• 会計・経理
  • 単行本

[単号]週刊T&Amaster No.915(2022年1月24日号)

編集・発行/株式会社ロータス21

電子書籍の購入には
会員ログインが必要です。
お気に入りに登録

電子書籍を購入する

価格
687 (税込)
ポイント 0 pt

電子書籍のため、会員登録が必要です。

新規会員登録 / ログイン

※印刷機能はありません

概要


3分野の目まぐるしい改正にも素早く対応!今までにない一歩先を行く専門誌です!

Speed
「ウェブサイト」(専門誌初!24時間体制で記者が更新!!)
最新ニュースをリアルタイムに掲載。情報の速さは日本一。
最近の動向が一目でわかる項目別表示、検索機能付。

Quality
「週刊誌」(毎週発行)税制改正情報、税務通達の解釈、新会計基準・商法改正ニュース等を掲載。
豊富な著者陣による実務に役立つ特集・連載記事。
●最重要ニュース
●実務解説
●Q&A読者オンライン相談室
●コラム
●最新判決研究

商品情報

商品コード
81242203
ページ数
44
発行年月
2022年1月

目次

週刊T&Amaster No.915(次号 No.916は2022年1月31日発行です)

【特集】
・移転価格税制と寄附金課税で注目裁決
 寄附金を巡る最近の裁決事例

【今週のニュース】
・控訴審も「寡夫控除」の所得要件を容認
・特定口座の上場株式、信託後も税の恩典
・電子記録移転権利、実務対応報告案を公表へ
・再リース料、現行と同じく発生時の費用
・有報における男女別の賃金開示を検討へ
・from Internet

【解説】
・最新判決研究
 小規模宅地等(特定事業用宅地等)の課税特例における「生計を一にしていた」の要件
 筑波大学名誉教授・弁護士 品川芳宣
・監査に関する品質管理基準の改訂について
 金融庁企画市場局企業開示課課長補佐 中野寛之
 金融庁企画市場局企業開示課専門官  加藤淳平
 金融庁企画市場局企業開示課係長   水島達哉
・我が国の主要な企業の監査報告書において開示された監査上の主要な検討事項(KAM) 3
・過去のデリバティブ取引も資産の運用保有所得に該当せず
 編集部

【重要資料】
・市街地再開発事業により中断した貸付事業を相続開始前3年以内に再開した場合の小規模宅地等についての相続税の課税価格の計算の特例(租税特別措置法第69条の4)の適用について

【コラム・その他】
・税理士事務所回覧用 月曜朝イチCHECK
・劇団四季のミュージカル出演者がスマホで確定申告体験
・不法行為による損害賠償債務の損害遅延金、元本に組入れできず
・今週の専門用語
 最高裁昭和60年判決/女性の役員への登用状況の開示/民法405条(利息の元本への組入れ)

加除式購読者のお客様へ

本書は加除式書籍です。
本書をご購入いただくには、今後、法令改正等に応じて弊社がその都度発行する「追録」(有料)をあわせて購入いただく必要があります。

ご不明な点はフリーダイヤル0120-089-339にお問い合わせください。