• 契約
  • 加除式書籍

法律相談 初動対応マニュアル-催告・通知の手続と文例-

編集/法律相談初動対応研究会 代表 進士肇(弁護士)、川村英二(弁護士)、中江民人(弁護士)

お気に入りに登録

通常書籍を購入する

価格
15,400 (税込)
ポイント 770 pt
送料
730
在庫あり

本書は加除式書籍です。ご購入には「ご購入時の注意点」に同意していただく必要があります。

ご購入時の注意点

概要


依頼者の問題を解決する第一歩を網羅!

◆多種多様な相談に適切に対処するためのポイントを文例を交えて解説しています。
◆事後対応や類似案件への対応をケーススタディで取り上げています。
◆経験豊富な弁護士が実務経験を踏まえて編集した実践的な内容です。


本書は、ダウンロードサービス対象書籍です。
ご購読者専用ダウンロードはこちら

商品情報

商品コード
0668
サイズ
B5判
巻数
全1巻・ケース付
ページ数
1,012
発行年月
2021年10月

目次

第1章 不動産賃貸に関する相談

第1 賃借人の債務不履行、賃料増減額請求
○賃借人に延滞賃料の支払催告や解除をしたい
【ケーススタディ】
1 賃貸人が賃借人の破産管財人に対して、賃貸借契約を解除するか否かの確答を催告する場合
2 賃借人が賃貸人の解除通知を争う場合
○土地・建物の賃料の増額請求をしたい
【ケーススタディ】
1 賃貸人が受領拒絶した場合
2 賃貸人が供託賃料を受領する場合
3 賃借人が賃料減額請求する場合


第2 更新・解約、定期賃貸借契約
○期間の定めのない建物賃貸借契約について、賃貸人から解約申入れをしたい
【ケーススタディ】
1 解約申入期間経過後も建物賃借人が退去しない場合
○期間の定めのない建物賃貸借契約について、賃借人から解約申入れをしたい
【ケーススタディ】
1 期間の定めのある建物賃貸借契約の場合


第3 建物修繕、造作買取

第4 建物増改築・再築、借地条件の変更

第5 敷 金

第6 賃借権譲渡・転貸

第2章 不動産売買に関する相談

第1 売買契約の成立
○買主候補者に対して売買契約の締結を促したい
【ケーススタディ】
1 売主候補者に対し、売買交渉の打切りを通知するとともに、申込金の返還を求める場合
2 買受申入れを撤回し、買付証明書の返還請求をする場合
3 売買予約につき、買主に予約完結権の行使について回答を求める場合
4 代金等授受の日時・場所の申入れをする場合

第2 売買契約成立後の履行請求
○不動産の売主から買主に対して売買代金を請求したい
【ケーススタディ】
1 売買契約に基づき買主が移転登記請求をする場合
2 買主が売主に対し、売買契約に基づき不動産の引渡請求をする場合
○借地権譲渡承諾取得の催告をしたい
【ケーススタディ】
1 売主に対して農地法上の許可手続について催告する場合
2 売買契約上の実測清算条項に基づき、売主に対して土地代金の差額分の返還を求める場合


第3 売買契約の解除、無効・取消し

第4 不動産仲介契約

第3章 債権回収・債権管理に関する相談

第1 貸金請求等
○借主及び連帯保証人に貸金の返済を請求したい
【ケーススタディ】
1 借主に対し元本組入れを催告する場合
○融資の実行を求めたい
【ケーススタディ】
1 融資しない旨の回答をする場合


第2 保 証
○主債務者が期限の利益を喪失したので、連帯保証人に対して全額返済を求めたい
【ケーススタディ】
1 保証人に対して保証意思確認のための通知をする場合
2 保証人が保証否認の回答をする場合
○連帯保証人から貸主に対し、主債務者の消滅時効を主張したい
【ケーススタディ】
1 連帯保証人が主債務者の相殺権の主張をする場合
2 連帯保証人が主債務者に対し求償する場合
3 連帯保証人が他の保証人に対し求償する場合
4 受託保証人が債務者に対し弁済等の通知をする場合

第3 手 形

第4 債権譲渡・債務引受け

第5 相殺・債権放棄

第6 消滅時効

第4章 担保に関する相談

第1 抵当権
○抵当権付債権を準共有する債権者から債務者に対し、債権持分譲渡の通知をしたい
【ケーススタディ】
1 抵当権付債権の質入れを行う場合
○自身の負担する債務を担保するために、抵当権者から主たる債務者に転抵当の通知をしたい
【ケーススタディ】
1 抵当権者が主たる債務者に対し、抵当権放棄の通知をする場合
2 抵当権者が主たる債務者に対し、抵当権順位の譲渡の通知をする場合
3 抵当権者が主たる債務者に対し、抵当権順位の放棄の通知をする場合


第2 根抵当権
○根抵当権の元本確定請求をしたい
【ケーススタディ】
1 根抵当権設定者が根抵当権者に対し、極度額減額請求をする場合
2 不動産の第三取得者が、根抵当権者に対し元本確定請求及び極度額減額請求をする場合
3 根抵当権者が根抵当権設定者に対し、元本確定請求をする場合
4 根抵当権設定者又は第三取得者が根抵当権者に対し、元本確定根抵当権につき消滅請求をする場合

第3 質権、非典型担保、留置権

第5章 典型契約・商取引に関する相談

第1 動産売買契約
○買主が売主に対し商品の引渡請求をしたい
【ケーススタディ】
1 商品の引渡請求をし、同時に引渡しのない場合に備えて契約解除を通知する場合
2 契約解除を通知した上で損害賠償請求をする場合
○売主が買主に商品の返還請求をしたい
【ケーススタディ】
1 留置権を行使する場合
2 買主が商品の引渡しと引換えに代金を支払う旨回答する場合
3 買主が権利を失う可能性があるとして代金支払請求を拒絶する場合
4 代金の供託を請求する場合


第2 請負契約
○請負人が注文者に対し請負代金を請求したい
○注文者が請負人に対し完成目的物の引渡しの請求をしたい
【ケーススタディ】
1 請負人が注文者に対し、代金未払を理由に完成した建物の引渡しを拒絶する場合
2 請負人が注文者に対し、代金増額を理由に完成した建物の引渡しを拒絶する場合


第3 委任契約

第4 寄託契約

第5 組合契約

第6 リース契約

第7 フランチャイズ(FC)契約

第8 継続的取引契約

第6章 消費者契約に関する相談

第1 クーリングオフ
○訪問販売(キャッチセールス・点検商法など)に関してクーリングオフしたい
【ケーススタディ】
1 電話勧誘販売に関してクーリングオフする場合
2 連載販売取引(マルチ商法)に関してクーリングオフする場合
3 特定継続的役務(エステティック)に関してクーリングオフする場合
4 訪問購入(いわゆる押し買い)に関してクーリングオフする場合

第2 取消し・解除、損害賠償等
○不実告知等を理由に役務提供契約を取り消したい
【ケーススタディ】
1 勧誘の際の居宅からの不退去、退去妨害を理由に契約を取り消す場合
○割賦販売代金請求に対して支払を拒絶したい
【ケーススタディ】
1 販売会社による虚偽説明を理由として、クレジット契約を取り消す場合


第7章 相隣関係・不法行為に関する相談

第1 境界・私道
○隣地所有者に対して境界確認の立会いを申し入れたい
【ケーススタディ】
1 隣地所有者に界標の設置を申し入れる場合
○隣地建物所有者に対して越境事実を認めさせたい
【ケーススタディ】
1 隣地建物所有者に越境部分の撤去を求める場合
2 越境部分の撤去の要求を拒絶する場合
3 越境して建築しようとする建築主に対して建築計画の変更を求める場合
4 隣地所有者に対して越境している植栽の切除を求める場合


第2 生活妨害
○隣の店舗に対し営業時間短縮・騒音防止対策を求めたい
【ケーススタディ】
1 隣家に対し夜間のピアノレッスンについて配慮を求める場合
2 建築工事から生じる騒音について抗議する場合
○日照権侵害を理由とするマンション建築計画の変更要求をしたい


第3 インターネット・SNS上の権利侵害

第4 交通事故

第5 その他の事故・事件

第8章 親族・相続に関する相談

第1 夫婦関係、親権
○婚約破棄を理由に結納金の返還及び損害賠償を請求したい
【ケーススタディ】
1 内縁関係の解消を通知する場合
○別居中の婚姻費用を夫に支払ってもらいたい
【ケーススタディ】
1 別居中の妻から婚姻費用を請求されたが、別居の原因が妻の不貞行為にあるためこれを拒絶したい場合


第2 親子関係
○子の認知を請求したい
○子に扶養請求したい
【ケーススタディ】
1 扶養義務者が、以前に扶養権利者から虐待を受けていたことを理由に扶養を拒絶する場合
○離縁の申入れをしたい
【ケーススタディ】
1 養親が死亡したため、離縁をする場合

第3 扶養・後見

第4 相 続

第9章 労働法に関する相談

第1 採 用
○採用内定者の内定を取り消したい
【ケーススタディ】
1 内定取消しを受けた者が対応する場合
2 内定辞退をする場合
○偽装請負が疑われるため直接雇用を求めたい

第2 試用・出向等
○試用期間中である従業員の本採用を拒絶し、解雇したい
【ケーススタディ】
1 使用者が従業員の身元保証人に対し、業務上不適切又は不誠実な事実があったことを通知する場合
2 身元保証人が身元保証契約を解除する場合
○会社が従業員に出向命令を出したい
【ケーススタディ】
1 従業員が会社から下された出向命令を拒絶する場合

第3 懲戒、退職・解雇・雇止め

第4 賃金・退職金

第5 労災、ハラスメント

第6 労働組合、団体交渉

第10章 会社法に関する相談

第1 設立、株式
○発起人から払込みをしない株式引受人に対し失権を通知したい
【ケーススタディ】
1 発起人の任務懈怠について、株主が発起人に損害賠償請求をする場合
○株主が会社に株式の譲渡承認及び買取りを請求したい
【ケーススタディ】
1 会社が譲渡等承認請求者に対し、株式譲渡の不承認を通知する場合
2 会社が譲渡等承認請求者に対し、会社による買取りを通知する場合
3 会社が株券発行会社である場合に、譲渡等承認請求者が会社又は指定買取人に対し、株券の供託を通知する場合
4 譲渡等承認請求者が会社又は指定買取人に対し、売買価格の協議を申し入れる場合
5 株式の譲受人が会社に対し、株主名簿の名義書換請求をする場合


第2 株式会社の機関
○臨時株主総会招集通知をしたい
【ケーススタディ】
1 少数株主が株主総会を招集する場合
○株主総会で株主提案権を行使したい
【ケーススタディ】
1 株主が議題を提案する場合


第3 組織再編、解散・清算

第4 持分会社

第11章 知的財産法に関する相談

○特許権侵害につき、侵害者に対して警告したい
【ケーススタディ】
1 特許権侵害通知を受けたことついて反論する場合
2 著作権侵害
3 商標権侵害
4 キャラクター権侵害
○類似商号使用の差止請求及び損害賠償請求をしたい
【ケーススタディ】
1 類似商号との警告を受けたことについて反論する場合

第12章 マンション管理に関する相談

○管理組合から組合員に対し滞納管理費を請求したい
【ケーススタディ】
1 組合員が管理組合に対し、滞納管理費の消滅時効を主張する場合
○管理組合からマンションの買主(特定承継人)に対し、前所有者(売主)の滞納管理費を請求したい


索 引

各章の内容を一部省略しております。
また、内容を一部変更することがありますので、ご了承ください。

加除式購読者のお客様へ

本書は加除式書籍です。
本書をご購入いただくには、今後、法令改正等に応じて弊社がその都度発行する「追録」(有料)をあわせて購入いただく必要があります。

ご不明な点はフリーダイヤル0120-089-339にお問い合わせください。