カートの中身空

閲覧履歴

最近閲覧した商品

表示情報はありません

最近閲覧した記事

一般2020年07月10日 ペット業者の飼育数制限へ 犬猫交配は原則6歳まで 動物愛護、環境省基準案 提供:共同通信社

 動物の適正な飼育方法を話し合う環境省の検討会が10日開かれ、同省は繁殖業者やペットショップに対して、犬猫の交配可能年齢や、従業員1人当たりの飼育数などを規制する基準案を示した。交配は犬猫とも原則6歳までに制限。繁殖業者では従業員1人当たりの繁殖犬の飼育数は15匹、猫は25匹までとし、販売業者は1人当たり犬20匹、猫30匹を上限とする。
 繁殖・販売業者の一部で、犬猫が高齢になっても繁殖させたり、身動きが取りにくい狭いケージに入れたりするといった劣悪な飼育が問題化。案では例外的に犬が6回未満、猫が10回未満の出産回数の場合には交配を7歳まで認めた。従業員1人当たりの飼育数は繁殖犬や猫のほうが世話に時間がかかるとして人手が多くなるようにした。
 また、犬猫を入れるケージの広さは個体差に応じ1.5~3倍で設定。閉じ込めて飼うことを防ぐため、運動スペースの確保と3時間以上の運動を義務化。ふんが付いて固まっているなど、不適切な状態を規制する基準も設けた。
 小泉進次郎環境相は同日の閣議後記者会見で、悪質業者を排除する明確な基準と、自治体がチェックしやすい統一的な考え方などを案に記したとし「動物の健康や安全を確保する動物愛護の考えで進める」と語った。
 環境省は、違反を繰り返した悪質業者については飼育業登録を取り消す方針。今年夏までに検討会で案を取りまとめ、10月ごろをめどに中央環境審議会に諮った後、来年施行の動物愛護法改正省令に盛り込む。
 動愛法には、業者に対する規制についてあいまいな表現しかなく、悪質なケースが発覚しても自治体は十分な監督や指導が行えなかった。このため昨年6月に成立した改正動愛法には、できる限り具体的な基準を省令で設けるよう定められ、環境省が検討を進めていた。

環境省の基準案ポイント 

 環境省が示した業者の適正な動物管理基準案のポイントは次の通り。
 一、犬猫の交配は原則6歳まで。出産回数が犬は6回未満、猫は10回未満の場合は例外的に7歳まで認める。
 一、従業員1人当たりの飼育数は繁殖業者では繁殖犬15匹、猫25匹までとし、販売業者は犬20匹、猫30匹が上限。
 一、犬猫を入れるケージの広さは個体差に応じ1.5~3倍で設定。運動スペースを確保し、1日3時間以上運動させる。

(2020/07/10)

(本記事の内容に関する個別のお問い合わせにはお答えすることはできません。)

ここから先は新日本法規WEB会員の方のみ
ご覧いただけます。

会員登録していただくと、会員限定記事の閲覧のほか、様々なサービスをご利用いただけます。登録は簡単・無料です。是非ご利用ください。

ログイン新規会員登録

  • bnr-購読者専用ダウンロードサービス
  • 法苑
  • 裁判官検索