新日本法規株式会社
webショップ
ご利用案内
よくあるご質問
サイトマップ
お問い合わせ
 
加除式購読者Web会員ログイン
買い物カゴを見る
HOME 企業法務 民事 訴訟・登記 税務・会計 厚生・労働 建設・運輸 消防 環境 行政 教育・宗教 六法・判例・一般 書籍以外の商品
キーワード検索
対象

詳細検索

 カテゴリから探す

HOME > 環境 > 商品詳細(Q&Aわかりやすい環境法規の手引)

 サンプル[5541KB]

 カタログ[2473KB]

Q&Aわかりやすい環境法規の手引

編集/一般財団法人 日本品質保証機構

加除式 在庫有り オンライン版もあります。

■商品コード:

0586

■サイズ:

B5

■巻数:

全2巻 ケ−ス付

■ページ数:

1,762

■価格(税込):

12,420円

■送料:

830円

買い物カゴに入れる

★複雑な法律をわかりやすく解説。環境担当者の必携書!

企業の遵守事項をピックアップ!
広範な環境規制の中から、企業が遵守すべき事項を取り上げ、【Q&A】形式でわかりやすく解説しています。

一目でわかる一覧表とフローチャート!
規制の適用対象となるか否かを判断できる【一覧表】【フローチャート】を登載しています。

信頼できる確かな内容!
ISO14001の審査登録機関である一般財団法人日本品質保証機構が編集しています。

※本書はオンライン書籍も発売中です。

紙面の体裁を保ったままデータベース化
◆検索効率が大幅に向上
◆関連情報へリンク
◆情報の自動アップデート

第1章 環境一般
 第1 環境基本法
 第2 環境アセスメント法
 第3 環境配慮促進法
第2章 地球環境
 第1 地球温暖化対策法
 第2 オゾン層保護法
 第3 特定有害廃棄物等輸出入規制法
 第4 省エネルギー法
 第4の2 建築物省エネ法
 第5 低炭素促進法
 第6 エコまち法
 第7 農山漁村再生可能エネルギー法
 第8 都市農業振興基本法
 第9 再生可能エネルギー法
第3章 循環型社会
 第1 循環型社会形成基本法
 第2 廃棄物処理法
  1 事業者の責務
  2 産業廃棄物の処理基準
  3 産業廃棄物の処理の委託
  4 産業廃棄物処理業
  5 産業廃棄物処理施設の設置
  6 廃棄物処理に係る各種規制
  7 廃棄物の不適切な処理
  8 災害廃棄物
 第2の2 水銀汚染防止法
 第3 資源有効利用促進法
 第4 容器包装リサイクル法
 第5 家電リサイクル法
 第5の2 小型家電リサイクル法
 第6 建設リサイクル法
 第7 食品リサイクル法
 第8 自動車リサイクル法
 第9 グリーン購入法
 第10 地域自然資産法
第4章 公害防止
 第1 特定工場公害防止組織整備法
第5章 大気汚染・悪臭
 第1 大気汚染防止法
 第2 自動車NOX・PM法
 第3 悪臭防止法
 第4 オフロード法
第6章 騒音・振動
 第1 騒音規制法
 第2 振動規制法
第7章 水質汚濁・地盤沈下
 第1 水質汚濁防止法
 第2 下水道法
 第3 浄化槽法
 第4 工業用水法
 第5 ビル用水法
 第6 水循環基本法
 第7 雨水利用法
 第8 湖沼水質保全特別措置法
 第9 琵琶湖保全再生法
 第10 瀬戸内海環境保全特別措置法
 第11 有明海・八代海再生特別措置法
第8章 土地利用・土壌汚染
 第1 工場立地法
 第2 大規模小売店舗立地法
 第3 土壌汚染対策法
第9章 化学物質
 第1 化審法
 第2 PRTR法
 第3 毒物劇物取締法
 第4 ダイオキシン類対策特別措置法
 第5 PCB廃棄物特別措置法
 第6 フロン排出抑制法
事項索引

第1章 環境一般

 第1 環境基本法

○環境基本法のあらましと事業者の責務は
○環境基準とは

 第2 環境アセスメント法

○環境アセスメント法のあらましと事業者の責務は
○環境アセスメントの対象となる事業は
○環境アセスメントの手続の流れは

 第3 環境配慮促進法

○環境配慮促進法のあらましと事業者の責務は
○環境報告書の作成を要する事業者は

第2章 地球環境

 第1 地球温暖化対策法

[フロー]特定排出者・連鎖化事業者
○地球温暖化対策法のあらましと事業者の責務は
○地球温暖化対策計画に基づいて事業者が行うべき事項は
○特定排出者が行わなければならない報告は
○特定排出者の権利利益の保護に係る請求は
○特定排出者が行うことができる情報提供は
○東京都の温室効果ガス排出総量削減義務とは
○J−クレジット制度とは

 第2 オゾン層保護法

[フロー]特定物質
○オゾン層保護法のあらましと事業者の責務は
○特定物質を製造するときの手続は
○特定物質の製造量に増減があるときの手続と留意事項は
○特定物質について破壊され又は原料に使用されたことの確認を受けるときの手続と留意事項は
○特定物質を製造して輸出するときの手続と留意事項は
○特定物質の輸出用製造数量の指定を変更するときの手続は
○特定物質を輸出・輸入するときの手続と留意事項は

 第3 特定有害廃棄物等輸出入規制法

[フロー]特定有害廃棄物等
○特定有害廃棄物等輸出入規制法のあらましと事業者の責務は
○特定有害廃棄物等の輸出入における事前相談とは
○特定有害廃棄物等を輸出するときの手続と留意事項は
○特定有害廃棄物等を輸入するときの手続と留意事項は
○輸入特定有害廃棄物等を処分するときの手続は

 第4 省エネルギー法

○省エネルギー法のあらましと事業者の責務は
○工場等を設置している者が行うべき事項は
○特定事業者が行うべき事項は
○特定連鎖化事業者に該当する者が行うべき事項は
○特定事業者のうち、第一種エネルギー管理指定工場等を設置している者が行うべき事項は
○特定事業者のうち、第二種エネルギー管理指定工場等を設置している者が行うべき事項は
○共同してエネルギーを使用している者がエネルギー使用量の管理を行うときは
○共同省エネルギー事業を実施したときの手続は
○貨物輸送事業者が行うべき事項は
○特定貨物輸送事業者が行うべき事項は
○荷主が行うべき事項は
○特定荷主が行うべき事項は
○旅客輸送事業者が行うべき事項は
○特定旅客輸送事業者が行うべき事項は
○航空輸送事業者が行うべき事項は
○特定航空輸送事業者が行うべき事項は
○エネルギー消費機器等の製造事業者等が行うべき事項は
○エネルギー消費機器等の小売事業者等が行うべき事項は
○電気冷蔵庫及び電気冷凍庫の製造・販売をするときに省エネルギーに関して行うべき事項は
○熱損失防止建築材料製造業者等が行うべき事項は
○電気事業者が行うべき事項は

 第4の2 建築物省エネ法

[フロー]建築物の適合性判定と届出
[フロー]複合建築物の新設と適合性判定のフロー
○建築物省エネ法のあらましと事業者の責務
○国等による基本方針は
○建築物の新築や増改築等をする事業者が行うべき事項は
○建築物エネルギー消費性能基準とは
○省エネ性能表示とは
○建築物の販売又は賃貸を行う事業者が行うべき事項は
○建築物エネルギー消費性能向上計画の認定を受けるときの手続は
○建築物のエネルギー消費性能に係る認定を受けるときの手続は
○特定建築物の建築を行う事業者が行うべき事項は
○建築物省エネルギー性能適合判定とは
○一定規模以上の建築物を改築・増築するときの届出は
○特殊な構造や設備を用いた建築物の国土交通大臣認定は
○一戸建ての住宅のエネルギー消費性能の一層の向上のために住宅事業建築主が行うべき事項は

 第5 低炭素促進法

○低炭素促進法のあらましと特定事業計画の認定を受けるには

 第6 エコまち法

[フロー]低炭素建築物
○エコまち法のあらましと事業者の責務は
○低炭素まちづくり計画とは
○集約都市開発事業とは
○鉄道利便増進実施計画とは
○軌道利便増進実施計画とは
○道路運送利便増進実施計画とは
○貨物運送共同化実施計画とは
○低炭素建築物の認定とは

 第7 農山漁村再生可能エネルギー法

[フロー]農山漁村における農林漁業の発展と再生可能エネルギー電気の発電
○農山漁村再生可能エネルギー法のあらましと事業者の責務は
○国による基本方針とは
○基本計画に関する協議会とは
○基本計画に関する国、都道府県による援助とは
○設備整備計画とは
○設備整備者の行うべき事項は
○農林地所有権移転等促進計画とは
○自然環境と地域住民への配慮事項は

 第8 都市農業振興基本法

○都市農業振興基本法のあらましと事業者の責務は

 第9 再生可能エネルギー法

[フロー]再生可能エネルギー電気の買取り
○再生可能エネルギー法のあらましと事業者の責務とは
○再生可能エネルギーの固定買取制度とは
○再生可能エネルギー発電設備を用いて発電した再生可能エネルギー電気を供給する事業を行うときの手続は
○一般送配電事業者等の電気事業者が行うべき事項は

第3章 循環型社会

 第1 循環型社会形成基本法

○循環型社会形成基本法のあらましと事業者の責務は

 第2 廃棄物処理法

[フロー]廃棄物、一般廃棄物、産業廃棄物、特別管理一般廃棄物、特別管理産業廃棄物
[フロー]産業廃棄物処理施設
[フロー]指定区域
[フロー]災害廃棄物対策(廃棄物処理法)
[フロー]災害廃棄物対策

  1 事業者の責務
○廃棄物処理法のあらましと事業者の責務は
○事業者が廃棄物を処理するときに守るべき事項は
○特別管理産業廃棄物を排出する事業者が行うべき事項は
○事業者が多量の産業廃棄物を排出したときに提出する処理計画とは

  2 産業廃棄物の処理基準
○事業場において産業廃棄物を一時的に保管するときの保管基準は
○事業場の外において産業廃棄物を保管するときの保管基準は
○事業者が産業廃棄物の運搬・処分をするときの処理基準は
○事業者が特別管理産業廃棄物の運搬・処分をするときの処理基準は
○感染性産業廃棄物の処理基準は
○建設廃棄物を処理するには
○建設工事に伴って発生する廃棄物の処理に関する特例とは
○特別管理産業廃棄物の廃水銀等とは
○廃水銀等の処分基準は
○水銀含有ばいじん等の処理は
○水銀使用製品産業廃棄物の処分基準は
○産業廃棄物を埋立処分するときの基準は
○産業廃棄物を海洋投入処分するときの基準は
○船内廃棄物を処理するには
○太陽光発電設備を処理するときは

  3 産業廃棄物の処理の委託
○産業廃棄物処理を委託するときに事業者が守るべき事項は
○産業廃棄物の処理を適正に行うことが困難になった場合の委託者への通知は
○産業廃棄物処理を再委託することはできないのか
○産業廃棄物管理票(マニフェスト)の取扱いは
○電子情報処理組織を使用して産業廃棄物管理票(マニフェスト)を交付するときの手続は

  4 産業廃棄物処理業
○産業廃棄物の収集運搬業を営むときの手続は
○産業廃棄物の処分業を営むときの手続は
○許可を受けた産業廃棄物の収集運搬業者及び処分業者が行うべき事項は

  5 産業廃棄物処理施設の設置
○事業者が産業廃棄物処理施設を設置するときの手続は
○産業廃棄物処理施設の使用前の検査申請は
○産業廃棄物処理施設の定期検査は
○産業廃棄物処理施設の維持管理に関して行うべき事項は
○産業廃棄物の焼却施設の維持管理に関する技術上の基準とは
○産業廃棄物処理責任者の選任と帳簿の取扱いは
○産業廃棄物処理施設設置後に都道府県知事への届出が必要なときは
○産業廃棄物処理施設の許可の取消しを受けるときは
○産業廃棄物最終処分場の維持管理に関する技術上の基準とは
○産業廃棄物処理施設が最終処分場であるときに事業者が行うべき事項は
○熱回収の機能を有する産業廃棄物処理施設の認定を受けるときの手続は
○廃棄物で発電を行うときの手続は
○産業廃棄物の再生利用について認定を受けるときの手続は
○廃棄物の広域的な処理の認定を受けるときの手続は
○産業廃棄物の無害化処理について認定を受けるときの手続は
○廃棄物の再生事業者として登録を受けるときの手続は
○産業廃棄物処理業者の優良性の評価を受けるときの手続は

  6 廃棄物処理に係る各種規制
○産業廃棄物を輸入するときの手続は
○産業廃棄物を輸出するときの手続は
○指定区域内の土地に建物を建てるときは
○指定有害廃棄物の取扱いは

  7 廃棄物の不適切な処理
○罰則が科せられる廃棄物の不法投棄とは
○産業廃棄物の不法処分に対する都道府県知事の措置は
○廃棄物処理法の両罰規定とは

  8 災害廃棄物
○市町村による一般廃棄物処理施設の設置の特例措置とは
○事業者による災害廃棄物の処理についての特例措置とは
○災害廃棄物対策の指針とは
○災害予防で行うべき事項は
○災害応急対応で行うべき事項は
○災害復旧、復興のために行うべき事項は
○大規模災害発生時における災害廃棄物対策の行動指針とは
○大規模災害発生時における地域間の行動と連携とは
○大規模災害発生時における国の役割とは

 第2の2 水銀汚染防止法

【概説】

 第3 資源有効利用促進法

[フロー]特定省資源事業者・特定再利用事業者・指定省資源化事業者、指定再利用促進事業者・指定表示事業者・指定再資源化事業者、指定副産物事業者
○資源有効利用促進法のあらましと事業者の責務は
○特定省資源事業者が行うべき事項は
○特定再利用事業者が行うべき事項は
○指定省資源化事業者が行うべき事項は
○指定再利用促進事業者が行うべき事項は
○指定表示事業者が行うべき事項は
○指定再資源化事業者が行うべき事項は
○指定再資源化事業者が使用済指定再資源化製品の自主回収・再資源化の認定を受けるときの手続は
○指定副産物事業者が行うべき事項は

 第4 容器包装リサイクル法

[フロー]特定容器・特定包装
[フロー]特別分別基準適合物
[フロー]再商品化のルート
○容器包装リサイクル法のあらましと事業者の責務は
○指定容器包装利用事業者が行うべき事項は
○容器包装多量利用事業者が行うべき事項は
○特定容器利用事業者が行う特定分別基準適合物の再商品化とは
○特定容器製造等事業者が行う特定分別基準適合物の再商品化とは
○特定包装利用事業者が行う特定分別基準適合物の再商品化とは
○特定事業者が特定分別基準適合物の再商品化の認定を受けるときの手続は
○特定事業者が自主回収の認定を受けるときの手続は
○特定事業者が備え置くべき帳簿とは

 第5 家電リサイクル法

[フロー]特定家庭用機器
○家電リサイクル法のあらましと事業者の責務は
○小売業者が行う特定家庭用機器の引取り・引渡しとは
○製造業者等が行う特定家庭用機器の引取り・再商品化等とは
○製造業者等が特定家庭用機器廃棄物の再商品化等の認定を受けるときの手続は
○製造業者等が備え置くべき帳簿とは
○特定家庭用機器廃棄物管理票に係る手続は

 第5の2 小型家電リサイクル法

[フロー]使用済小型電子機器等
[フロー]認定事業者・委託先
○小型家電リサイクル法のあらましと事業者の責務は
○再資源化事業計画の認定の申請手続は
○認定事業者に対する廃棄物処理法上の特例とは
○使用済小型電子機器等を再資源化する際の義務は
○小型家電認定事業者マークの使用は

 第6 建設リサイクル法

[フロー]対象建設工事
○建設リサイクル法のあらましと事業者の責務は
○対象建設工事を行うときの届出は
○対象建設工事受注者が行う分別解体等とは
○対象建設工事の請負契約を結ぶときの留意点は
○対象建設工事受注者が行う再資源化等とは
○解体工事業を営むときの登録申請は
○解体工事業者が行うべき事項は
○都道府県知事による報告徴収・立入検査を受ける事業者は

 第7 食品リサイクル法

○食品リサイクル法のあらましと事業者の責務は
○食品リサイクルの方法は
○食品関連事業者が行うべき事項は
○食品廃棄物等多量発生事業者が行うべき事項は
○食品廃棄物等の発生量及び食品循環資源の再生利用等実施率を測定するには
○再生利用事業者が登録を受けるときの手続は
○登録再生利用事業者が行うべき事項は
○食品関連事業者等が再生利用事業計画の認定を受けるときの手続は
○食品廃棄物の処理にあたって食品関連事業者及び廃棄物処理業者が行うべき事項は

 第8 自動車リサイクル法

[フロー]使用済自動車のリサイクルの流れ
○自動車リサイクル法のあらましと事業者の責務は
○引取業を営むときの登録申請は
○引取業者が行うべき事項は
○フロン類回収業を営むときの登録申請は
○フロン類回収業者が行うべき事項は
○解体業を営むときの許可申請は
○解体業者が行うべき事項は
○破砕業を営むときの許可申請は
○破砕業者が行うべき事項は
○自動車製造業者等が行うべき事項は
○自動車製造業者等が特定再資源化物品の再資源化の認定を受けるときの手続は
○自動車製造業者等が解体自動車の全部再資源化の委託について認定を受けるときの手続は

 第9 グリーン購入法

○グリーン購入法のあらましと行政・事業者の責務は
○環境物品等の判断基準への適合確認方法は

 第10 地域自然資産法

[フロー]地域自然資産区域
○地域自然資産法のあらましは
○入域料に関する事項等の基本方針とは
○自然環境トラスト活動等に関する事項の基本方針とは
○都道府県又は市町村による地域計画の作成と協議会の役割とは

第4章 公害防止

 第1 特定工場公害防止組織整備法

[フロー]特定工場
○特定工場公害防止組織整備法のあらましと特定事業者の責務は
○公害防止統括者の職務と選任手続は
○公害防止管理者の職務と選任手続は
○公害防止主任管理者の職務と選任手続は
○公害防止管理者の国家試験とは

第5章 大気汚染・悪臭

 第1 大気汚染防止法

[フロー]ばい煙発生施設
[フロー]揮発性有機化合物排出施設
[フロー]一般粉じん発生施設
[フロー]特定粉じん発生施設
[フロー]特定粉じん排出等作業
[フロー]指定物質排出施設
[フロー]微小粒子状物質
○大気汚染防止法のあらましと事業者の責務は
○ばい煙と排出基準の種類は
○いおう酸化物に係る一般排出基準は
○いおう酸化物に係る特別排出基準は
○ばいじんに係る排出基準は
○有害物質に係る排出基準は
○ばいじん及び有害物質に係る上乗せ排出基準は
○いおう酸化物に係る総量規制基準は
○燃料の使用に関する措置とは
○窒素酸化物に係る総量規制基準は
○指定物質抑制基準とは
○ばい煙発生施設を設置するときの手続と留意事項は
○ばい煙排出者が行うべき事項は
○ばい煙発生施設・特定施設で事故が発生したときの対応は
○揮発性有機化合物に係る排出基準は
○揮発性有機化合物排出施設を設置するときの手続と留意事項は
○揮発性有機化合物排出者が行うべき事項は
○一般粉じん発生施設を設置するときの手続と留意事項は
○特定粉じん発生施設を設置するときの手続と留意事項は
○特定粉じん排出者の行うべき事項は
○特定粉じん排出等作業を行うときの手続と留意事項は
○健康被害物質の大気への放出により人体を害したときの事業者の責任は
○微小粒子状物質による大気汚染に対する環境基準は
○微小粒子状物質による大気汚染の状況の常時監視は
○微小粒子状物質の成分測定は
○微小粒子状物質により大気が汚染されたときの注意喚起は

 第2 自動車NOX・PM法

[フロー]対策地域・重点対策地域・指定地区・周辺地域
[フロー]窒素酸化物排出自動車、粒子状物質排出自動車
○自動車NOX・PM法のあらましと事業者の責務は
○特定建物を新設するときの手続と留意事項は
○対象自動車を使用する事業者が行うべき事項は
○周辺地域内自動車を使用する事業者が行うべき事項は

 第3 悪臭防止法

○悪臭防止法のあらましと事業者の責務は
○悪臭の規制基準は
○規制地域内の事業場で事故が発生したときの対応は
○市町村長による改善勧告や立入検査等への対応は

 第4 オフロード法

[フロー]特定特殊自動車・特定原動機
○オフロード法のあらましと事業者の責務
○特定原動機及び特定特殊自動車を製造するときの手続と留意事項は
○特定特殊自動車を使用する事業者が行うべき事項は

第6章 騒音・振動

 第1 騒音規制法

[フロー]特定工場等
[フロー]特定建設作業
○騒音規制法のあらましと事業者が守るべき事項は
○騒音規制法で定められている規制基準とは
○騒音ラベリング制度の導入は
○特定施設を設置するときの届出は
○特定建設作業を実施するときの届出は
○市町村長による報告徴収・立入検査と改善勧告・改善命令とは

 第2 振動規制法

[フロー]特定工場等
[フロー]特定建設作業
○振動規制法のあらましと事業者が守るべき事項は
○振動規制法で定められている規制基準とは
○特定施設を設置するときの届出は
○特定建設作業を実施するときの届出は
○市町村長による報告徴収・立入検査と改善勧告・改善命令とは

第7章 水質汚濁・地盤沈下

 第1 水質汚濁防止法

[フロー]特定事業場
[フロー]指定地域内事業場
[フロー]指定事業場
[フロー]有害物質使用特定事業場等
○水質汚濁防止法のあらましと事業者が守るべき事項は
○排出水の排水基準とは
○排出水の排出制限とは
○指定地域内事業場の総量規制基準とは
○特定地下浸透水の浸透制限とは
○有害物質使用特定施設等に係る構造基準等とは
○排出水・特定地下浸透水の汚染状態の測定は
○指定地域内事業場における汚濁負荷量の測定は
○特定施設を設置するときの届出は
○特定施設の破損等の事故が発生したときの対応は
○有害物質の地下浸透があったときの対応は
○有害物質の排出・地下浸透により人体を害したときの事業者の責任は
○環境大臣・都道府県知事による報告徴収や立入検査は
○水質汚濁防止法の適用が除外される事業場とは

 第2 下水道法

[フロー]特定事業場
○下水道法のあらましと事業者が守るべき事項は
○公共下水道を使用するときの届出は
○除害施設等を設置しなければならない事業場は
○下水の排除基準とは
○特定施設を設置するときの届出は
○公共下水道に有害物質を含む下水が流入する事故が発生したときの対応は
○下水の水質の測定は
○事業者が支払うべき負担金とは
○条例により公共下水道管理者の許可が必要な行為とは
○条例により都市下水路管理者の許可が必要な行為とは
○都市下水路に接続する排水施設の構造基準は
○公共下水道管理者等による報告徴収や立入検査等は

 第3 浄化槽法

○浄化槽法のあらましと浄化槽設置者が守るべき事項は
○浄化槽を設置するときと使用するときに守るべき事項は
○浄化槽を設置するときの手続は
○浄化槽設置後の水質検査とは
○浄化槽の保守点検の方法は
○浄化槽の清掃の方法は
○浄化槽に置くべき技術管理者とは
○浄化槽を廃止するときの届出は

 第4 工業用水法

○工業用水法のあらましと事業者が守るべき事項は
○工業用水として地下水を採取するときの許可申請は
○工業用水として地下水を採取している地域が指定地域となったときは
○地下水採取の許可を受けた後に使用者が行う届出は
○使用者が都道府県知事から受ける措置は
○都道府県知事による報告徴収や立入検査は

 第5 ビル用水法

○ビル用水法のあらましと事業者が守るべき事項は
○建築物用地下水を採取するときの許可申請は
○指定地域における経過措置とは
○建築物用地下水採取の許可を受けた後に採取者が行う届出は
○都道府県知事による監督処分等は
○都道府県知事による報告徴収や立入検査は

 第6 水循環基本法

○水循環基本法のあらましと事業者の責務は

 第7 雨水利用法

○雨水利用法のあらましと事業者の責務は

 第8 湖沼水質保全特別措置法

[フロー]湖沼水質保全特別措置法の体系
[フロー]湖沼特定事業場
○湖沼水質保全特別措置法のあらましと事業者が守るべき事項は
○みなし指定地域特定施設とは
○指定施設とは
○流出水対策とは
○湖辺環境等の保護対策とは

 第9 琵琶湖保全再生法

○琵琶湖保全再生法とは

 第10 瀬戸内海環境保全特別措置法

○瀬戸内海環境保全特別措置法のあらましは
○特定施設の設置等の許可制度とは
○瀬戸内海における指定物質の削減とは

 第11 有明海・八代海再生特別措置法

○有明海・八代海再生特別措置法のあらましは

第8章 土地利用・土壌汚染

 第1 工場立地法

○工場立地法のあらましと事業者の責務は
○工場立地に関する生産施設・緑地・環境施設の面積等の準則は
○特定工場を設置するときの届出は

 第2 大規模小売店舗立地法

○大規模小売店舗立地法のあらましと事業者の責務は
○大規模小売店舗を設置するときの届出は
○大規模小売店舗設置の届出をした後に行う説明会とは
○大規模小売店舗の変更等の届出は
○中心市街地活性化法による手続の特例は

 第3 土壌汚染対策法

○土壌汚染対策法のあらましは
○使用されなくなった有害物質使用特定施設に係る工場や事業場の敷地であった土地の調査は
○土壌汚染のおそれのある土地の形質の変更が行われる場合の調査
○土壌汚染による健康被害が生じるおそれのある土地の調査は
○要措置区域内における土地の形質の変更を行う場合の手続は
○要措置区域に係る健康被害の防止措置は
○形質変更時要届出区域の指定の申請は
○形質変更時要届出区域内における土地の形質を変更するときの届出は
○汚染土壌の運搬時の届出は
○汚染土壌処理業の許可の申請の手続は
○許可を受けた汚染土壌処理業者が行うべき届出は
○汚染土壌処理業者が汚染土壌を運搬・処理するときの基準は
○土壌汚染に関するリスクコミュニケーションガイドラインとは

第9章 化学物質

 第1 化審法

[フロー]新規化学物質・一般化学物質・第一種特定化学物質・第二種特定化学物質・監視化学物質・優先評価化学物質
○化審法のあらましと事業者の責務は
○新規化学物質を製造・輸入するときの手続と留意事項は
○新規化学物質の製造・輸入の届出を要しないことの確認を受けるときの手続と留意事項は
○少量新規化学物質の確認を受けるときの手続と留意事項は
○高分子化合物(低懸念ポリマー)の確認を受けるときの手続と留意事項は
○新規化学物質の製造予定数量が少量であるときの手続と留意事項は
○外国で新規化学物質を製造するとき又は新規化学物質を輸出するときの手続は
○一般化学物質を製造するときの手続と留意事項は
○一般化学物質の製造過程において副次的に生成する一般化合物の手続と留意事項は
○優先評価化学物質を製造するときの手続と留意事項は
○監視化学物質を製造・輸入したときの手続と留意事項は
○第一種特定化学物質を製造するときの手続と留意事項は
○第一種特定化学物質を輸入するときの手続と留意事項は
○第一種特定化学物質を使用するときの手続と留意事項は
○第一種特定化学物質であるPFOS又はその塩を半導体用レジストの製造に用いるときの技術上の基準とは
○第一種特定化学物質であるPCBが不純物として含まれている化学物質を原料として用いて有機高分子化合物を新たに製造する場合の手続と留意事項は
○第二種特定化学物質を製造・輸入するときの手続と留意事項は
○トリクロロエチレンを洗浄剤とする場合に遵守しなければならない技術上の指針とは
○トリクロロエチレンを譲渡する場合、容器等に表示しなければならない事項とは
○報告対象物質を製造・輸入したときの報告は

 第2 PRTR法

[フロー]第一種指定化学物質
[フロー]第一種指定化学物質等取扱事業者
[フロー]第二種指定化学物質
[フロー]指定化学物質等取扱事業者
○PRTR法のあらましと事業者の責務は
○第一種指定化学物質の排出量・移動量の把握は
○第一種指定化学物質の排出量・移動量の届出は
○第一種指定化学物質に関する届出を分類名で行うときの手続は
○指定化学物質についての情報の提供は

 第3 毒物劇物取締法

○毒物劇物取締法のあらましと事業者の禁止事項は
○毒物・劇物の製造業・輸入業の登録を受けるときの手続は
○毒物・劇物の販売業の登録を受けるときの手続と制限事項は
○毒物劇物取扱責任者の設置は
○登録を受けていない毒物・劇物を製造・輸入するときの手続は
○毒物・劇物の取扱い・表示の留意事項や事故発生時の対応等は
○毒物・劇物を譲渡するときの手続と留意事項は
○毒物・劇物の廃棄の方法は
○毒物・劇物の運搬を委託するときの手続は
○毒物・劇物についての情報の提供は
○業務上シアン化ナトリウム等を取り扱うときの手続は

 第4 ダイオキシン類対策特別措置法

[フロー]特定施設
○ダイオキシン類対策特別措置法のあらましと事業者の責務は
○ダイオキシン類に係る規制基準は
○特定施設を設置するときの届出は
○特定施設設置後の届出事項は
○特定施設の故障等の事故が発生したときの対応は
○廃棄物の焼却や処分に関して行うべき事項は
○大気基準適用施設・水質基準適用事業場の設置者が行うダイオキシン類による汚染状況の測定は
○環境大臣・都道府県知事による報告徴収や立入検査は

 第5 PCB廃棄物特別措置法

[フロー]PCB廃棄物
[フロー]高濃度PCB廃棄物
[フロー]高濃度PCB廃棄物等の処分の流れ
○PCB廃棄物特別措置法のあらましと事業者等の責務は
○ポリ塩化ビフェニル廃棄物処理基本計画に基づいて事業者が行うべき事項は
○高濃度ポリ塩化ビフェニル廃棄物・高濃度ポリ塩化ビフェニル使用製品の基準は
○PCB廃棄物を保管・処分するときの届出と保管・処分の方法は
○PCB廃棄物の処分期限は
○PCB廃棄物を譲り渡したり、譲り受けるときの制限は
○事業者に相続等があったときは
○環境大臣・都道府県知事による報告徴収や立入検査は

 第6 フロン排出抑制法

[フロー]フロン類
[フロー]指定製品の製造業者等
[フロー]第一種特定製品の管理者
[フロー]第一種特定製品整備者
[フロー]特定解体工事元請業者
○フロン排出抑制法のあらましと事業者の責務は
○フロン類の製造業者等が行うべき事項は
○指定製品の製造業者等が行うべき事項は
○第一種特定製品の管理者が行うべき事項は
○フロン類の算定漏えい量の測定と報告は
○第一種特定製品廃棄等実施者が行うべき事項は
○第一種フロン類充〓回収業を営むときの登録申請は
○第一種フロン類充〓回収業者が行うべき事項は
○第一種特定製品整備者が行うべき事項は
○第一種フロン類引渡受託者が行うべき事項は
○特定解体工事の発注者が行うべき事項は
○フロン類再生業を営むときの許可申請は
○フロン類再生業者が行うべき事項は
○フロン類破壊業を営むときの許可申請は
○フロン類破壊業者が行うべき事項は
○第二種特定製品搭載自動車を整備する際のフロン類の回収・運搬基準は

事項索引
○事項索引

目次の先頭へ

関連書籍・商品

環境ISO対応法令チェック集

環境ISO対応法令チェック集

編集/環境ISO法令研究会 代表/榎本喬一郎、内藤正巳

■価格(税込):15,555円

環境規制・基準チェックの手引

環境規制・基準チェックの手引

編集/環境規制基準研究会 代表/清水益文((一社)中部産業連盟理事ISO事業部長)

■価格(税込):11,340円

環境マネジメントモデル規程・文例集

環境マネジメントモデル規程・文例集

編集/環境管理文書研究会 代表/清水益文(一般社団法人中部産業連盟理事)

■価格(税込):10,800円

このページの先頭へ

加除式(追録)をご購読のお客様

加除式購読者情報サービス

※ログインの際、加除式購読者お客様No.と弊社にご登録いただいているお電話番号が必要です。

会員に入会する

※弊社加除式書籍の追録をご購読のお客様のみご入会いただけます。

加除式購読者Web会員(無料)について

各種ダウンロード

※ダウンロードサービス対象書籍をご購入の方は、こちらから書式データをダウンロードすることができます。


お客様サポート・ガイド
セミナーのご案内
ご購入者特典無料セミナー 特設ページ
法律の電子書籍販売サイト-eBOOK STORE
新日本法規オンライン
e-hoki 「法律の現在がわかる」
新日本法規の公式Facebookページです。
新日本法規の公式Twitterページです。
パートナーシップ業務提携企業
ウエストロー・ジャパン株式会社
ウエストロー・ジャパン株式会社
株式会社ロータス21
株式会社ロータス21
販売支援企業
日本電算企画株式会社
日本電算企画株式会社

加除式購読者のお客様へ

本書は加除式書籍です。
本書をご購入いただくには、今後、法令改正等に応じて、当社がその都度発行する「追録」(有料)を、あわせて購入いただく必要があります。

同意する 同意しない

ご不明な点はフリーダイヤル0120-089-339にお問い合わせください。

※加除式書籍の特徴とメリット

加除式書籍は、掲載法令・通達の改正や新しい事例の追加により、「台本」の該当ページを差し替えることにより、常に最新の内容でご利用いただくことができます。
この最新の内容に差し替えるページをまとめたものを「追録」といいます。
なお、追録の差し替え作業につきましては、弊社加除サービス要員による無料差し替えサービスを行っておりますので、お気軽にご用命ください。

Copyright(C) 2007. SHINNIPPON-HOKI PUBLISHING CO.,LTD.

会社情報

|

採用情報

|

ご利用規約

|

プライバシーポリシー

|

特定商取引法に基づく表示