新日本法規財団 奨励賞

事業の目的

法律学の発展に顕著な貢献が認められる若手研究者や実務家の調査研究を表彰することにより、受賞者のより一層の活躍を期待し助成を行うことを目的とする。

賞の名称

新日本法規財団 奨励賞

授賞履歴

これまでの授賞履歴

第6回(2016年度)「新日本法規財団 奨励賞」 募集要項

1.応募資格

本賞の受賞経験のない、以下に該当する方

・大学院生、研究者、弁護士・会計士・税理士等の実務家等

・法律・会計・税務の分野で活躍する方又は将来活躍が見込まれる方

2.対象分野

・会計・税制分野

・会社法制分野

3.奨励金

・会計・税制分野 最優秀 50万円
優 秀 30万円
・会社法制分野 最優秀 50万円
優 秀 30万円

4.募集期間

・2016年 9月1日〜10月31日(必着) ※持ち込み不可

5.応募方法

(1)提出書類

I 応募用紙

II 対象論稿

・使用言語は原則として日本語とします。

・既発表の論稿も応募できます。その場合は応募用紙に発表先・掲載先を明記してください。

・論文は、A4判用紙に横書きとし、1ページ38字×40行に統一してください。

・文字数は本文部分のみで10万字以内とします。表紙、要旨、目次、脚注、参考文献及びデータ・図表は文字数に含めません。

・応募論稿の著作権には十分に配慮してください。論稿の内容が第三者の著作権等の権利を侵害していると判断した場合には、受賞を取り消すことがあります。なお、応募論稿の著作権等に関する問題が発生した場合には、すべて応募者の責任とし、第三者から損害賠償等が提起された場合には、当財団は一切責任を負いかねますのであらかじめご了承ください。

※「発表」とは、学位論文としての発表のほか、出版物、Web上、会議録など記録に残る形でのあらゆる公表をいいます。なお、これには応募いただいた論稿が既発表のものを再編成、再構成したものである場合を含みます。

(2)応募用紙の入手

・応募用紙は、下のリンクからダウンロード(保存)してください。

→ 応募用紙はこちら(Microsoft Word)

(3)応募用紙・論稿の送付

※応募は、「電子申請」と「用紙申請」の両方をご提出ください。

I 「電子申請」

応募用紙及び対象論稿を添付ファイル形式(Microsoft Word)で電子メールにて送信してください。

II 「用紙申請」

応募用紙及び対象論稿を印刷(プリントアウト)し、本財団宛に郵送してください。

(4)応募書類の受理

・応募書類到着後、受理したことを電子メールでご連絡いたします。

・本賞以外で同種の賞に応募した論稿については募集の対象となりません。また、提出いただいた書類に不備がある場合は受理できませんので、ご留意ください。

6.選考方法

・「新日本法規財団 奨励賞」選考委員で構成される選考委員会において選考します。

7.選考結果の通知

・2017年2月末までに文書にて応募者にお知らせします。

・2017年3月に表彰式を行う予定です。

8.お問い合わせ、応募先

・一般財団法人 新日本法規財団 事務局

〒460-8455 名古屋市中区栄一丁目23番20号

TEL(052)211-5806 FAX(052)232-2765

E-mail  shorei@sn-hoki.co.jp

(留意事項)

・応募にあたり、当財団ホームページの「プライバシーポリシー」をお読みいただきますようお願いいたします。

・受賞決定理由のお問合せには応じかねますのでご了承ください。

・ご提出いただいた応募書類は返却致しませんので、予めご了承ください。

・受賞論稿を小冊子に纏め、大学等関係各機関に寄贈いたします。

・受賞者氏名、受賞論稿の要旨等を専門雑誌『週刊T&Amaster』と当財団のホームページFacebookページに掲載します。

・受賞の公表後、未発表論稿の閲覧希望者が出た場合には、著作権を考慮し、受賞者にご相談の上、複写を禁止し無償にて提供することがあります。