カートの中身空

閲覧履歴

最近閲覧した商品

表示情報はありません

最近閲覧した記事

一般2022年06月02日 不用品回収、高額請求注意 「追加費用なし」誇大広告 提供:共同通信社

 不用品や粗大ごみの回収サービスで追加費用が一切ないというウェブサイト上の表示は「虚偽・誇大な広告・表示」に当たるとして、消費者庁は1日、消費者安全法に基づき2社の事業者名を公表し、注意喚起した。
 消費者庁によると、2社は「ADW」(東京都港区)と「Triple R」(福岡県桂川町)。同じ男性が代表を務め、「KADODE」などのサイト上に「定額パック料金は全てが込み込み」「追加費用一切なし」といった表示をしていた。
 実際の回収を委託された別業者が不用品をトラックに積んだ後、処分やリサイクルに別途料金がかかると説明し、パック料金を上回る額を請求した事例があった。
 料金を2万円と想定していた利用者に、最大で50万~60万円を提示したケースも。南関東や近畿地方などの消費生活センターには2019年9月から先月までに391件の相談が寄せられており、同庁は「作業前に見積もりを取るなどして、料金を確認して」と呼びかけている。

(2022/06/2)
(本記事の内容に関する個別のお問い合わせにはお答えすることはできません。)

ここから先は新日本法規WEB会員の方のみ
ご覧いただけます。

会員登録していただくと、会員限定記事の閲覧のほか、様々なサービスをご利用いただけます。登録は簡単・無料です。是非ご利用ください。

ログイン新規会員登録

  • bnr-購読者専用ダウンロードサービス
  • 法苑
  • 裁判官検索