全性能を有する消防の用に供する設備等

○パッケージ型消火設備の設置および維持の基準

○パッケージ型消火設備の構造および性能の基準

○パッケージ型自動消火設備の設置および維持の基準

○パッケージ型自動消火設備の構造および性能の基準

○特定共同住宅等における必要とされる防火安全性能を有する消防の用に供する設備等

○特定共同住宅等の位置、構造および設備

○特定共同住宅等の構造類型

○特定共同住宅等の住戸等の床または壁ならびに当該住戸等の床または壁を貫通する配管等およびそれらの貫通部が一体として有すべき耐火性能

○共同住宅用スプリンクラー設備の設置および維持に関する技術上の基準

○共同住宅用自動火災報知設備の設置および維持に関する技術上の基準

○住戸用自動火災報知設備および共同住宅用非常警報設備の設置および維持に関する技術上の基準

○戸外表示器の基準

○特定小規模施設における必要とされる防火安全性能を有する消防の用に供する設備等

○特定小規模施設用自動火災報知設備の設置および維持に関する技術上の基準

○複合型居住施設における必要とされる防火安全性能を有する消防の用に供する設備および技術上の基準

○排煙設備に代えて用いることができる必要とされる防火安全性能を有する消防の用に供する設備等

○加圧防排煙設備の設置および維持に関する技術上の基準


第5章 総務大臣認定による特殊消防用設備等(ルートC)


○特殊消防用設備等

○特殊消防用設備等に係る性能評価

○大臣認定の手続


第6章 危険物規制


第1 危険物規制の概要

○危険物規制の仕組み

○危険物の種類

○危険物の貯蔵・取扱いの制限

○危険物施設


第2 主な危険物施設の基準

○製造所

○屋内貯蔵所

○屋外タンク貯蔵所

○屋内タンク貯蔵所

○地下タンク貯蔵所

○簡易タンク貯蔵所

○移動タンク貯蔵所

○屋外貯蔵所

○給油取扱所

○一般取扱所

○販売取扱所


第3 危険物施設に設置する消防設備等

○消火設備の種類と適応性

○製造所等に設置する消火設備

○製造所等に設置する警報設備・避難設備


第7章 防火管理等


第1 防火管理者制度

○防火管理者制度の概要

○共同住宅における防火管理

○防火管理に係る消防計画

○新築工事中の建築物等に係る防火管理

○共同防火管理


第2 防災管理者制度

○防災管理者制度の概要

○防災管理に係る消防計画

○共同防災管理


第3 防火対象物点検報告制度・防災管理点検報告制度

○防火対象物点検報告制度の概要

○防災管理点検報告制度の概要

○防火対象物の点検基準

○防災管理点検の点検基準

○防火対象物点検報告の特例認定制度

○防災管理点検報告の特例認定制度

○表 示

○防火対象物点検資格者等

○防災管理点検資格者等

○自主点検報告表示制度


第4 自衛消防組織

○自衛消防組織


第8章 防炎規制


○防炎規制の概要

○防炎性能

○防炎表示

○防炎製品


第8章の2 住宅防災


○住宅用防災機器

○住宅用防災機器の基準の特例


第8章の3 消防用設備等・特殊消防用設備等の設置の届出および点検


第1 消防用設備等・特殊消防用設備等の設置届出制度

○消防用設備等・特殊消防用設備等の設置の届出制度の概要

○消防用設備等・特殊消防用設備等の設置の届出の方法


第2 消防用設備等・特殊消防用設備等の点検制度

○消防用設備等・特殊消防用設備等の点検・報告制度の概要

○消防用設備等・特殊消防用設備等の点検・報告の細目

○消防用設備等の点検にかかる書類

○消防設備士・消防設備点検資格者の行う点検

○消防設備点検資格者


第9章 火災予防条例(例)


第1 火災予防条例(例)の概要

○火災予防条例(例)の概要


第2 火気使用設備の位置、構造および管理の基準

(1) 火を使用する設備およびその使用に際し、火災の発生のおそれのある設備の位置、構造および管理の基準

○対象火気設備等の種類

○対象火気設備等の位置・構造および管理に関する共通的な条例制定基準

○対象火気設備、器具等の離隔距離に関する基準

○炉の位置および構造の基準

○ふろがま・温風暖房機の位置および構造の基準

○厨房設備の位置および構造の基準

○ボイラーの位置および構造の基準

○ストーブ・壁付暖炉・乾燥設備の位置および構造の基準

○サウナ設備の位置および構造の基準

○簡易湯沸設備・給湯湯沸設備の位置、構造および管理の基準

○燃料電池発電設備の位置、構造および管理の基準

○堀ごたつおよびいろりの位置、構造および管理の基準

○ヒートポンプ冷暖房機の位置および構造の基準

○火花を生ずる設備の位置、構造および管理の基準

○放電加工機の位置、構造および管理の基準

○変電設備の位置、構造および管理の基準

○急速充電設備の位置、構造および管理の基準

○内燃機関を原動力とする発電設備の位置、構造および管理の基準

○蓄電池設備の位置、構造および管理の基準

○ネオン管灯設備の位置、構造および管理の基準

○舞台装置等の電気設備の位置および構造の基準

○避雷設備の位置および構造の基準

○水素ガスを充填する気球の位置、構造および管理の基準

○火を使用する設備に附属する煙突の位置、構造および管理の基準

○基準の特例


(2) 火を使用する設備およびその使用に際し、火災の発生のおそれのある器具の取扱いの基準

○対象火気器具等

○液体燃料を使用する器具の取扱基準

○固体燃料を使用する器具の取扱基準

○気体燃料を使用する器具の取扱基準

○電気を熱源とする器具の取扱基準

○使用に際し火災の発生のおそれのある器具の取扱基準


(3) 火の使用に関する制限等

○火の使用に関する制限等


第3 指定数量未満の危険物および指定可燃物の貯蔵および取扱いの技術上の基準等

(1) 指定数量未満の危険物の貯蔵および取扱いの技術上の基準等

○少量危険物の貯蔵・取扱いの技術上の基準


(2) 指定可燃物等の貯蔵および取扱いの技術上の基準等

○指定可燃物の貯蔵・取扱いの技術上の基準等


附録


○消防用設備等の点検の基準及び消防用設備等点検結果報告書に添付する点検票の様式を定める件


目次の先頭へ

関連書籍・商品

通知でわかる 消防用設備の設置免除・緩和措置

通知でわかる 消防用設備の設置免除・緩和措置

編集/消防設備設置基準研究会

■価格(税込):5,292円

【令32条特例】の適用要件がわかる!! 

消防危険物advice

消防危険物advice

編集/危険物規制・基準研究会 

■価格(税込):5,076円

複雑・難解な法規制がこの1冊でわかる! 

消防業務の法律相談〜予防編〜

消防業務の法律相談〜予防編〜

編集/消防予防業務研究会 代表/小林恭一(東京理科大学総合研究院教授) 

■価格(税込):5,555円

予防業務に伴って発生する法律問題を解説!!

用途別 消防設備設置基準

用途別 消防設備設置基準

編集/消防設備設置基準研究会

■価格(税込):3,780円

[用途区分][設置基準][緩和措置][付加基準]を一冊に集約!

消防業務の法律相談〜警防編〜

消防業務の法律相談〜警防編〜

編集/消防活動法務研究会 代表/野口英一(戸田中央医科グループ災害対策特別顧問、東京医科大学客員教授(救急・災害医学分野)、日本体育大学保健医療学部学事顧問、元東京消防庁救急部長)

■価格(税込):5,555円

消火、救助、特異災害等、災害活動に伴って発生する法律問題を解説!!

このページの先頭へ

加除式(追録)をご購読のお客様

加除式購読者情報サービス

※ログインの際、加除式購読者お客様No.と弊社にご登録いただいているお電話番号が必要です。

会員に入会する

※弊社加除式書籍の追録をご購読のお客様のみご入会いただけます。

加除式購読者Web会員(無料)について

各種ダウンロード

※ダウンロードサービス対象書籍をご購入の方は、こちらから書式データをダウンロードすることができます。


お客様サポート・ガイド
セミナーのご案内
ご購入者特典無料セミナー 特設ページ
法律の電子書籍販売サイト-eBOOK STORE
新日本法規オンライン
e-hoki 「法律の現在がわかる」
新日本法規の公式Facebookページです。
新日本法規の公式Twitterページです。
パートナーシップ業務提携企業
ウエストロー・ジャパン株式会社
ウエストロー・ジャパン株式会社
株式会社ロータス21
株式会社ロータス21
販売支援企業
日本電算企画株式会社
日本電算企画株式会社

加除式購読者のお客様へ

本書は加除式書籍です。
本書をご購入いただくには、今後、法令改正等に応じて、当社がその都度発行する「追録」(有料)を、あわせて購入いただく必要があります。

同意する 同意しない

ご不明な点はフリーダイヤル0120-089-339にお問い合わせください。

※加除式書籍の特徴とメリット

加除式書籍は、掲載法令・通達の改正や新しい事例の追加により、「台本」の該当ページを差し替えることにより、常に最新の内容でご利用いただくことができます。
この最新の内容に差し替えるページをまとめたものを「追録」といいます。
なお、追録の差し替え作業につきましては、弊社加除サービス要員による無料差し替えサービスを行っておりますので、お気軽にご用命ください。

Copyright(C) 2007. SHINNIPPON-HOKI PUBLISHING CO.,LTD.

会社情報

|

採用情報

|

ご利用規約

|

プライバシーポリシー

|

特定商取引法に基づく表示