新日本法規株式会社
webショップ
ご利用案内
よくあるご質問
サイトマップ
お問い合わせ
 
加除式購読者Web会員ログイン
買い物カゴを見る
HOME 企業法務 民事 訴訟・登記 税務・会計 厚生・労働 建設・運輸 消防 環境 行政 教育・宗教 六法・判例・一般 書籍以外の商品
キーワード検索
対象

詳細検索

 カテゴリから探す

HOME > 民事 > 商品詳細(ケース別 相続紛争 事案処理の実務)

 サンプル[1845KB]

 カタログ[2290KB]

ケース別 相続紛争 事案処理の実務

編集/相続紛争処理実務研究会
代表/高橋恭司(弁護士)

加除式 在庫有り

■商品コード:

0645

■サイズ:

B5

■全1巻:

ケース付

■ページ数:

700

■価格(税込):

10,260円

■送料:

610円

買い物カゴに入れる

多様な争点が錯綜する

相続問題解決の突破口に!!

相続紛争の解決に必要な処理について、前提知識だけでなく、処理方針を決定する際の考え方を、「設例」形式で解説しています。

具体的な事案を当事者関係図とともに掲げ、実務解説で対応方法をわかりやすく解説しています。その上で、類似案件にも対応できるよう、CASEで関係判例を、 PLUS POINTで税務等の関連知識も適宜解説しています。

相続事件を専門に取り扱っている弁護士が、自身の豊富な体験を踏まえて解説しています。

第1章 相続人をめぐる紛争

1 親子関係の有無・内縁配偶者の権利をめぐる紛争
◇概説
○被相続人の養子縁組の有効性に疑いがある場合の調査方法
○養子縁組届の偽造が問題となる訴訟の争点
○被相続人の判断能力が問題となる養子縁組無効確認訴訟の争点
○養子縁組の実質的意思が問題となる場合の争点
○実親子関係の不存在が問題となる訴訟の争点
○内縁の妻の権利が問題となる場合

2 相続人の欠格・推定相続人の廃除をめぐる紛争
◇概説
○遺言を隠匿している疑いのある相続人がいるときの手続の進め方が問題となる場合
○遺言の「隠匿」行為の主観的態様が問題となる場合
○遺言を長年隠匿した者が、遺留分減殺請求権の消滅時効を援用できるかが問題となる場合
○「虐待若しくは重大な侮辱」による推定相続人の廃除が問題となる場合
○「その他の著しい非行」に該当するかが問題となる場合

3 相続人が不存在・不在である場合
◇概説
○相続財産管理人の申立てを検討すべき場合
○相続財産管理人選任後に問題が生じた場合
○相続人の1人の居所が不明である場合の遺産分割の進め方

4 相続の承認、放棄、限定承認をめぐる紛争
◇概説
○法定単純承認該当事由の有無が問題となる場合
○熟慮期間経過後の申述の有効性が問題となる場合
○被後見人の共同相続人である後見人による相続放棄の効力が問題となる場合
○登記未了の相続放棄の効力が問題となる場合
○限定承認の申立てを検討すべき場合
○相続分を譲渡及び放棄した場合

5 特別縁故者をめぐる紛争
◇概説
○「被相続人と生計を同じくしていた者」に該当するか否かが問題となる場合
○「被相続人の療養看護に努めた者」に該当するか否かが問題となる場合
○「その他被相続人と特別の縁故にあった者」に該当するか否かが問題となる場合
○相当性を欠くか否かが問題となる事例
○相続放棄をした者が特別縁故者として認められるか否かが問題となる場合


第2章 遺産の範囲をめぐる紛争

1 遺産分割における預貯金・現金の取扱い
◇概説
○遺産が預貯金に限られるケースで超過特別受益者がいる場合

2 遺産分割における不動産利用権の取扱い
◇概説
○遺産分割における不動産利用権(土地賃借権、建物賃借権、使用貸借権)
の取扱いが問題となる場合

3 遺産分割における社員権の取扱い
◇概説
○遺産分割における社員権の取扱いが問題となる場合

4 遺産分割における投資信託の取扱い
◇概説
○遺産分割における投資信託の取扱いが問題となる場合

5 遺産分割におけるゴルフ会員権の取扱い
◇概説
○ゴルフ会員権の遺産性が問題となる場合
○相続人からの名議書換請求を拒んだことの有効性が問題となる場合

6 遺産分割における知的財産権の取扱い
◇概説
○遺産の中に著作権や特許権がある場合における遺産分割成立までの権利関係等が問題となる場合

7 遺産分割における損害賠償請求権の取扱い
◇概説
○損害賠償請求権を相続した相続人による権利行使方法が問題となる場合
○被相続人が恩給・年金等を受給していたところ被相続人の死亡により恩給・年金等を受給できなくなったことを逸失利益として、相続人が請求することができるかが問題となる場合

8 遺産分割における生命保険金の取扱い
◇概説
○生命保険金が遺産分割の対象になるかが問題となる場合

9 遺産分割における死亡退職金の取扱い
◇概説
○死亡退職金規程に基づき被相続人の妻にのみ支給された死亡退職金が遺産に該当するかが問題となる場合
○死亡退職金規程のない財団法人が、法定相続人の一部にのみ死亡退職金を支給した場合に、
当該死亡退職金が遺産に該当するかが問題となる場合

10 遺産分割における身分上の権利の取扱い
◇概説
○扶養請求権が相続の対象となるか否かが問題となる場合
○養親が養子に対して有している離縁請求権が相続の対象となるか否かが問題となる場合
○被認知者が認知者に対して提起した認知無効の訴えが承継の対象になるか否かが問題となる場合
○財産分与義務が相続の対象となるか否かが問題となる場合

11 遺産分割における代償財産の取扱い
◇概説
○遺産分割前に、共同相続人全員の合意で遺産たる不動産を売却した場合の売買代金債権・売買代金が遺産に含まれるかが問題となる場合
○遺産分割前に、相続人の1人が、遺産たる株式を他の共同相続人に無断で売却したときに、他の共同相続人からの当該相続人に対する損害賠償請求権が遺産分割の対象となるかが問題となる場合


第3章 遺産分割をめぐる紛争

1 法定相続分をめぐる紛争
◇概説
○相続人と法定相続分の確定において、現行民法と旧規定の双方が問題となる場合
○現行民法下における非嫡出子の法定相続分が問題となる場合

2 相続債務をめぐる紛争
◇概説
○遺産分割における金銭債務の取扱いが問題となる場合
○遺産分割における保証債務の取扱いが問題となる場合

3 遺産の評価をめぐる紛争
◇概説
○不動産の評価方法が問題となる場合
○相続人の使用借権が設定されている土地の評価が問題となる場合
○非上場株式の評価方法が問題となる場合

第4章 特別受益をめぐる紛争

1 特別受益該当性をめぐる紛争
◇概説
○特別受益を争う手続が問題となる場合
○生前贈与の特別受益該当性と持戻免除の意思表示の有無が問題となる場合
○生命保険の特別受益性が問題となる場合
○遺産の無償使用の特別受益該当性が問題になる場合

2 特別受益者の範囲をめぐる紛争
◇概説
○代襲相続人への贈与が問題となる場合
○相続人の配偶者・子に対する贈与が問題となる場合
○再転相続が生じた場合の特別受益が問題となる場合


第5章 寄与分をめぐる紛争

1 寄与分を受ける者の範囲をめぐる紛争
◇概説
○共同相続人以外の寄与が問題となる場合

2 類型別の寄与分該当性と評価をめぐる紛争
◇概説
○療養看護型の寄与分が問題となる場合
○扶養型の寄与分が問題となる場合
○家業従事型の寄与分が問題となる場合
○金銭出資型の寄与分が問題となる場合
○寄与行為と被相続人の財産上の効果発生との因果関係が問題となる場合
○財産管理型の寄与分が問題となる場合


第6章 具体的相続分の算定と遺産分割をめぐる紛争

1 特別受益者・寄与相続人がいる場合の具体的相続分の計算方法
◇概説
○特別受益者と寄与相続人の双方が存在する場合
○超過特別受益者がいる場合

2 遺産分割の方法
◇概説
○代償分割の要件及び代償金の支払方法が問題となる場合
○換価分割が認められるのはいかなる場合か
○共有分割が認められるのはいかなる場合か
○遺産分割において、相続人以外の者(株式会社、債権者)の承諾の要否が問題となる場合


第7章 遺言をめぐる紛争

1 遺言者の判断能力をめぐる紛争
◇概説
○遺言者の判断能力が問題となる場合

2 遺言の形式をめぐる紛争
◇概説
○自書性に争いがある場合
○他人が添え手をして作成した遺言の有効性が問題となる場合
○パソコン・第三者作成の図面・カーボン紙を用いて作成された遺言の有効性が問題となる場合
○日付の記載に不備がある場合の遺言の有効性が問題となる場合
○自筆証書遺言の「押印」の有効性に関する問題
○遺言者以外の者の手によって破棄された遺言の効力が問題となる場合
○加除修正がある遺言の効力が問題となる場合
○数葉にわたる遺言の効力が問題となる場合

3 遺言をめぐるその他の紛争
◇概説
○遺言の解釈が問題となる場合
○第1遺言を撤回するという遺言(第2遺言)をさらに撤回するという遺言(第3遺言)に
よって、第1遺言が復活するかが問題となる場合
○「相続させる」旨の遺言によって遺産を取得した相続人と、他の相続人の持分を差し押さえた債権者との優劣が問題となる場合
○「相続させる」旨の遺言により遺産を相続させるものとされた推定相続人が遺言者の死亡以前に死亡した場合における当該遺言の効力が問題となる場合
○いわゆる後継ぎ遺贈の効力が問題となる場合


第8章 遺留分をめぐる紛争

1 遺留分額の算定方法をめぐる紛争
◇概説
○遺留分算定の基礎財産が問題となる場合
○遺留分侵害額の計算において相続債務の扱いが問題となる場合
○共同相続人間の遺留分減殺における遺留分の計算方法が問題となる場合
○減殺すべき遺贈及び贈与が複数存在する場合

2 遺留分減殺と価額弁償をめぐる紛争
◇概説
○価額弁償の抗弁の意思表示だけで、目的物返還義務を免れることができるかが問題となる場合
○一部の財産に対する価額弁償の可否及び弁償すべき「価額」の算定基準時が問題となる場合
○遺留分権利者からの価額弁償請求ができるかが問題となる場合
○遅延損害金の起算点が問題となる場合

3 遺留分減殺請求と寄与分をめぐる紛争
◇概説
○寄与分に対する遺留分減殺請求の可否が問題となる場合
○遺留分減殺請求訴訟において抗弁として寄与分が主張できるかが問題となる場合
○割合的包括遺贈に対する遺留分減殺請求が問題となる場合


第9章 その他の紛争

1 遺産分割協議の有効性をめぐる紛争
◇概説
○未成年相続人と親権者相続人の双方を弁護士が代理して成立させた遺産分割協議の有効性が問題となる場合
○所在不明の相続人に不在者財産管理人を選任して遺産分割協議を成立させた後に不在者が現れ、不在者以外の相続人の特別受益主張がなされなかったことを理由に遺産分割協議の有効性が問題となる場合
○遺産分割協議書の偽造を理由とする無効主張が認められるかが問題となる場合
○遺産の範囲に錯誤があったことを理由として遺産分割協議の錯誤無効が認められるかが争点となる場合
○遺産の評価を誤った遺産分割協議、遺言書の存在を知らずになされた遺産分割協議が錯誤無効となるかが問題となる場合
○遺産分割協議書の債務不履行解除が認められるかが問題となる場合

2 被相続人の生前に引き出された預貯金をめぐる紛争
◇概説
○被相続人名義の預貯金からの不当利得が疑われるケースの調査方法
○生前に出金された預貯金の返還を求めるための法律構成
○引出し行為者が相続人か否かが争点となる場合の立証
○被相続人の預貯金を引き出した者が財産管理の委託を受けたと主張した場合の立証
○被相続人の預貯金を引き出した者が引き出したお金を被相続人のために消費したと主張した場合の立証
○被相続人の預貯金を引き出した者が引き出したお金を被相続人からの贈与であると主張した場合の手続

3 相続開始後の遺産から生じる収益・費用をめぐる紛争
◇概説
○遺産収益の帰属及び費用負担が問題となる場合

4 遺産である不動産の無償使用をめぐる紛争
◇概説
○被相続人の生前から遺産不動産に無償で居住していた相続人に対し、被相続人の死後、賃料の支払を請求できるかが問題となる場合
○被相続人と内縁関係にあり、被相続人と生前同居していた者の居住権が問題となる場合
○遺産たる不動産の無償使用に際して生じる管理費用の負担が問題となる場合
○相続開始後に、無断で遺産不動産の占有を開始した共同相続人に対し、立退きと賃料の請求をすることができるかが問題となる場合
○被相続人が使用貸借の借主の立場にあり、被相続人の死後、貸主から目的物の返還を求められた場合

5 葬儀・法要と祭祀承継をめぐる紛争
◇概説
○遺産分割における葬儀費用の取扱いが問題となる場合
○祭祀承継者の決定方法が問題となる場合

6 相続回復請求権をめぐる紛争
◇概説
○相続回復請求権の相手方が問題となる場合


第10章 各種調査

1 相続人の調査
◇概説
○父親が亡くなった場合の相続人の調査
○妹が亡くなった場合の相続人の調査

2 財産の調査
◇概説
○財産調査の方法

3 判断能力の調査
◇概説
○被相続人の判断能力についての調査方法

4 遺言書の調査
◇概説
○遺言書の有無が問題となる場合

索引
○事項索引
○判例年次索引


目次の先頭へ

関連書籍・商品

Q&A遺言執行トラブル対応の実務

Q&A遺言執行トラブル対応の実務

編集/遺言・相続実務問題研究会 代表/藤井伸介(弁護士)

■価格(税込):4,428円

遺言執行をめぐるトラブルを解決するために! 

相続における承認・放棄の実務

相続における承認・放棄の実務

共編/雨宮則夫(公証人・元水戸家裁所長)、石田敏明(公証人・元札幌家裁所長)、近藤ルミ子(元東京家裁判事) 

■価格(税込):5,184円

相続人不存在・不在者財産管理事件処理マニュアル

相続人不存在・不在者財産管理事件処理マニュアル

共編/野々山哲郎(弁護士)、仲隆(弁護士)、浦岡由美子(弁護士)

■価格(税込):3,456円

相続人不存在・不在者の財産管理事件を迅速適切に処理するために

遺言・相続法務の最前線

遺言・相続法務の最前線

編集/遺言・相続実務問題研究会 代表/藤井伸介(弁護士)

■価格(税込):4,860円

実際の紛争解決に役立つノウハウが満載

事例でみるスタンダード相続手続

事例でみるスタンダード相続手続

編集/なにわ法律事務所相続事業部  代表/大西隆司(弁護士)

■価格(税込):4,644円

弁護士、税理士、司法書士、不動産鑑定士の連携により相続問題を解決!! 

基礎控除引下げ後の相続税税務調査対策の手引

基礎控除引下げ後の相続税税務調査対策の手引

共著/庄司範秋(税理士)、松本好正(税理士・不動産鑑定士)

■価格(税込):3,888円

税務調査で指摘されやすい点を事前にチェック!

Q&A 相続人不存在・不在者 財産管理の手引

Q&A 相続人不存在・不在者 財産管理の手引

共編/野々山哲郎(弁護士)、仲隆(弁護士)、浦岡由美子(弁護士)

■価格(税込):4,536円

管理主体が失われた財産を適切に管理するために! 

「地積規模の大きな宅地の評価」の実務

「地積規模の大きな宅地の評価」の実務

編集/沖田不動産鑑定士税理士事務所、広大地評価サポートセンター 

■価格(税込):2,808円

実態基準から形式基準へ!大きく変わる評価の実務を解説!

事例にみる遺言の効力

事例にみる遺言の効力

編集/大阪弁護士会遺言・相続センター

■価格(税込):5,076円

遺言書の作成にかかわる専門家必携の書

ケース・スタディ相続財産評価マニュアル

ケース・スタディ相続財産評価マニュアル

編集/相続財産評価実務研究会 代表/庄司範秋(税理士)、齋藤淑人(税理士) 執筆者/〔五十音順〕 沖田初美(税理士)、齋藤淑人(税理士)、佐藤定文(税理士)、 庄司範秋(税理士)、高木光男(税理士)、武田秀和(税理士)、 長谷川貢一(税理士)、松本好正(税理士・不動産鑑定士)    

■価格(税込):12,420円

さまざまな相続財産の評価方法がよくわかる

法務・税務からみた相続対策の効果とリスク

法務・税務からみた相続対策の効果とリスク

編集/相続対策実務研究会 代表/弁護士 大西隆司(なにわ法律事務所) 編集者/法務担当 大西隆司(弁護士)、税務担当 和田正宏(税理士) 

■価格(税込):12,960円

相続対策のメリット・デメリットがひと目でわかる!!

〔改訂版〕 ケース別 相続手続添付書類チェックリスト

〔改訂版〕 ケース別 相続手続添付書類チェックリスト

編著/掛川雅仁(税理士)

■価格(税込):5,400円

手続のポイントと準備書類を素早くチェック!

判例にみる相続人と遺産の範囲

判例にみる相続人と遺産の範囲

編著/仲隆(弁護士)、浦岡由美子(弁護士)

■価格(税込):5,184円

相続人の範囲と遺産の範囲に関する紛争解決の指針に

農家の相続・承継をめぐる法務と税務

農家の相続・承継をめぐる法務と税務

編著/浅野 洋(税理士)

■価格(税込):4,536円

相続人・相続財産調査マニュアル

相続人・相続財産調査マニュアル

編著/清田幸弘(税理士) 著/妹尾芳郎(公認会計士・税理士・行政書士)、下崎寛(不動産鑑定士・税理士)、沖田豊明(不動産鑑定士・税理士)、大村文明(税理士)、清野宏之(税理士)、永瀬寿子(税理士)、田近淳 (司法書士) 

■価格(税込):4,536円

相続財産等を漏れなく調査するために

遺言書・遺産分割協議書等条項例集

遺言書・遺産分割協議書等条項例集

すいせん/東京弁護士会 会長 小林元治 編集/東京弁護士会法友会

■価格(税込):10,800円

遺産を円滑に承継するためのあらゆる条項例がこの一冊に!

相続財産調査・算定等の実務

相続財産調査・算定等の実務

編集/相続財産調査実務研究会 代表/菅原恒夫(税理士)、鬼塚太美(税理士) 

■価格(税込):10,800円

相続時に承継するあらゆる財産の取扱いがわかる!

実務マスター遺産相続事件

実務マスター遺産相続事件

編集/遺産相続実務研究会  代表/仲隆(弁護士)、浦岡由美子(弁護士)

■価格(税込):14,040円

事件処理に欠かせない情報を1冊に集約

遺産相続紛争事例データファイル

遺産相続紛争事例データファイル

編集/遺産相続紛争事例研究会 代表/仲隆(弁護士) 

■価格(税込):13,500円

遺産相続をめぐる紛争解決の指針となる判例をコンパクトに整理

問答式遺産相続の実務

問答式遺産相続の実務

編集/相続実務研究会 

■価格(税込):25,920円

相続関係実務書の決定版!! 

誰にもわかる相続・贈与の法務と税務

誰にもわかる相続・贈与の法務と税務

編集/相続・贈与実務研究会 編集代表/服部優、鈴木千頌

■価格(税込):14,040円

遺言書作成・遺言執行実務マニュアル

遺言書作成・遺言執行実務マニュアル

すいせん/日本弁護士連合会 会長 平山正剛 編集/東京弁護士会法友全期会

■価格(税込):12,420円

遺言の円滑な実現とトラブル予防のために!

事例式相続実務の手続と書式

事例式相続実務の手続と書式

編集/相続手続研究会 代表/赤沼康弘(弁護士)、鬼丸かおる(弁護士) 

■価格(税込):12,420円

多種多様な相続問題に対処するために事例に応じた書式文例が充実

関連記事

 アイコンの記事は、新日本法規が運営する法律情報サイトe-hokiにリンクします。

 アイコンの記事の閲覧には、会員への登録が必要となります。

 【時事法律コラム】

相続法改正の追加試案について

このページの先頭へ

加除式(追録)をご購読のお客様

加除式購読者情報サービス

※ログインの際、加除式購読者お客様No.と弊社にご登録いただいているお電話番号が必要です。

会員に入会する

※弊社加除式書籍の追録をご購読のお客様のみご入会いただけます。

加除式購読者Web会員(無料)について

各種ダウンロード

※ダウンロードサービス対象書籍をご購入の方は、こちらから書式データをダウンロードすることができます。


お客様サポート・ガイド
セミナーのご案内
ご購入者特典無料セミナー 特設ページ
法律の電子書籍販売サイト-eBOOK STORE
新日本法規オンライン
e-hoki 「法律の現在がわかる」
新日本法規の公式Facebookページです。
新日本法規の公式Twitterページです。
パートナーシップ業務提携企業
ウエストロー・ジャパン株式会社
ウエストロー・ジャパン株式会社
株式会社ロータス21
株式会社ロータス21
販売支援企業
日本電算企画株式会社
日本電算企画株式会社

加除式購読者のお客様へ

本書は加除式書籍です。
本書をご購入いただくには、今後、法令改正等に応じて、当社がその都度発行する「追録」(有料)を、あわせて購入いただく必要があります。

同意する 同意しない

ご不明な点はフリーダイヤル0120-089-339にお問い合わせください。

※加除式書籍の特徴とメリット

加除式書籍は、掲載法令・通達の改正や新しい事例の追加により、「台本」の該当ページを差し替えることにより、常に最新の内容でご利用いただくことができます。
この最新の内容に差し替えるページをまとめたものを「追録」といいます。
なお、追録の差し替え作業につきましては、弊社加除サービス要員による無料差し替えサービスを行っておりますので、お気軽にご用命ください。

Copyright(C) 2007. SHINNIPPON-HOKI PUBLISHING CO.,LTD.

会社情報

|

採用情報

|

ご利用規約

|

プライバシーポリシー

|

特定商取引法に基づく表示