新日本法規株式会社
webショップ
ご利用案内
よくあるご質問
サイトマップ
お問い合わせ
 
加除式購読者Web会員ログイン
買い物カゴを見る
HOME 企業法務 民事 訴訟・登記 税務・会計 厚生・労働 建設・運輸 消防 環境 行政 教育・宗教 六法・判例・一般 書籍以外の商品
キーワード検索
対象

詳細検索

 カテゴリから探す

HOME > 商品詳細(Q&A 改正個人情報保護法と企業対応のポイント)

 サンプル[754KB]

 カタログ[6002KB]

Q&A 改正個人情報保護法と企業対応のポイント

共著/三浦亮太(弁護士)、金丸祐子(弁護士)、北山昇(弁護士)

単行本 在庫有り 電子版もあります。

■商品コード:

50975

■ISBN:

978-4-7882-8289-6

■JAN:

9784788282896/1923032039000

■サイズ:

A5

■巻数:

1

■ページ数:

356

■発行年月:

平成29年5月

■価格(税込):

4,212円

■送料:

350円

買い物カゴに入れる

【 電子版の購入をご希望の方はこちら 】

→ 新日本法規出版 eBOOKSTORE サイト ←

EPUB版電子書籍は以下の販売サイトでご購入いただけます。

なお、EPUB版の閲覧に必要な環境については、必ず各販売サイトをご確認ください。



個人情報を事業に活用するすべての事業者に個人情報保護法が適用されます!

平成29年5月全面施行の改正個人情報保護法について、企業がどのように取り組むべきかを、実務に即してわかりやすく解説しています。

個人情報の取得・利用・提供、社内規程の整備、マイナンバーの取扱いなどにおける企業目線での留意点を示すとともに、参考となる情報を「コラム」として随所に掲載しています。

個人情報の取扱いに精通した弁護士が、豊富な知識や実務経験に基づいて執筆しています。

執筆者プロフィール(発行時)

三浦 亮太(弁護士)
東京大学法学部卒業 森・濱田松本法律事務所所属
「監査等委員会設置会社移行実務の要点」旬刊商事法務2067号(2015年)
『株主提案と委任状勧誘〔第2版〕』(共著、商事法務、2015年)
『完全施行対応 個人情報保護法の企業実務−解説とQ&A−』(共著、新日本法規出版、2005年)
『わかりやすい個人情報保護法の概要と実務対応』(共著、税務研究会、2005年) など

金丸 祐子(弁護士(日本、米国ニューヨーク州))
慶應義塾大学大学院法学研究科民事法学専攻修士課程修了
カリフォルニア大学ロサンゼルス校ロースクール卒業
森・濱田松本法律事務所所属
「女性活躍推進法の概要と企業のとるべき対応」会計・監査ジャーナル727号(2016年)
「性的な発言等のセクハラを理由とする懲戒処分を有効とした最高裁判決−最一判平成27・2・26[海遊館事件]の概要」NBL1046号(共著、2015年) など

北山  昇(弁護士)
東京大学法科大学院修了 森・濱田松本法律事務所所属
『企業の情報管理−適正な対応と実務−』(共著、労務行政、2016年)
「企業におけるマイナンバー制度への対応業務」月刊監査役654号(2016年)
『平成26年改正会社法−改正の経緯とポイント』(共著、有斐閣、2014年) など

第1章 改正個人情報保護法の概要
 第1 改正個人情報保護法のポイント
1 個人情報の定義の明確化
2 個人情報等の有用性の確保や流通の適正さの確保
3 開示、訂正、利用停止等の求めが請求権であることの明確化
4 個人情報保護委員会の新設
5 取り扱う個人情報が5,000人分以下の事業者への個人情報保護法の適用
 第2 個人情報取扱事業者の義務
1 はじめに
2 個人情報の取得、利用に関して課せられる義務(個人情報保護法15条〜18条)
3 個人データの管理・監督に関して課せられる義務(個人情報保護法19条〜22条)
4 個人データの提供に関して課せられる義務(個人情報保護法23条〜26条)
5 保有個人データに関して課せられる義務(個人情報保護法27条〜30条)

第2章 法令の適用範囲
1 「個人情報」に含まれる情報とは?
 コラム ○第三者からみて特定の個人を識別することができない情報は個人情報に該当しないのか
 コラム ○各取扱部門ごとにデータベースを設置している場合の容易照合性
2 「個人情報データベース等」に該当するのは?
3 「個人データ」に含まれる情報とは?
4 「要配慮個人情報」の範囲は?
5 「個人識別符号」の範囲は?
6 従業員から受領する診断書等は要配慮個人情報に該当するか?
 コラム ○長期欠勤をした従業員が、当該欠勤の理由となる診断書の提出を拒んだ場合に、業務命令でその提出を義務付けることができるか
7 「保有個人データ」の範囲は?
8 クッキー使用上の留意点は?
9 プロファイリングを行う際の留意点は?
10 中小規模事業者にも個人情報保護法が適用されるか?
 コラム ○会員名簿等を作成するときの留意点
11 海外支店・外国企業には個人情報保護法が適用されるか?
12 ビッグデータは個人情報保護法の適用を受けるか?

第3章 取得に際しての問題
 第1 適正な取得
13 本人同意が必要な場合とは?
14 第三者からの情報の取得は違法か?
 コラム ○要配慮個人情報の「取得」に該当しない場合
15 第三者の保有する個人データを取得する場合の留意点は?
16 通話内容を録音することは違法か?
 コラム ○本人から同意を取得する場合、同意取得の方式に制限はあるか
17 匿名加工情報を使用するには?
 コラム ○匿名加工情報と容易照合性との関係
18 匿名加工情報を提供・取得する際の留意点は?
19 匿名加工情報の加工が不十分だった場合のリスクは?
20 統計情報は匿名加工情報に当たるか?
 第2 利用目的の特定
21 利用目的はどの程度特定すべきか?
 コラム ○取得する個人情報ごとに利用目的が異なる場合の利用目的の記載方法
 コラム ○グループ会社でまとめて利用目的を特定することはできるか
22 副次的な利用についても利用目的として挙げるべきか?
 第3 利用目的の通知、公表、明示
23 利用目的はどのように通知すべきか?
24 利用目的はどのような場合でも本人に知らせなければならないのか?
 コラム ○利用目的が明らかな場合
 コラム ○名刺による個人情報の取得
 コラム ○防犯カメラ等を利用する際の留意点

第4章 利用に際しての問題
 第1 目的外利用、利用目的の変更
25 利用目的外の利用とは?
26 利用目的の変更方法は?
27 目的外利用を行った場合の問題は?
28 会社は従業員のメールを本人に無断で調査できるか?
 コラム ○従業員に対してモニタリングを実施する場合の留意点
 第2 第三者への個人データの提供
  1 総論
29 第三者との情報の共有は認められるか?
 コラム ○提携先企業等の第三者のために顧客情報を使用できるか
30 事業の承継に伴う場合とは?
  2 第三者への提供
31 第三者提供と業務委託の違いは?
32 サーバが外国にある場合の留意点は?
 コラム ○改正法施行前の外国にある第三者に対する個人データの提供
33 当局への情報開示に本人の同意は必要か?
34 オプトアウトの具体的な手続は?
 コラム ○改正法施行前のオプトアウト手続について
 コラム ○法の要件を具備しないまま第三者提供をした場合の対応
 コラム ○事業承継に際して個人データを提供する場合の手続
35 名簿業者から名簿の提供を受ける際の留意点は?
 コラム ○名簿業者が行う事業は違法ではないのか
  3 共同利用
36 複数社による共同利用の方法は?
37 共同利用者の変更手続は?
 コラム ○共同利用開始後の共同利用者の範囲の変更
 コラム ○共同利用と委託の区別
 コラム ○第三者提供・オプトアウト・委託・共同利用の比較
38 管理責任者の具体的な責任は?
  4 業務委託
39 フランチャイズの場合の個人情報の取扱いの留意点は?
 コラム ○配送事業者・通信事業者等の外部事業者を利用する場合の委託該当性
 コラム ○クラウドサービスの利用は第三者提供又は委託に該当するか

第5章 管理に際しての問題
40 個人情報管理に関してどのような規程を作成すべきか?
41 プライバシーポリシーの内容は?
42 個人データのアップデート及び消去はどのように行うか?
43 安全管理措置の具体的な内容は?
44 従業者に対する監督はどのように行うべきか?
45 業務委託先に対する監督の程度は?
 コラム ○金融ガイドラインの定める必要かつ適切な監督の内容

第6章 本人との関係における問題
46 本人からの開示請求に対する対応方法は?
47 本人であることの確認方法は?
48 本人からの開示請求を拒むことができるか?
49 本人から個人データの内容を削除するよう求められた場合の対応は?
50 本人対応に関するルール整備は必要か?
51 本人から訴訟を提起された場合の対応は?

第7章 緊急時対応における問題
52 個人情報紛失時に求められる対応は?
53 従業員の故意による個人情報漏えい時に求められる対応は?
54 委託先による漏えい時の責任は?

第8章 個人番号(マイナンバー)の取扱い
55 個人番号取得のタイミングは?
56 安全管理措置の具体的な定め方は?
57 個人番号の取扱いを外部委託する際の留意点は?
58 本人確認の頻度は?
59 個人番号の提供を受けられない場合の対応は?
60 個人番号を廃棄するタイミングは?
61 出向先・転籍先に個人番号を提供することは可能か?
62 事業譲渡に伴う個人番号の取扱いの留意点は?

第9章 その他
63 個人情報保護委員会の権限は?
 コラム ○認定個人情報保護団体の権限
 コラム ○認定個人情報保護団体が作成する個人情報保護指針

事項索引

目次の先頭へ

関連書籍・商品

ケース・スタディ ネット権利侵害対応の実務

ケース・スタディ ネット権利侵害対応の実務

共著/清水陽平(弁護士)、神田知宏(弁護士)、中澤佑一(弁護士)

■価格(税込):4,536円

ネット上の名誉毀損やプライバシー侵害に素早く的確に対応するために! 

完全対応 新個人情報保護法

完全対応 新個人情報保護法

編集/第二東京弁護士会 情報公開・個人情報保護委員会

■価格(税込):3,672円

平成29年5月に全面施行される新個人情報保護法に対応した最新版!

Q&A企業の情報管理の実務

Q&A企業の情報管理の実務

編集/企業情報管理実務研究会 代表/藤谷護人(弁護士・システム監査技術者) 

■価格(税込):11,880円

この一冊で適切な対応がわかります

労務専門弁護士が教えるSNS・ITをめぐる雇用管理

労務専門弁護士が教えるSNS・ITをめぐる雇用管理

編著/小山博章(弁護士) 著/中山達夫(弁護士)、石井拓士(弁護士)、町田悠生子(弁護士) 

■価格(税込):4,428円

SNS・ITをめぐる新しい労務問題に適切に対応するために! 

フロー&チェック企業法務コンプライアンスの手引

フロー&チェック企業法務コンプライアンスの手引

編集/企業活動法令遵守研究会 代表/堂野達之(弁護士)、土森俊秀(弁護士) 委員/深井俊至(弁護士)、本井克樹(弁護士)、濱田和成(弁護士)、菊池秀(弁護士)、石鍋謙吾(弁護士)

■価格(税込):12,960円

フローとチェックで視覚的にわかる!!

フロー&チェック労務コンプライアンスの手引

フロー&チェック労務コンプライアンスの手引

編集/労務管理法令遵守研究会 代表/伊藤昌毅(弁護士) 委員/峰隆之(弁護士)、今津幸子(弁護士)、中井智子(弁護士)

■価格(税込):11,880円

フローとチェックで視覚的にわかる!! 

Q&A人事労務規程変更マニュアル

Q&A人事労務規程変更マニュアル

編集/人事労務規程研究会 代表/山中健児(弁護士)、男澤才樹(弁護士)、小鍛冶広道(弁護士)

■価格(税込):11,340円

人事労務規程のポイント

人事労務規程のポイント

編集/人事労務規程実務研究会 代表/別城信太郎(弁護士) 

■価格(税込):10,260円

規定内容を把握し、適切な労務管理を行うために!!

関連記事

 アイコンの記事は、新日本法規が運営する法律情報サイトe-hokiにリンクします。

 アイコンの記事の閲覧には、会員への登録が必要となります。

 【時事法律コラム】

まもなく施行!改正個人情報保護法

このページの先頭へ

加除式(追録)をご購読のお客様

加除式購読者情報サービス

※ログインの際、加除式購読者お客様No.と弊社にご登録いただいているお電話番号が必要です。

会員に入会する

※弊社加除式書籍の追録をご購読のお客様のみご入会いただけます。

加除式購読者Web会員(無料)について

各種ダウンロード

※ダウンロードサービス対象書籍をご購入の方は、こちらから書式データをダウンロードすることができます。


お客様サポート・ガイド
セミナーのご案内
ご購入者特典無料セミナー 特設ページ
法的思考が身に付く 実務に役立つ 印紙税の考え方と実践
第7回(2017年度)「新日本法規財団 奨励賞」を募集します
法律の電子書籍販売サイト-eBOOK STORE
新日本法規オンライン
e-hoki 「法律の現在がわかる」
新日本法規の公式Facebookページです。
新日本法規の公式Twitterページです。
パートナーシップ業務提携企業
ウエストロー・ジャパン株式会社
ウエストロー・ジャパン株式会社
株式会社ロータス21
株式会社ロータス21
販売支援企業
日本電算企画株式会社
日本電算企画株式会社
Copyright(C) 2007. SHINNIPPON-HOKI PUBLISHING CO.,LTD.

会社情報

|

採用情報

|

ご利用規約

|

プライバシーポリシー

|

特定商取引法に基づく表示