カートの中身空

閲覧履歴

最近閲覧した商品

表示情報はありません

最近閲覧した記事

医療・薬事2020年07月29日 特養おやつ事故、逆転無罪 准看護師の過失否定 ドーナツ提供、入居者死亡 提供:共同通信社

 長野県安曇野市の特別養護老人ホームで2013年、入居者の女性=当時(85)=が、おやつのドーナツを食べた後に死亡した事故を巡り、業務上過失致死罪に問われた女性准看護師の控訴審判決で、東京高裁は28日、罰金20万円とした一審長野地裁松本支部判決を破棄し、逆転無罪を言い渡した。大熊一之(おおくま・かずゆき)裁判長は、准看護師がドーナツを提供したことが刑法上の注意義務に反するとは言えないと判断した。
 施設内での介護の過失に絡み職員個人の刑事責任が問われたのは異例。介護現場では「萎縮につながる」との異論も多く、無罪を求める署名が延べ約73万筆集まるなど、二審の判断が注目されていた。
 無罪となったのは准看護師の山口(やまぐち)けさえ被告(60)。13年12月12日、勤務先の老人ホーム「あずみの里」で、ゼリー状のおやつを提供するとされていた女性にドーナツを配膳した過失で、女性を窒息させ、約1カ月後に低酸素脳症で死亡させたとして在宅起訴された。
 高裁判決は、ドーナツは女性が入所後にも食べていた通常の食品で、窒息の危険性の程度は低かったと指摘。事故の1週間前に、おやつの形態を変更した申し送りは「介護職員間の情報共有であり、日勤の看護業務を続ける中では容易に知り得なかった」とし、ドーナツの提供によって女性が死亡する結果を予測できる可能性は相当低かったと結論付けた。
 おやつを含めた食事は「健康や身体活動を維持するためだけでなく、精神的な満足感や安らぎを得るために重要だ」とも述べ、身体に危険が伴う医療行為とは注意義務の程度が基本的に異なるとの考えも示した。
 19年3月の一審判決は、申し送りの内容を確認して事故を防ぐ義務を怠ったとしていた。
 判決後、准看護師は東京都内であった報告集会に参加し「6年半という長い間支えていただき、ありがとうございました」と、涙ぐみながら支援者らに感謝の言葉を語った。

介護の実態踏まえ判断 特養おやつ事故

 【解説】特別養護老人ホームのおやつ死亡事故で、女性准看護師を逆転無罪とした28日の東京高裁判決は、被告や被害者の当時の状況を詳細に見極め、争点の「窒息死を予見できた可能性」を否定した。介護の実態を踏まえた判断と言える。
 有罪とした一審判決は、特養の利用者の場合、おやつの形態によっては生命・身体に危険が生じる可能性があり、間違って配膳すれば死亡もあり得ることを十分予見でき、おやつの変更の有無をしっかり確認すべきだったと判断した。
 しかし高裁判決は、予見可能性についての一審判断が抽象的と批判。より具体的に検討すべきだと指摘した。
 その上で(1)被害者は1週間前までドーナツを食べていた(2)ゼリーに変更した主目的は嘔吐(おうと)防止で、ドーナツによる窒息の危険性は相当低かった(3)変更は介護士チーム内での引き継ぎ事項で、准看護師に確認義務はなかった(4)准看護師はたまたま配膳を手伝ってあげた―と列挙し、予見可能性はなかったと結論付けた。
 事件を受け、介護現場では、おやつの提供を控えるなどの動きも出た。高裁判決は、ゼリーでも窒息する可能性を否定し切れない点を踏まえ「おやつを含めた食事は精神的な満足感や安らぎを得るためにも有用」と提供の意義にも言及。現場に広がっていた萎縮や不安を払拭(ふっしょく)しようとする姿勢も見せた。

判決要旨

 女性准看護師(60)を逆転無罪とした28日の東京高裁判決の要旨は次の通り。
 【主文】
 一審判決を破棄する。被告は無罪。
 【理由】
 被害者の女性には窒息の要因の一つである嚥下(えんげ)障害は認められず、入所から事故の1週間前までドーナツを含む間食(おやき、いももち、今川焼きなど)を食べていた。窒息を招くような事態が生じたことはなく、ドーナツで女性が窒息する危険性の程度は低かった。
 女性の間食がゼリー系のものに変更されていたことは介護資料にしか記載されていなかった。一審判決は、被告は勤務のたびに各チームについて申し送り、利用者チェック表をさかのぼって確認する義務があり、義務を履行していれば変更を知り得たとした。
 しかし、申し送り、利用者チェック表は介護資料で、その記載が日勤の看護師に対する引き継ぎのためのものであったとは認められない。一審判決には飛躍があり、被告が事前に介護資料を確認して間食の変更を把握していなかったことが職務上の義務に反するものであったとは言えない。
 看護職員と介護職員の間には各利用者の健康状態についての情報を共有する一定の仕組みがあったが、間食の変更は被告が日勤の看護業務を続ける中では容易に知り得なかった。被告が事前に変更を把握していなかったことが職務上の義務に反するとの認識は持ち得なかったことにも照らせば、ドーナツで女性が窒息する危険性ないしこれによる死亡の結果の予見可能性は相当に低く、被告がドーナツを提供したことは刑法上の注意義務に反していない。
 窒息の危険性が否定し切れないからといって、食品の提供が禁じられるものではない。間食を含めて食事は人の健康や身体活動の維持だけではなく、精神的な満足感や安らぎを得るために有用かつ重要。その人の身体的リスクなどに応じて、さまざまな食物を摂取することは必要だ。食品の提供は、手術や医薬品の投与などの医療行為とは大きく異なる。
 【結論】
 一審判決を破棄し、さらに判決する。被告が女性に提供すべき間食の形態を確認し、これに応じた間食を被害者に提供する業務上の注意義務があったとは言えず、犯罪の証明がないことになるから、被告に無罪を言い渡す。

十分話し合う機会を 識者談話

 介護事故に詳しい法政大の長沼建一郎(ながぬま・けんいちろう)教授(社会法学)の話 介護施設での食事提供について、具体的な危険を予見できない限り介護スタッフを罪に問うことはできないと指摘しており、妥当な判決だ。一審判決は「少しでも危険だと分かっていたのなら過失だ」という内容だった。有罪が維持されていれば、あらゆる介護行為が罪になる恐れがあり、施設内での運動やレクリエーションなども難しくなっただろう。施設側は事故のリスクも含め、どのような介護を希望するのか、入居者側と十分話し合う機会を持つことが望ましい。

判決内容を十分に検討 関係者談話

 東京高検の久木元伸(くきもと・しん)次席検事のコメント 判決内容を十分に検討し、適切に対処したい。

個人の責任問う異例裁判 関係者談話

 あずみの里を運営する「協立福祉会」の高津隆行(たかつ・たかゆき)事務局長の話 介護現場では、いつ事故が起こってもおかしくない状況だ。それを一個人である准看護師に刑事責任を問うという異例の裁判だった。無罪判決が同じ介護現場で働く人々にとって、安心して職務に従事できるきっかけになってほしい。

(2020/07/29)

(本記事の内容に関する個別のお問い合わせにはお答えすることはできません。)

ここから先は新日本法規WEB会員の方のみ
ご覧いただけます。

会員登録していただくと、会員限定記事の閲覧のほか、様々なサービスをご利用いただけます。登録は簡単・無料です。是非ご利用ください。

ログイン新規会員登録

  • bnr-購読者専用ダウンロードサービス
  • 法苑
  • 裁判官検索