• 相続・遺言
  • 加除式書籍

遺産相続紛争事例データファイル

編集/遺産相続紛争事例研究会代表/仲隆(弁護士) 

お気に入りに登録

通常書籍を購入する

価格
13,750 (税込)
ポイント 1,375 pt
送料
730

本書は加除式書籍です。ご購入には「ご購入時の注意点」に同意していただく必要があります。

ご購入時の注意点

概要


遺産相続をめぐる紛争解決の指針となる判例を
コンパクトに整理!


◆最新の判例を収集・整理!
リーディングケースから最新の判例まで収集し、法的論点ごとに細かく分類・整理しています。
◆わかりやすい表組み体裁!
判例の要点を表形式で簡潔にまとめてありますので、事例を容易に把握することができます。


本書は、加除式書籍の本文検索サービスをご利用いただける書籍です。
購読中の加除式書籍の本文検索サービスはこちら

商品情報

商品コード
0603
サイズ
B5判
巻数
全1巻・ケース付
ページ数
1,350
発行年月
2011年4月

目次

第1章 相続の開始

第1 相続回復請求権

第2 相続財産に関する費用

第2章 相続人

第1 相続権の有無

第2 相続欠格

第3 相続人廃除

第4 内縁配偶者の権利

第3章 相続の効力

第1 相続の対象

1 物権

2 債権

3 債務

4 契約上の地位

5 団体構成員の地位

6 祭祀財産・遺骨

第2 相続と登記

1 登記手続請求の可否

2 対抗問題

第4章 相続分

第1 法定相続分

第2 指定相続分

第3 特別受益

1 特別受益の対象財産

2 特別受益の有無と評価

3 特別受益の持戻免除

4 特別受益の決定手続

第4 寄与分

1 寄与分を受ける者の範囲

2 寄与分の成否及び算定

3 寄与分の決定手続

第5 相続分の譲渡

第5章 遺産の処分

第6章 遺産分割

第1 適法性(遺言に関する紛争を含む)

1 手続選択の適法性

2 調停・審判手続の適法性

3 訴訟手続の適法性

4 その他

第2 遺産分割協議

1 成否

2 無効・取消・解除

3 債務の履行

4 遺言との関係

5 その他

第3 遺産の確認

1 共同相続人間

2 対第三者

第4 遺産分割の対象財産性

1 遺産共有の性質

2 現金

3 債権

4 契約上の地位

5 団体構成員の地位

6 債務

第5 遺産の使用・管理

第6 遺産からの収益

第7 遺産の代償財産

第8 遺産分割の方法

第9 遺産の評価

第10 遺産分割の禁止

第11 遺産分割における担保責任

第7章 相続の承認と放棄

第1 単純承認

第2 限定承認

第3 相続放棄

1 性質と効力

2 意思表示の瑕疵

3 熟慮期間

4 手続上の問題

5 その他

第8章 相続人の不存在

第1 相続財産法人と相続財産管理人

第2 特別縁故者

第9章 遺言の方式と効力

第1 遺言の解釈

第2 遺言の無効・取消し

1 遺言書の真否

2 方式の瑕疵

3 遺言能力

4 意思表示の瑕疵

5 公序良俗違反

第3 包括遺贈の効力

第4 特定遺贈の効力

第5 相続させる遺言の効力

第10章 遺言の執行

第1 遺言執行者の指定・選任

第2 遺言執行者の権限・義務

第3 遺言執行者の任務懈怠・解任

第4 遺言執行者の当事者適格

第5 遺言執行者の報酬

第6 遺言執行に関する懲戒事例

第11章 遺言の撤回

第12章 死因贈与

第13章 遺留分

第1 遺留分減殺請求権の性質

第2 遺留分減殺請求の当事者

第3 遺留分減殺請求の対象

第4 遺留分侵害額の算定

第5 遺留分減殺請求の順序・割合

第6 遺留分減殺請求権行使の方法

第7 遺留分減殺請求権行使後の権利関係

第8 価額弁償

第9 遺留分減殺請求と権利の濫用・信義則違反

第10 遺留分減殺請求と保全手続

第11 遺留分減殺請求権の消滅時効

第12 遺留分の放棄

第13 その他

第14章 税務関連事件

第15章 渉外関連事件

判例年次索引

加除式購読者のお客様へ

本書は加除式書籍です。
本書をご購入いただくには、今後、法令改正等に応じて弊社がその都度発行する「追録」(有料)をあわせて購入いただく必要があります。

ご不明な点はフリーダイヤル0120-089-339にお問い合わせください。