カートの中身空

閲覧履歴

最近閲覧した商品

表示情報はありません

最近閲覧した記事

知的財産2020年07月22日 転載で氏名削除、権利侵害 ツイッター写真、最高裁 投稿者の情報開示命令 提供:共同通信社

 ツイッターで他人の投稿を転載するリツイートの仕様で写真がトリミングされ、隅に載せていた自分の名前が表示されなくなり、著作者としての権利を侵害されたとして、写真家が米ツイッター社に投稿者の情報開示を求めた訴訟の上告審判決で、最高裁第3小法廷(戸倉三郎(とくら・さぶろう)裁判長)は21日、著作者の氏名表示権が侵害されたとの判断を示した。
 権利侵害の主体は、リツイートの投稿者だと認定。投稿者のメールアドレスの開示を命じた二審知財高裁判決を支持した。ツイッター社側の敗訴が確定した。裁判官5人のうち4人の多数意見。
 ツイッターなど会員制交流サイト(SNS)では転載が珍しくないが、著作者の権利を侵害しないよう注意を促す判決と言えそうだ。ツイッター社の対応も注目される。
 ツイッタージャパンは「コメントは差し控える」としている。
 判決などによると、原告の男性が撮影し、自身のウェブサイトに掲載したスズランの写真が無断でツイッター上に投稿され、さらに別の人がリツイートした。元の写真の隅には著作者として男性の名前やサインが書かれていたが、リツイート後の写真は仕様により、上下がトリミングで切り取られ、名前が表示されていなかった。
 第3小法廷は「名前が削られた写真が一般の利用者の端末上に表示された」と指摘。著作権法が保障する、作品に著作者の名前を表示する権利を投稿者が侵害したと認定した。
 林景一(はやし・けいいち)裁判官は反対意見を表明。「写真が切り取られたのはシステムの仕様なのに、投稿者を権利侵害の主体と認めれば利用者側に大きな負担を強いることになる」として、情報開示を命じるべきではないと述べた。

安易な画像転載に警鐘 リツイート権利侵害訴訟

 【解説】ツイッターで写真を転載した際に生じるトリミングによって著作者名が削除されたことを権利侵害と認めた21日の最高裁判決は、安易な転載で、利用者も意図しないうちに権利を侵してしまう恐れがあることに警鐘を鳴らした判断と言える。
 ただ、トリミングはあくまでシステム上の仕様であり、表示方法を変更する権限のない利用者側に全ての責任を負わせるのは公平性に欠ける。
 ツイッターなど会員制交流サイト(SNS)の利用が一般的となった現在、利用者の意識を改めるだけでなく、運営会社側もシステム変更や利用者への周知徹底といった対応が求められそうだ。
 今回の訴訟で、最高裁は著作者の名前のない画像がトリミングされた場合についての判断は示しておらず、あらゆる画像の転載が直ちに権利侵害につながると確定したわけではない。
 しかし、著作者の名前のない画像も誰かの作品であり、トリミングによって作品が改変される恐れがあることは意識しておく必要があるだろう。

(2020/07/22)

(本記事の内容に関する個別のお問い合わせにはお答えすることはできません。)

ここから先は新日本法規WEB会員の方のみ
ご覧いただけます。

会員登録していただくと、会員限定記事の閲覧のほか、様々なサービスをご利用いただけます。登録は簡単・無料です。是非ご利用ください。

ログイン新規会員登録

  • bnr-購読者専用ダウンロードサービス
  • 法苑
  • 裁判官検索