新日本法規株式会社
webショップ
ご利用案内
よくあるご質問
サイトマップ
お問い合わせ
 
加除式購読者Web会員ログイン
買い物カゴを見る
HOME 企業法務 民事 訴訟・登記 税務・会計 厚生・労働 建設・運輸 消防 環境 行政 教育・宗教 六法・判例・一般 書籍以外の商品
キーワード検索
対象

詳細検索

 カテゴリから探す

HOME > 商品詳細(離婚に伴う財産分与―裁判官の視点にみる分与の実務―)

 カタログ[2065KB]

離婚に伴う財産分与―裁判官の視点にみる分与の実務―

著/松本哲泓(弁護士・元大阪高等裁判所部総括判事)

単行本 入荷待ち令和元年8月30日入荷予定 電子版もあります。

■商品コード:

5100075

■ISBN:

978-4-7882-8600-9

■JAN:

9784788286009/1923032035002

■サイズ:

A5判

■巻数:

1

■ページ数:

300

■発行年月:

令和元年8月

■価格(税込):

3,780円

■送料:

450円

買い物カゴに入れる

【 電子版の購入をご希望の方はこちら 】

→ 新日本法規出版 eBOOKSTORE サイト ←

シリーズ第2弾!
裁判官による事例研究の成果を書籍化!

◆大阪高裁家事抗告集中部の事例研究「究理九疇」をベースに最新の審判・裁判例を加えて構成しています。
◆財産分与の対象となる財産や具体的な分与方法を詳しく解説したうえで、調停条項例を掲載しています。
◆元大阪高裁第9民事部部総括判事の執筆による客観的な視点に基づいた内容です。
第1章 財産分与請求権の意味・内容
1 財産分与の意味
(1)財産分与の意義・根拠
(2)財産分与の性質・内容
 ア 財産分与の性質
 イ 財産分与の内容
(3)財産分与請求権の権利性
 ア 権利性
 イ 一身専属性の有無
(4)財産分与請求権の放棄、財産分与に関する契約
 ア 婚姻中の財産分与に関する合意
 イ 婚姻前の財産分与に関する合意
2 有責配偶者の財産分与請求
3 内縁配偶者の財産分与請求
4 相続性
(1)財産分与請求権の相続性
(2)財産分与義務の相続性
(3)内縁配偶者の財産分与請求権の相続性
 ア 死亡による内縁関係解消の場合の財産分与請求権
 イ 実質共有財産の相続

第2章 財産分与請求の手続
1 請求手続の種類
2 審判申立ての手続
(1)当事者
 ア 申立人
 イ 義務者からの申立て
(2)申立て
 ア 申立ての時期・期間
 イ 申立ての方法
 ウ 合意成立後の申立て
 エ 相手方からの申立て
 オ 申立ての取下げ制限
(3)管 轄
3 審判事件の審理
(1)審問期日による進行
(2)事実の調査等
 ア 事実の調査
 イ 調査嘱託
 ウ 証拠調べ
4 離婚事件の附帯処分としての財産分与請求
(1)附帯処分の趣旨
(2)申立て
(3)審 理
 ア 概 説
 イ 財産分与部分に関する進行
 ウ 証拠調べ等
5 調 停
(1)概 説
(2)家事調停の申立て
 ア 申立書
 イ 提出書類
 ウ 申立書送付
 エ 答弁書
(3)期日の進行
 ア 財産分与対象財産一覧表の作成を基本とする進行
 イ 各期日の進行
6 当事者の手続に対する非協力
(1)当事者の協力義務
(2)財産開示拒否に対する一般的な対処方法
(3)対象財産ごとの検討
 ア 預貯金の有無
 イ 退職金・退職年金の有無
 ウ 株式等の有無
 エ 決算書

第3章 清算的財産分与
1 清算的財産分与の根拠
(1)夫婦別産制
(2)清算的財産分与の根拠
 ア 実質的共有説
 イ 組合的共有とする説
 ウ 夫婦の役割分担により生じる不利益を填補する制度とする説
 エ 婚姻共同生活における法的評価の平等の実現を保障する制度とする説
(3)共有持分による請求
 ア 実質的共有関係を物権上の共有としない説
 イ 実質的共有関係を物権上の共有とする説
 ウ 実 務
2 清算的財産分与の方法
(1)清算的財産分与の考え方
(2)清算の基準時
 ア 分与対象財産確定の基準時
 イ 婚姻関係破綻との関係
 ウ 同居と別居が繰り返される場合
 エ 単身赴任中・出稼ぎ中の破綻
 オ 評価の基準時
(3)清算の割合
 ア 清算割合についての考え方
 イ 実 務
 ウ 寄与度に差が認められる類型
(4)清算の方法
 ア 一般的な清算の方法
 イ 財産ごとに寄与度を算出する方法
 ウ 分与の方法
3 清算的財産分与の対象財産
(1)夫婦が婚姻中にその協力によって取得した財産
 ア 婚姻中に取得した財産の意味
 イ 基準時において存在する財産
 ウ 別居の際に持ち出された財産
(2)特有財産
 ア 特有財産の意味
 イ 夫婦の協力によって維持された特有財産
 ウ 特有財産の代償財産
 エ 特有財産の果実
 オ 特有財産を運用して得た財産
 カ 特有財産と婚姻中に取得した財産が混在する場合
 キ 特有財産と婚姻中の収入とを併せて不動産を取得した場合
4 問題となる対象財産
(1)第三者名義の財産
 ア 法人名義の財産
 イ 家族名義の財産
(2)専用財産
(3)交通事故の賠償金等
(4)偶然の利益
 ア 宝くじの当選金等
 イ 拾得した現金等
(5)将来給付される退職金等
 ア 将来給付される退職金が財産分与の対象財産となる理由
 イ 財産分与の対象となる退職金
 ウ 対象となる退職金の額の算定
 エ 分与の時期
(6)保険金
(7)年 金
 ア 厚生年金・共済年金
 イ 確定給付企業年金
 ウ 確定拠出年金
 エ 個人年金
(8)資格・地位
5 対象財産の評価
(1)評価の基準時
(2)評価の方法
 ア 不動産
 イ 預貯金
 ウ 株式、法人の持分等
 エ 無体財産権
6 財産分与における債務の扱い
(1)債務の財産分与対象性
 ア 財産分与の対象性
 イ 積極財産が皆無である場合
 ウ 固有債務の弁済に対する貢献
(2)財産分与において債務を考慮すべき場合
 ア 資産形成のために生じた債務
 イ 家計維持のための債務
 ウ 預金を担保とする債務
(3)債務の負担割合
 ア 夫婦の一方の債務を他方が負担する根拠
 イ 負担割合
 ウ 債務の考慮の仕方
(4)いわゆるオーバーローンの財産の財産分与
 ア 財産分与申立ての可否
 イ 不動産の名義変更・引渡しを求める場合
 ウ オーバーローンの不動産の処分清算
(5)オーバーローン不動産以外の財産分与対象財産がある場合の通算の可否
 ア 他の財産との通算の可否
 イ 通算すべきでない場合
 ウ 通算すべき場合
 エ 通算説の修正
(6)特有財産を加えて取得した財産の債務の清算
 ア 債務が未だ残っている場合
 イ 基準時後に残債務が支払われた場合
7 一切の事情の考慮
(1)一切の事情を考慮する方法
(2)一切の事情の考慮される場面
 ア 当事者が財産分与の対象財産の開示に協力的でない場合
 イ 財産分与対象財産の額に不確定要素が大きい場合
 ウ 夫婦が形成した財産が、夫婦以外の名義となっている場合
 エ 夫婦の一方の特有財産及び固有債務減少への貢献等
 オ 基準時以降の事情
 カ 婚姻中の夫婦間の債権債務関係の清算
8 過去の婚姻費用等の清算
(1)過去の婚姻費用の清算の必要性
(2)対象となる過去の婚姻費用
 ア 原則として別居後のもの
 イ 未確定のもの
(3)考慮の方法
(4)別居後の住宅ローン返済の考慮
 ア 権利者居住住宅の住宅ローンを義務者が支払った場合
 イ 居住する者が、その住宅の住宅ローンを支払った場合
(5)婚姻中の夫婦間の債務の清算

第4章 扶養的財産分与
1 扶養的財産分与の意味
(1)扶養的財産分与の性質
 ア 予後効説
 イ 清算説
 ウ 離婚手当説
 エ 補償的財産分与説
(2)扶養的財産分与の内容
 ア 扶養的財産分与額算定の基準
 イ 扶養的財産分与の変更の可否
2 考慮要素
(1)義務者側の事情
 ア 財産状況
 イ 義務者に被扶養者がいる場合
 ウ 義務者の有責性
(2)権利者側の事情
 ア 清算的財産分与、慰謝料、固有財産が相当程度ある場合
 イ 収入の有無
 ウ 再婚等
 エ 就労困難であること
 オ 住居確保の必要性
 カ 被扶養者がいること
 キ 有責性
3 扶養的財産分与の態様
(1)生計費を給付する態様
(2)就職を支援する態様
(3)住居確保を支援する態様
(4)清算的財産分与の額を増額する態様

第5章 具体的分与方法
1 分与の方法
2 金銭による分与
(1)支払方法
(2)支払の確保の手段
 ア 抵当権設定
 イ 同時履行
 ウ 代物弁済
3 現物による分与
(1)不動産を夫婦の一方に帰属させる場合
 ア 住宅ローンのない不動産
 イ 住宅ローンのある不動産
(2)退去・明渡し
4 利用権の設定
(1)利用権設定の可否
(2)敷地が固有財産である場合
(3)住居確保の必要による利用権の設定
(4)収入確保のため必要な場合
5 その他の財産権の移転
(1)動 産
(2)債 権
 ア 預貯金・有価証券
 イ 生命保険
 ウ ゴルフ会員権
 エ 賃借権等

第6章 財産分与審判の主文
1 財産分与の審判
(1)審判事項
(2)申立てとの関係
(3)理由等
2 不動産の財産分与
(1)権利関係を形成する主文の要否等
 ア 財産分与による権利変動
 イ 財産分与対象財産全部の帰属を主文に掲げる立場
(2)給付を命じる主文
 ア 移転登記手続を命じる主文
 イ 引渡しを命じる主文
(3)不動産利用権設定の主文
3 動産の財産分与
(1)権利関係を形成する主文の要否等
(2)給付を命じる主文
4 債権の財産分与
(1)権利関係を形成する主文の要否等
(2)給付を命じる主文
 ア 概 説
 イ ゴルフ会員権
 ウ 不動産利用権
5 その他の財産権の分与
6 金銭支払による財産分与
(1)形成を命ずる主文の要否等
(2)主文の表示
(3)将来の給付を認める例
(4)代物弁済を命じた例
7 債務の負担に関する主文
(1)債務の負担者を定める主文
(2)債務引受・履行引受
(3)債務の内部分担に関する主文
8 その他・不作為を命じた事例
9 抗告審の主文

第7章 財産分与と詐害行為等
1 財産分与と詐害行為の関係
2 詐害行為となる場合
3 破産法における否認権と財産分与

第8章 財産分与に伴う税金
1 贈与税
(1)財産分与についての課税
(2)贈与税が課される場合
(3)離婚前の贈与
 ア 財産分与と称する離婚前の贈与
 イ 配偶者への居住用不動産の贈与の特例
2 譲渡所得税

付 録 条項集
1 金銭による財産分与
2 不動産の分与
3 住宅ローン付き不動産の分与
4 建物明渡し
5 その他の財産
6 処分清算
7 保全の取下げ

索 引
○事項索引
○判例年次索引

●内容を一部変更することがありますので、ご了承ください。

目次の先頭へ

関連書籍・商品

家事財産給付便覧

家事財産給付便覧

編集/家事実務研究会 

■価格(税込):18,360円

問答式夫婦親子の法律実務

問答式夫婦親子の法律実務

編集/日本女性法律家協会 家族法実務研究会 編集委員/野田愛子、鍛冶千鶴子、土肥幸代、相原佳子、石黒清子、大谷美紀子、小田八重子、藤重由美子 

■価格(税込):19,440円

Q&A家事事件の実務と手続

編集/家事事件実務研究会 代表/松本芳希(大阪家裁所長)、並木正男(京都家裁所長)、古川行男(神戸家裁所長)

■価格(税込):12,960円

増加・多様化する家事事件。実際の事件処理で活用できる実務書!

家事事件手続モデル書式・文例集

家事事件手続モデル書式・文例集

編集/家事事件手続研究会 代表/杉井静子(弁護士)

■価格(税込):14,040円

家事事件手続法に対応した書式・文例を多数登載

離婚事件処理の実務

離婚事件処理の実務

編集/離婚事件処理実務研究会  代表/冨永忠祐(弁護士)

■価格(税込):11,340円

離婚事件の問題点を網羅した実務解説書! 

〔新版補訂〕家事事件の申立書式と手続

〔新版補訂〕家事事件の申立書式と手続

共著/長山義彦、篠原久夫、浦川登志夫、西野留吉、岡本和雄

■価格(税込):7,020円

実例をもとに想定される様々な事例を豊富に登載!

審判例にみる 家事事件における事情変更

審判例にみる 家事事件における事情変更

著/平田厚(明治大学法科大学院教授・弁護士)

■価格(税込):4,428円

判断の指針となる事例を集約した唯一の書! 

2分の1ルールだけでは解決できない 財産分与額算定・処理事例集

2分の1ルールだけでは解決できない 財産分与額算定・処理事例集

編著/森公任(弁護士)、森元みのり(弁護士)

■価格(税込):3,780円

一筋縄ではいかない事件を柔軟に解決するために! 

家事事件における 保全処分の実務と書式

家事事件における 保全処分の実務と書式

編著/佐藤裕義(大船渡簡裁判事兼気仙沼簡裁判事)

■価格(税込):4,752円

迅速で適切な申立てのために!

養育費・扶養料・婚姻費用 実務処理マニュアル

養育費・扶養料・婚姻費用 実務処理マニュアル

編著/冨永忠祐(弁護士)

■価格(税込):3,240円

養育費・扶養料・婚姻費用をめぐる事案処理の流れを一冊に! 

判決例・審判例にみる 婚姻外関係 保護基準の判断

判決例・審判例にみる 婚姻外関係 保護基準の判断

著/平田厚(明治大学法務研究科教授・弁護士) 

■価格(税込):4,644円

法律婚外の関係をめぐる法的保護の指針となる一冊! 

不貞慰謝料の算定事例集

不貞慰謝料の算定事例集

編著/久保田有子(弁護士)

■価格(税込):4,968円

不貞慰謝料の相場観がつかめる! 

「子の利益」だけでは解決できない 親権・監護権・面会交流事例集

「子の利益」だけでは解決できない 親権・監護権・面会交流事例集

編著/森公任(弁護士)、森元みのり(弁護士)

■価格(税込):4,536円

容易ではない紛争解決の道標となる一冊!

事例解説 当事者の主張にみる 婚姻関係の破綻

事例解説 当事者の主張にみる 婚姻関係の破綻

編著/赤西芳文(弁護士・元大阪高等裁判所部総括判事)

■価格(税込):4,644円

裁判で効果的な主張をするために!

婚姻費用・養育費の算定

婚姻費用・養育費の算定

著/松本哲泓(弁護士・元大阪高等裁判所部総括判事)

■価格(税込):3,564円

裁判官による事例研究の成果を書籍化! 

このページの先頭へ

加除式(追録)をご購読のお客様

加除式購読者情報サービス

※ログインの際、加除式購読者お客様No.と弊社にご登録いただいているお電話番号が必要です。

会員に入会する

※弊社加除式書籍の追録をご購読のお客様のみご入会いただけます。

加除式購読者Web会員(無料)について

各種ダウンロード

※ダウンロードサービス対象書籍をご購入の方は、こちらから書式データをダウンロードすることができます。


電子版の閲覧方法
お客様サポート・ガイド
セミナーのご案内
ご購入者特典無料セミナー 特設ページ
法律の電子書籍販売サイト-eBOOK STORE
新日本法規オンライン
e-hoki 「法律の現在がわかる」
新日本法規の公式Facebookページです。
新日本法規の公式Twitterページです。
パートナーシップ業務提携企業
ウエストロー・ジャパン株式会社
ウエストロー・ジャパン株式会社
株式会社ロータス21
株式会社ロータス21
販売支援企業
日本電算企画株式会社
日本電算企画株式会社
Copyright(C) 2007. SHINNIPPON-HOKI PUBLISHING CO.,LTD.

会社情報

|

採用情報

|

ご利用規約

|

プライバシーポリシー

|

特定商取引法に基づく表示