主催 日本経営税務法務研究会 監修 鳥飼総合法律事務所

│ 印紙税検定について │ 印紙税検定の概要 │ 印紙税検定Q&A │

印紙税検定について

印紙税検定とは

特徴

◆印紙税の専門家を養成する目的で創られた講座

◆初級篇は、印紙税法の考え方の基礎を身に付けるための講座で、事例を交えてわかりやすく解説

◆受講者のご都合に合わせて繰り返し受講できるインターネット講義形式

◆章毎に基礎が身に付く確認テスト、最後に習得を確認する修了テスト、様々な問題形式で法的思考が学べる

印紙税検定とは

「人の迷いどころを、あなたの強みに」

現代社会において、契約書などの文書は、日々の経済取引に不可欠なものです。その契約書などの文書に必ずと言っていいほどついて回るのが印紙税です。その一方で、印紙税が必要かどうかについては、なかなか難しく、一体誰に相談すればいいのか分からないというお声も多く聞かれます。

それでいて、意外にも士業においても、印紙税の専門家がほとんどいないという専門家不在の空白領域となっている現状がうかがえます。

そこで日経税では、印紙税の空白領域を埋める印紙税の専門家を養成する講座を創設することに致しました。

当検定初級では、印紙税に関する法令や通達等の読み方の習得から、具体的な契約書などの文書の事例において、課否判断という法的思考の基礎をしっかり講義し、かつ、練習していただき、その法的思考を身に付けていただくことを中心としました。

当検定が皆様のスムーズな印紙税業務に貢献できれば幸いでございます。

無 料 体 験 版

体験版内容

体験版では、第1回「印紙税の目的」と第2回「法的思考と印紙税の基本」の一部をご受講いただけます。

【講義】

  第1回  印紙税検定の目的

  第2回  法的思考と印紙税の基本(一部)

【確認テスト】

  第2回  法的思考と印紙税の基本

体験版詳細

◆コース内容:講座約1時間、確認テスト

◆受講期間:1週間

◆受講方法:インターネット講義及びインターネット試験

◆受講料:無料


無料体験版へのお申込みはこちら

※印紙税検定(日経税)の申込フォームに移動します。

※お申込みには無料会員登録が必要です。


◆◆◆ 印紙税検定のサンプル動画 ◆◆◆



このような方におすすめです

●差別化をしたい士業

契約書など文書の相談・チェックを任される弁護士

クライアント様から印紙税の相談を受けることの多い税理士

●印紙を貼るべきかどうかを判断している経理担当者

●社内で印紙税について質問を受ける法務担当者

●法律経理に興味のある学生の方

●転職に有利な専門性を持ちたいと希望している方々

このような効果が期待できます

●印紙を貼るか否かの判断ができるようになる

●ちょっとした工夫で印紙を貼らずに済むテクニックが身に付く

●印紙税を通じて法的思考の方法が身に付く

●士業の同業者との差別化を図る有力なツールができる

会長よりご挨拶

「たかが、200円の印紙税」でも印紙税の課税次第では「売上4億円を失う」税金問題に発展することもある印紙税実務は、キャッシュフロー経営の中核の課題です。

経営に影響を与える印紙税は、不幸にもプロの専門家が不在の空白領域です。

その空白領域において、印紙税検定は、印紙税のプロへの道を拓くものです。

拙著の「法的思考が身に付く 実務に役立つ 印紙税の考え方と実践」は、印紙税のプロになるために必要な基本的な考え方、身に付け方を説いた教科書です。同時にその本は、印紙税検定の初級篇の教科書でもあります。

この教科書を使って、印紙税を課税する文書かどうかの判断という法的思考を身に付けることができるようにする基礎をしっかり学んでいただきます。

同時に、印紙税の課税文書になるか否かの判断方法を身に付けるための具体的な問題に回答するというテストを受けていただきます。

このテストは何回でも受検することが可能です。

是非、印紙税検定を受講してください。その結果として、印紙税実務に精通する印紙税の立派な専門家になっていただきたいと思っております。

(株)日本経営税務法務研究会
会長 鳥飼 重和

ページトップへ

印紙税検定の概要

印紙税検定初級篇

講義内容

印紙税に関する基本的な知識、印紙税に関する法令や通達等の読み方の習得、そして具体的な契約書の事例を用いて、課否判断の基礎を習得していただくことを中心に講義していきます。

第1回  印紙税検定の目的

第2回  法的思考と印紙税の基本

第3回  課税文書と非課税文書

第4回  印紙税法上の契約書

第5回  契約金額と記載金額

第6回  所属の決定

第7回  第1号文書の課否判断

第8回  第2号文書の課否判断

第9回  第7号文書の課否判断

第10回 第17号文書の課否判断

第11回 納税義務者と納税地、税務調査

講師紹介

鳥飼重和

鳥飼総合法律事務所代表

2013年に日本経済新聞社が調査した「企業が選ぶ弁護士ランキング」で、企業票及び企業・弁護士票の両方で「税務部門」1位となる。2016年の調査では、企業・弁護士票の総合ランキングで「税務部門」で1位。企業票では「税務部門」で2位となる。

税務実務の全体像を見渡すと、広大な職域における宝の山とその下の地雷原とが見える。そこで、安全・安心を確保して宝の山で宝を掘り出せるように、税務実務での税理士と弁護士との必須の協力関係を構築するというイノベーションを唱えている。

公式テキスト

法的思考が身に付く 実務に役立つ 印紙税の考え方と実践

著/鳥飼重和(弁護士・税理士)
編集/株式会社 日本経営税務法務研究会
販売/新日本法規出版株式会社


>>>書籍のご購入はこちら<<<



検定詳細

◆開講日:2017年8月22日(火)

◆受講期間:ID、パスワードの発行から4ヶ月間

◆受講方法:インターネット講義及びインターネット試験

◆内容:印紙税法の基礎的知識と基礎的な実務の理解

◆受講料:70,000円(税別)

◆合格後:修了証がダウンロードできるようになります。

◆資格更新:なし

受講の流れ

「印紙税検定初級篇」へのお申込みについて

個人でのお申込み  │  法人でのお申込み

※印紙税検定(日経税)の申込フォームに移動します。

FAXでお申込みの方は、下のリンクからお申込用紙(PDF)をダウンロードしてご利用ください。
FAXお申込用紙

印紙税検定中級篇

Coming Soon

印紙税検定上級篇

Coming Soon

ページトップへ

印紙税検定Q&A

Q1、印紙税検定を受検するための条件等はありますか?

特にございません。企業にお勤めの方から弁護士、税理士の士業の先生方、または一般の学生の方等、どなたでもご受検いただけます。

Q2、修了テストはいつ、どうやって受けるのですか?

修了テストを受けていただく前に約9時間の印紙税に関する講義を受けていただきます。またそれぞれの章には確認テストというものがあり、各章の復習をしていただきます。全ての章の確認テストをクリアいたしますと修了テストが受検できるようになります。

Q3、支払い方法はなにが使えますか?

クレジットカード、銀行振込みにてお支払いいただけます。

Q4、検定後の更新や会費はありますか?

印紙税検定初級篇については更新・会費はございません。中級篇以降につきましては更新等を予定しております。

Q5、合格できずに受講期間を過ぎた場合はどうなりますか?

4ヶ月の受講期間内に修了テストを合格されなかった場合は不合格となり、印紙税検定初級篇の修了証を付与することができません。しかし、受講期間内であれば繰り返し講義・テストも受講可能ですので、余裕を持ってご受講されれば、合格できるものと考えております。

Q6、印紙税検定中級篇・上級篇とはどのようなものですか?

印紙税検定中級篇・上級篇は、印紙税実務の専門家になるのに相応しく、より実践的なものを考えております。初級篇よりも、更に実践的な契約書などの文書に関する実務的な講座になります。この印紙税検定中級篇を受講された皆様には、「印紙税管理士®」になるための道が拓けます。

中級篇・上級篇の詳細が決まりましたらHP等に記載いたします。

Q7、動画の視聴環境はどういったものですか?

  機器 仕様
OS PC Windows 8.1以上または7/Mac OSX Yosemite以上
iPhone iOS8以上
Android Android4.1以上
※Firefoxはブラウザ側の制限により、プロテクト配信およびライブ配信はご利用頂けません。
CPU PC Pentium4 1.8GHz以上
ブラウザ PC Internet Explorer 11以上/Firefox/Safari/Chrome
※Internet Explorerは上記対象OS上での最新版のみサポートです。
※CookieとJavascriptを有効にして下さい。
Flash Player PC Ver 18以上
iPhone 不要
Android 不要

Q8、検定を受検するにあたっての利用規約等はございますか?

http://www.nikkeizei.co.jp/inshikiyaku

こちらが利用規約になります。

Q9、申込後にキャンセルはできますか?

クレジットカード決済の場合、お申込み後のキャンセルは受け付けておりません。

銀行振込みの場合、お申込みを頂きましてから7日間以内にご入金が確認できない時は勝手ながらキャンセル扱いとさせていただきます。入金後のキャンセルは受け付けておりません。

お問い合わせ

新日本法規出版(株) 営業局
〒460-8455 名古屋市中区栄一丁目23番20号
TEL:〈052〉211-1525(代) FAX:〈052〉211-1522