新日本法規株式会社
webショップ
ご利用案内
よくあるご質問
サイトマップ
お問い合わせ
 
加除式購読者Web会員ログイン
買い物カゴを見る
HOME 企業法務 民事 訴訟・登記 税務・会計 厚生・労働 建設・運輸 消防 環境 行政 教育・宗教 六法・判例・一般 書籍以外の商品
キーワード検索
対象

詳細検索

 カテゴリから探す

HOME > 厚生・労働 > 商品詳細(わかりやすい 居宅介護サービスの実務)

 サンプル[1878KB]

 カタログ[1805KB]

わかりやすい 居宅介護サービスの実務

編集/居宅介護サービス実務研究会
代表/小嶋珠実(社会福祉士)、小川久美子(社会福祉士)、大輪典子(社会福祉士)、原星子(社会福祉士・介護支援専門員)、古笛恵子(弁護士)

加除式 在庫有り

■商品コード:

0646

■サイズ:

B5

■巻数:

全1巻・ケース付

■ページ数:

896

■価格(税込):

9,720円

■送料:

710円

買い物カゴに入れる

平成30年度介護報酬改定に完全対応!

◆「共生型居宅サービス」や「介護医療院」に関する基準など、平成30年4月1日施行の改正介護保険法や政省令、告示、通知の内容を盛り込んだ最新の内容です。

◆居宅介護サービス全般を取り上げて、サービスごとに法令や通知、厚生労働省Q&Aに基づく実務上の取扱いを解説しています。

◆事業運営上の基準や報酬の算定をめぐる運用上の解釈のほか、トラブルへの対応など幅広い内容を収載しています。

○平成29年改正介護保険法の主な内容

第1章 各サービスの共通事項

第1 サービス提供と契約
○介護契約の特徴
○契約の締結
○重要事項説明書
○契約更新・契約解除の留意点
○契約条項の留意点(守秘義務・損害賠償)
○受給資格等の確認
○身元保証人を求める場合
○サービス契約と消費者契約法との関係
第2 実施基準・運営
○通所系サービス
○短期滞在系サービス
○訪問系サービス
○基準該当サービス
○居宅サービスと実質的な「施設」との関係
○共生型サービス
○居宅サービスにおける「医療保険適用部分」の取扱い
○介護保険と医療保険の「リハビリテーション」の違い
○介護保険関係法令等の構造
○各用語の定義
○「常勤換算方法」の解釈
○「勤務延時間数」の解釈
○「常勤」の解釈
○育児・介護休業法と常勤との関係
○「専ら従事する」、「専ら提供に当たる」の解釈
○「前年度の平均値」の解釈
○「相当するサービス」の解釈
○介護職員がたんの吸引等をするときの取扱い
○たんの吸引等とサービス計画の取扱い
○業務管理体制の整備内容
○事業所規模の算定方法
○業務管理体制の確認検査
○業務管理体制の確認検査の検証ポイント
○法令遵守規程
○法令遵守責任者の取扱い
○業務管理体制の届出手続
○居宅介護サービス事業者に対する罰則規定
○介護職員の資格と研修
○介護支援専門員
○介護支援専門員の禁止行為と罰則
○喫煙に関する取扱い
第3 介護報酬
○介護報酬告示の種類
○関係する通知の種類
○基本報酬
○加算・減算の届出の期限
○基本報酬と診療報酬との関係
○介護報酬の請求に係る消滅時効の取扱い
○居宅サービス事業者による介護給付費の割引の取扱い
○地域区分
○償還払い
○代理受領
○計算上における端数処理の取扱い
○「日割り計算」の取扱い
○介護保険における措置
○「特別地域」の取扱い
○介護職員の処遇改善に関する取扱い
○その他の日常生活費と介護報酬との関係
○介護報酬請求の流れ
○障害者総合支援法との関係
○生活保護法との関係
○短期入所系サービスと訪問系サービスの同日利用

第2章 通所系サービス

第1節 実施基準・運営

第1 共通事項
○通所系サービスにおける日常生活に要する費用の取扱い
○サービスの提供時間・開始・終了の取扱い
○食費の取扱い
○通所系サービス利用時における理美容サービスの取扱い
○指定通所介護と緩和した基準によるサービス及び従前の介護予防通所介護に相当するサービスを一体的に行う場合の取扱い
○送迎時における居宅内介助の取扱い
第2 通所介護(デイサービス)
○人員に対する基準
○人員に関する基準
○設備に関する基準
○運営に関する基準
○基準該当居宅サービスに関する基準
○指定通所介護事業所等の設備を利用した宿泊サービス
○確保すべき生活相談員の勤務延時間数の計算式
○常勤換算方法により算定される従業員の休暇等の取扱い
○従業員の勤務延時間数の取扱い
○生活相談員・介護職員の具体的な配置方法
○外部の事業者が利用者との契約を結び、「その他の日常生活費」を徴収する場合
第3 通所リハビリテーション(デイケア)
○人員に関する基準
○設備に関する基準
○運営に関する基準
○リハビリテーション会議の実施
○屋外でのサービス提供
○保険医療機関で通所リハビリテーションを行う場合の取扱い
第4 事故・苦情への対応
○送迎車の乗降時に転倒して骨折したときの責任
○歩行介助を拒否したデイサービス利用者がトイレで転倒したとき
○デイルームで利用者間のケンカが起きたとき
○デイサービス利用者が施設から無断で外出してしまうとき
○デイサービスの利用を当日の朝にキャンセルされたとき

第2節 介護報酬の算定

第1 共通事項
○通所サービスの算定
○通所サービスの所要時間の取扱い
○所要時間を短縮した場合の取扱い
○選択的サービスの取扱い
○延長サービスにかかる利用料
○入浴介助の取扱い
○災害等が発生したときの定員・報酬等の取扱い
○定員超過利用に該当する場合の取扱い
○送迎が実施されない場合の取扱い
第2 通所介護費
○通所介護費の報酬の単位数
○事業所規模による区分の取扱い(通所介護費)
○所要時間による区分の取扱い(通所介護費)
○人員基準欠如に該当する場合の取扱い(通所介護費)
○7時間以上9時間未満の指定通所介護の前後に連続して延長サービスを行った場合の取扱い(通所介護費)
○事業所と同一建物に居住又は通う利用者に指定通所介護を行う場合の取扱い(通所介護費)
第3 通所リハビリテーション費
○通所リハビリテーション費の報酬の単位数
○平均利用延人員数の取扱い(通所リハビリテーション費)
○所要時間による区分の取扱い(通所リハビリテーション費)
○人員基準欠如に該当する場合の取扱い(通所リハビリテーション費)
○6時間以上8時間未満の指定通所リハビリテーションの前後に連続して延長サービスを行った場合の取扱い(通所リハビリテーション費)
第4 利用できる加算
○栄養改善加算の取扱い【通所・通所リハ】
○介護職員処遇改善加算の取扱い【通所・通所リハ】
○口腔機能向上加算の取扱い【通所・通所リハ】
○個別機能訓練加算の取扱い【通所】
○個別機能訓練加算(II)の具体例【通所】
○サービス提供体制強化加算の取扱い【通所・通所リハ】
○社会参加支援加算の取扱い【通所リハ】
○重度療養管理加算の取扱い【通所リハ】
○生活行為向上リハビリテーション実施加算の取扱い【通所リハ】
○短期集中個別リハビリテーション実施加算の取扱い【通所リハ】
○中重度者ケア体制加算の取扱い【通所・通所リハ】
○中重度者ケア体制加算と認知症加算を併算定する場合の取扱い【通所】
○認知症加算・若年性認知症利用者受入加算の取扱い【通所・通所リハ】
○認知症短期集中リハビリテーション実施加算の取扱い【通所リハ】
○リハビリテーションマネジメント加算の取扱い【通所リハ】

第3章 短期滞在系サービス

第1節 実施基準・運営

第1 共通事項
○短期滞在系サービスにおける日常生活に要する費用の取扱い
○おむつ代の取扱い
○介護輸送の取扱い(短期滞在系)
○居住・滞在・食事等の提供に係る利用料の取扱い
○食費に関する取扱い
○要介護認定期間中の利用日数の確認に関する取扱い
第2 短期入所生活介護(ショートステイ)
○人員に関する基準
○設備に関する基準
○運営に関する基準
○ユニット型指定短期入所生活介護の設備に関する基準
○ユニット型指定短期入所生活介護の運営に関する基準
○ユニット型指定短期入所生活介護事業の運営に関する基準
○ユニット型指定短期入所生活介護の運営に関する基準
○基準該当居宅サービスに関する基準
○夜勤を行う職員の勤務条件の基準
第3 短期入所療養介護
○人員に関する基準
○設備に関する基準
○運営に関する基準
○ユニット型指定短期入所療養介護の設備に関する基準
○ユニット型指定短期入所療養介護の運営に関する基準
○夜勤を行う職員の勤務条件の基準
第4 事故・苦情への対応
○ショートステイ利用者の車椅子への移乗時に傷害を負わせたとき
○ショートステイで食事をとっているときに誤嚥し、死亡したとき
○ショートステイ利用者に原因不明の表皮剥離があるとき
○短期入所療養介護の利用者の家族が無断で食べ物の差入れをしているとき
○ショートステイ利用者の洗濯物がなくなったとき

第2節 介護報酬の算定

第1 共通事項
○夜勤体制の取扱い(共通)
○届出手続の運用・取扱い(共通)
○特定診療に関する取扱い(共通)
○サービスの利用が連続30日を超える場合の取扱い(共通)
○災害等が発生したときの定員・報酬等の取扱い(共通)
第2 短期入所生活介護費
○短期入所生活介護費の報酬の単位数
○短期入所生活介護費の取扱い(短期入所生活介護費)
○併設事業所等の取扱い(短期入所生活介護費)
○機能訓練指導員に関する取扱い(短期入所生活介護費)
○緊急時における基準緩和の取扱い(短期入所生活介護費)
第3 短期入所療養介護費(介護老人保健施設)
○短期入所療養介護費(介護老人保健施設)の報酬の単位数
○短期入所療養介護費の取扱い
○認知症の利用者に対する介護老人保健施設短期入所療養介護費の取扱い
○送迎における特定介護老人保健施設短期入所療養介護費の取扱い
○介護老人保健施設短期入所療養介護費(I)の介護老人保健施設短期入所療養介護費(ii)・(iv)を算定する介護施設の取扱い
○介護療養型老人保健施設の取扱い
第4 短期入所療養介護費(病院・診療所)
○短期入所療養介護費(病院)の報酬の単位数
○短期入所療養介護費(診療所)の報酬の単位数
○病院・診療所で実施する短期入所療養介護費の取扱い
○病院療養病床短期入所療養介護費の取扱い
○特定病院療養病床短期入所療養介護費の取扱い
○診療所短期入所療養介護費の取扱い
第5 利用できる加算
○医療連携強化加算の取扱い【生活】
○介護職員処遇改善加算の取扱い【生活・療養】
○看護体制加算の取扱い【生活】
○緊急短期入所受入加算の取扱い【生活・療養】
○個別機能訓練加算の取扱い【生活】
○個別リハビリテーション実施加算の取扱い【療養】
○サービス提供体制強化加算の取扱い【生活・療養】
○在宅中重度者受入加算の取扱い【生活】
○重度療養管理加算の取扱い【療養】
○認知症行動・心理症状緊急対応加算の取扱い【生活・療養】
○夜勤職員配置加算の取扱い【生活・療養】
○療養食加算の取扱い【生活・療養】

第4章 訪問系サービス

第1節 実施基準・運営

第1 共通事項
○「公設民営」による訪問系サービス事業所の取扱い
○介護輸送の取扱い(訪問系)
第2 訪問介護(ホームヘルプ)
○人員に関する基準
○設備に関する基準
○運営に関する基準
○基準該当訪問介護に関する基準
○訪問介護サービスにおける生活援助等の取扱い
○サービス提供責任者の配置に関する具体的な取扱い(非常勤の場合)
○サービス提供責任者を「利用者50人に対して1人以上」とする場合の取扱い
○サービス提供責任者の経歴に関する取扱い
第3 訪問入浴介護
○人員に関する基準
○設備に関する基準
○運営に関する基準
○基準該当訪問入浴介護に関する基準
○「専用の事務室又は区画」に関する取扱い
○サービス提供前の健康診断の費用負担の取扱い
第4 訪問介護
○人員に関する基準
○運営に関する基準
○訪問看護計画書・訪問看護報告書の取扱い
○訪問看護のみを利用している者の要介護認定の取扱い
第5 訪問リハビリテーション
○人員に関する基準
○設備に関する基準
○運営に関する基準
第6 居宅療養管理指導
○人員に関する基準
○設備に関する基準
○運営に関する基準
○指定居宅療養管理指導の利用料
○訪問看護と看護職員による指定居宅療養管理指導の取扱い
○指定居宅療養管理指導提供中の事故発生時の対応
○指定居宅療養管理指導の運営規程
第7 事故・苦情への対応
○訪問介護先で食事を提供するとき
○訪問入浴サービスを提供するときの温度設定
○訪問介護先で契約外のことを頼まれたとき
○訪問介護先で利用者宅の私物を壊してしまったとき
○訪問介護先の利用者からセクハラがあるとき

第2節 介護報酬の算定

第1 共通事項
○同一時間帯の訪問サービスに関する取扱い(共通)
○集合住宅における減算の取扱い(共通)
○届出に係る加算の取扱い(共通)
○介護報酬に係る特別地域加算(共通)
第2 訪問介護費
○訪問介護費の報酬の単位数
○サービス行為ごとの区分等
○指定訪問介護を1日に複数回算定する場合の取扱い
○所要時間20分未満の身体介護中心型の算定の取扱い
○生活援助における時間区分の取扱い
○生活援助中心型の算定
○通院・外出介助の取扱い
○「通院等乗降介助」の単位の算定
○身体介護中心型と生活援助中心型の関係
○身体介護及び生活援助が混在する場合の取扱い
○身体介護における院内介助の取扱いは
○同居家族がいる場合における生活援助の取扱い
○介護職員初任者研修課程修了者であるサービス提供責任者を配置する場合の減算の取扱い
○指定訪問介護事業所と同一若しくは隣接する敷地内の建物に居住する利用者の取扱い
第3 訪問入浴介護費
○訪問入浴介護費の報酬の単位数
○算定要件の取扱い
○指定訪問入浴介護と指定訪問介護の同時利用
第4 訪問看護費
○訪問看護費の報酬の単位数
○訪問看護の「所要時間」の取扱い
○指定訪問看護ステーション、病院、診療所の取扱い
○指定定期巡回・随時対応型訪問介護看護事業所と連携する場合の取扱い
第5 訪問リハビリテーション費
○訪問リハビリテーション費の報酬の単位数
○算定要件の取扱い
○特別な指示を行った場合の取扱い
○リハビリテーション会議の取扱い
第6 居宅療養管理指導費
○居宅療養管理指導費の報酬の単位数
○医師・歯科医師が行う場合の取扱い
○薬剤師が行う場合の取扱い
○管理栄養士が行う場合の取扱い
○歯科衛生士等が行う場合の取扱い
○看護職員が行う場合の取扱い
第7 利用できる加算
○介護職員処遇改善加算の取扱い【訪問・入浴】
○看護・介護職員連携強化加算の取扱い【看護】
○看護体制強化加算の取扱い【看護】
○緊急時訪問介護(看護)加算の取扱い【介護・看護】
○サービス提供体制強化加算の取扱い【入浴・看護・訪問リハ】
○社会参加支援加算の取扱い【訪問リハ】
○初回加算の取扱い【訪問・看護】
○生活機能向上連携加算の取扱い【訪問】
○退院時共同指導加算の取扱い【看護】
○短期集中リハビリテーション実施加算の取扱い【訪問リハ】
○ターミナルケア加算の取扱い【看護】
○特定事業所加算の取扱い【訪問】
○特別管理加算の取扱い【看護】
○特別地域加算の取扱い【訪問・看護】
○リハビリテーションマネジメント加算の取扱い【訪問リハ】

索引
○事項索引

内容を一部変更することがありますので、ご了承ください。


目次の先頭へ

関連書籍・商品

Q&A 介護職種の技能実習生受入れの手引

Q&A 介護職種の技能実習生受入れの手引

編集/公益社団法人 日本介護福祉士会      技能実習生の適正受入等推進研究会 

■価格(税込):2,808円

介護現場への技能実習生の受入れを検討・実施するために!

通知でわかる介護サービス事業の実務

通知でわかる介護サービス事業の実務

編集/介護保険行政実務研究会  代表/石田光広

■価格(税込):11,880円

介護報酬や事業運営に関する通知・厚生労働省Q&Aを分類整理

高齢者介護用語・手続事典

高齢者介護用語・手続事典

編集/高齢者介護研究会 代表/村川浩一(日本社会事業大学教授)、中島健一(日本社会事業大学教授)

■価格(税込):10,800円

Q&A高齢者の生活・介護支援の手引

Q&A高齢者の生活・介護支援の手引

編集/高齢者権利擁護研究会 代表/野田愛子(弁護士)、梶村太市(桐蔭横浜大学法科大学院客員教授・元東京地裁判事)、冷水豊 (日本福祉大学大学院客員教授)

■価格(税込):14,040円

Q&A介護サービス事業運営の手引

Q&A介護サービス事業運営の手引

編集/介護サービス実務研究会 山崎隆、平田厚、池田惠利子

■価格(税込):13,500円

介護サービス事業の円滑な運営のための必携書

高齢者福祉・介護事業モデル文例・書式集

高齢者福祉・介護事業モデル文例・書式集

編集/福祉関係文書研究会 代表/橋本正明(立教大学コミュニティ福祉学部教授・至誠ホーム長)

■価格(税込):14,040円

わかりやすい介護保険法の手引

わかりやすい介護保険法の手引

編集/介護保険法令研究会 代表 鏡諭(淑徳大学コミュニティ政策学部教授)

■価格(税込):14,040円

コンメンタール方式ですべてがわかる!

介護保険法の実務

編集/介護保険実務研究会

■価格(税込):19,440円

わかりやすい 社会福祉法の手引

わかりやすい 社会福祉法の手引

すいせん/中村秀一((一社)医療介護福祉政策研究フォーラム 理事長・元厚生労働省 社会・援護局長) 編集/社会福祉法制研究会 代表 佐藤博(社会福祉法人 雄勝なごみ会 事務局長・元厚生労働省 社会・援護局 総務課 課長補佐)  

■価格(税込):11,880円

解釈が難しいとされる社会福祉法をわかりやすく解説! 

事例解説介護事故における注意義務と責任

事例解説介護事故における注意義務と責任

編著/古笛恵子(弁護士)

■価格(税込):3,672円

介護事故に適切に対応するために! 

このページの先頭へ

加除式(追録)をご購読のお客様

加除式購読者情報サービス

※ログインの際、加除式購読者お客様No.と弊社にご登録いただいているお電話番号が必要です。

会員に入会する

※弊社加除式書籍の追録をご購読のお客様のみご入会いただけます。

加除式購読者Web会員(無料)について

各種ダウンロード

※ダウンロードサービス対象書籍をご購入の方は、こちらから書式データをダウンロードすることができます。


お客様サポート・ガイド
セミナーのご案内
ご購入者特典無料セミナー 特設ページ
法律の電子書籍販売サイト-eBOOK STORE
新日本法規オンライン
e-hoki 「法律の現在がわかる」
新日本法規の公式Facebookページです。
新日本法規の公式Twitterページです。
パートナーシップ業務提携企業
ウエストロー・ジャパン株式会社
ウエストロー・ジャパン株式会社
株式会社ロータス21
株式会社ロータス21
販売支援企業
日本電算企画株式会社
日本電算企画株式会社

加除式購読者のお客様へ

本書は加除式書籍です。
本書をご購入いただくには、今後、法令改正等に応じて、当社がその都度発行する「追録」(有料)を、あわせて購入いただく必要があります。

同意する 同意しない

ご不明な点はフリーダイヤル0120-089-339にお問い合わせください。

※加除式書籍の特徴とメリット

加除式書籍は、掲載法令・通達の改正や新しい事例の追加により、「台本」の該当ページを差し替えることにより、常に最新の内容でご利用いただくことができます。
この最新の内容に差し替えるページをまとめたものを「追録」といいます。
なお、追録の差し替え作業につきましては、弊社加除サービス要員による無料差し替えサービスを行っておりますので、お気軽にご用命ください。

Copyright(C) 2007. SHINNIPPON-HOKI PUBLISHING CO.,LTD.

会社情報

|

採用情報

|

ご利用規約

|

プライバシーポリシー

|

特定商取引法に基づく表示