新日本法規株式会社
webショップ
ご利用案内
よくあるご質問
サイトマップ
お問い合わせ
 
加除式購読者Web会員ログイン
買い物カゴを見る
HOME 企業法務 民事 訴訟・登記 税務・会計 厚生・労働 建設・運輸 消防 環境 行政 教育・宗教 六法・判例・一般 書籍以外の商品
キーワード検索
対象

詳細検索

 カテゴリから探す

HOME > 商品詳細(土地評価実務における評価単位)

 サンプル[1364KB]

 カタログ[2065KB]

土地評価実務における評価単位

―Q&Aとケース・スタディ―

編著/小林登(税理士)
著/税理士法人 JPコンサルタンツ

単行本 在庫有り 電子版もあります。

■商品コード:

50952

■ISBN:

978-4-7882-8194-3

■JAN:

9784788281943/1923032034005

■サイズ:

A5判

■巻数:

1

■ページ数:

292

■発行年月:

平成28年11月

■価格(税込):

3,672円

■送料:

450円

買い物カゴに入れる

【 電子版の購入をご希望の方はこちら 】

→ 新日本法規出版 eBOOKSTORE サイト ←

EPUB版電子書籍は以下の販売サイトでご購入いただけます。

なお、EPUB版の閲覧に必要な環境については、必ず各販売サイトをご確認ください。




相続土地の「評価単位」に焦点を当てて詳解!

【Q&A編】では、財産評価基本通達に規定する様々な土地の「評価上の区分」や「評価単位」について、Q&A形式でわかりやすく解説しています。

【ケース・スタディ編】では、具体的なケースに応じた「評価単位」の考え方について、図を交えながら詳しく解説し、適宜、相続税評価額の計算例を示しています。

執筆者プロフィール(発行時)

税理士法人 JPコンサルタンツ
 HP:http://www.jpcg.co.jp/

<編著者>
小林 登(こばやし のぼる)

<著者>
佐藤 健一(さとう けんいち)
小林 茂芳(こばやし しげよし)
竹田 桂介(たけだ けいすけ)
金井 大輔(かない だいすけ)

基本編
1 財産評価基本通達による評価と時価
2 評価の手順
3 現地調査
4 役所等での確認とその他の準備事項(役所調査)

Q&A編
 第1 土地の評価上の区分
1 相続税、贈与税の土地評価における地目
2 異なる地目の土地が一体として利用されている場合の取扱い
3 2以上の地目が隣接しており、それらを一団の土地として評価する場合
4 固定資産税の課税地目と現況地目が異なる場合の地目
5 都市計画区域・都市計画区域外の区域
6 市街化区域・市街化調整区域
7 農地と雑種地の違い
8 宅地と雑種地の違い
9 市街化調整区域内の雑種地に対する考え方
10 賃貸借と使用貸借の違い
11 借地権・賃借権・地上権の違い
 第2 土地の評価単位
12 宅地の評価単位の判定方法
13 雑種地の評価単位
14 不合理分割と評価単位
15 利用の単位とは
16 自用地と貸家建付地が隣接する場合
17 自宅敷地と農地が隣接している場合
18 田と畑(いずれも農地)が隣接している場合
19 1筆の中の利用単位が異なる場合
20 1利用単位の中に何筆かが存在する場合
21 居住用建物と事業用建物が1筆の土地に建っている場合
22 いずれの用にも供されていない雑種地の評価

ケース・スタディ編
 第1 地目の判定等
1 現地確認の重要性
2 耕作放棄された農地
3 登記上の地目と現況地目が異なる場合
4 固定資産税上の現況地目と現況が異なる場合
5 土地の面積に比し、極めて小さい建物が建っている場合
6 コンビニ等、宅地と駐車場が付いている場合
7 敷地延長の土地と位置指定道路
8 生産緑地の指定を受けている農地と、そうでない農地が隣接している場合
9 平坦な山林と崖状の山林が連なっている場合
10 ヤミ小作している農地
 第2 宅地の評価単位
11 一団の宅地上に数棟の貸家がある場合
12 単独名義の土地と共有名義の土地が一体として利用されている場合
13 自用地と自用地以外の宅地が隣接している場合
14 被相続人の生前に不合理分割が行われていた場合
15 共同ビルの敷地の用に供されていた場合
16 一体として利用されているが、宅地の真ん中に赤道がある場合
17 無道路地の評価単位
18 道路との間に水路がある場合の評価単位
19 セットバックが必要な土地の評価単位
20 建築基準法上の道路に接していない場合
21 広大地の評価とアパートが数棟ある場合の評価単位
22 相続開始後建物を取り壊し、それぞれが単独に分筆した場合
23 自宅、アパート、事業用建物が隣接する場合
24 自分の所有している土地に隣接する土地を相続取得した場合
25 広大地の評価と単独分筆所有と共有
26 複数の地主から賃借して建物を所有している場合
27 月極駐車場の中に高低差がある場合
28 自宅敷地と使用貸借していた土地が隣接していた場合
29 敷地内に庭内神祠が存在する場合
30 居宅とアパートの進入路が一緒の場合の評価単位
31 宅地の一部に木が生い茂り崖地になっている場合
32 位置指定道路が確定している場合の評価単位
33 都市計画道路内の宅地の評価
34 建物が5棟ある宅地の評価
 第3 雑種地の評価単位
35 宅地と雑種地が隣接した場合
36 位置指定道路と貸家がある場合の道路の評価
37 セットバックの必要がある土地の道路部分の評価
38 利用目的の異なる雑種地が隣接している場合
39 自走式駐車場がある土地の評価
40 雑種地として貸し付けてある土地の評価単位
41 共有割合が異なる複数筆の一体利用
42 一部が高圧線下地となっている場合
43 借地権の及ぶ範囲
 第4 農地、山林等の評価単位
44 市街化調整区域内の作業小屋がある農地の評価
45 市街地農地内に生産緑地がある場合の評価
46 居宅と畑がある場合の畑の評価
47 区画整理地内の農地の評価(減歩前か後か)
48 市街化調整区域内の高圧線下の農地の評価
49 農地と山林が隣接している場合
50 自宅の庭の一部に畑がある場合
51 隣接する畑の一部が庭として利用されている場合
52 建物の建築が著しく難しい場合の評価単位
53 保安林の評価
54 取得者単位の評価と宅地造成費
55 農業施設の敷地の評価
56 市街化調整区域に存する農地の評価単位
57 市街地農地の評価単位
 第5 複数地目の土地の評価単位と一体評価
58 店舗と店舗用駐車場を一団の土地として評価する場合
59 駐車場に挟まれた土地を通路として利用している場合
60 複数棟の貸家建付地と通路・駐車場等の共用施設がある場合
61 アパートと駐車場が一体として貸家建付地となる場合とそうでない場合
62 区画整理地の商業地の評価(複数地権者が帯状に所有など)
 第6 取得者が異なる場合と評価単位
63 取得者は同一だが共有持分が異なる場合
64 同一利用地の取得者が異なる場合

事項索引

目次の先頭へ

関連書籍・商品

〔改訂版〕 事例でみる スタンダード相続手続

〔改訂版〕 事例でみる スタンダード相続手続

編集/なにわ法律事務所相続事業部 代表 大西隆司(弁護士) 

■価格(税込):4,644円

弁護士、税理士、公認会計士、司法書士、不動産鑑定士の連携により相続問題を解決!!

ケース・スタディ相続財産評価マニュアル

ケース・スタディ相続財産評価マニュアル

編集/相続財産評価実務研究会 代表/庄司範秋(税理士)、齋藤淑人(税理士) 執筆者/〔五十音順〕 沖田初美(税理士)、齋藤淑人(税理士)、佐藤定文(税理士)、 庄司範秋(税理士)、高木光男(税理士)、武田秀和(税理士)、 長谷川貢一(税理士)、松本好正(税理士・不動産鑑定士)    

■価格(税込):12,420円

さまざまな相続財産の評価方法がよくわかる

相続財産調査・算定等の実務

相続財産調査・算定等の実務

編集/相続財産調査実務研究会 代表/菅原恒夫(税理士)、鬼塚太美(税理士) 

■価格(税込):10,800円

相続時に承継するあらゆる財産の取扱いがわかる!

誰にもわかる相続・贈与の法務と税務

編集/相続・贈与実務研究会 編集代表/服部優、鈴木千頌

■価格(税込):14,040円

Q&A 相続人不存在・不在者 財産管理の手引

Q&A 相続人不存在・不在者 財産管理の手引

共編/野々山哲郎(弁護士)、仲隆(弁護士)、浦岡由美子(弁護士)

■価格(税込):4,536円

管理主体が失われた財産を適切に管理するために! 

Q&A 未分割遺産の管理・処分をめぐる実務

Q&A 未分割遺産の管理・処分をめぐる実務

共編/野々山哲郎(弁護士)、仲隆(弁護士)、浦岡由美子(弁護士) 

■価格(税込):3,564円

遺産共有をめぐる問題に適切に対処するために! 

判例・裁決例にみる 評基通によらない財産評価

判例・裁決例にみる 評基通によらない財産評価

共著/与良秀雄(税理士)、渡邉正則(税理士)

■価格(税込):4,212円

財産評価基本通達6項の適用をめぐる判断事例を詳解!

「地積規模の大きな宅地の評価」の実務

「地積規模の大きな宅地の評価」の実務

編集/沖田不動産鑑定士税理士事務所、広大地評価サポートセンター 

■価格(税込):2,808円

実態基準から形式基準へ!大きく変わる評価の実務を解説!

ケース別 相続土地の評価減

ケース別 相続土地の評価減

著/梶野研二(税理士) 

■価格(税込):3,672円

相続税対策の手掛かりに! 

法務・税務からみた相続対策の効果とリスク

法務・税務からみた相続対策の効果とリスク

編集/相続対策実務研究会 代表/弁護士 大西隆司(なにわ法律事務所) 編集者/法務担当 大西隆司(弁護士)、税務担当 和田正宏(税理士) 

■価格(税込):12,960円

相続対策のメリット・デメリットがひと目でわかる!!

小規模宅地等の特例適用の手引

小規模宅地等の特例適用の手引

著/吉本覚(税理士)

■価格(税込):5,076円

特例の適用が○×でわかる!

判例・裁決例にみる土地評価の実務

判例・裁決例にみる土地評価の実務

著/神谷光春(税理士)

■価格(税込):4,536円

実務に即した税法解釈に役立つ!

税理士のための相続相談対応マニュアル

税理士のための相続相談対応マニュアル

編著/清田幸弘(税理士・行政書士) 著/妹尾芳郎(公認会計士・税理士・行政書士)、沖田豊明(不動産鑑定士・税理士)、大村文明(税理士)、清野宏之(税理士)、藤井麻美(税理士)、永瀬寿子(税理士)、田近 淳(司法書士)

■価格(税込):4,536円

ケースにみる宅地相続の実務

ケースにみる宅地相続の実務

編著/清田幸弘(税理士) 著/妹尾芳郎(公認会計士・税理士)、沖田豊明(不動産鑑定士・税理士)、清野宏之(税理士)、千唯史(税理士)、永瀬寿子(税理士) 

■価格(税込):4,752円

相続において重要な「宅地」に関わる実務の処理が多面的にわかる!

関連記事

 アイコンの記事は、新日本法規が運営する法律情報サイトe-hokiにリンクします。

 アイコンの記事の閲覧には、会員への登録が必要となります。

 【時事法律コラム】

評価単位について

このページの先頭へ

加除式(追録)をご購読のお客様

加除式購読者情報サービス

※ログインの際、加除式購読者お客様No.と弊社にご登録いただいているお電話番号が必要です。

会員に入会する

※弊社加除式書籍の追録をご購読のお客様のみご入会いただけます。

加除式購読者Web会員(無料)について

各種ダウンロード

※ダウンロードサービス対象書籍をご購入の方は、こちらから書式データをダウンロードすることができます。


電子版の閲覧方法
お客様サポート・ガイド
セミナーのご案内
ご購入者特典無料セミナー 特設ページ
法律の電子書籍販売サイト-eBOOK STORE
新日本法規オンライン
e-hoki 「法律の現在がわかる」
新日本法規の公式Facebookページです。
新日本法規の公式Twitterページです。
パートナーシップ業務提携企業
ウエストロー・ジャパン株式会社
ウエストロー・ジャパン株式会社
株式会社ロータス21
株式会社ロータス21
販売支援企業
日本電算企画株式会社
日本電算企画株式会社
Copyright(C) 2007. SHINNIPPON-HOKI PUBLISHING CO.,LTD.

会社情報

|

採用情報

|

ご利用規約

|

プライバシーポリシー

|

特定商取引法に基づく表示