• 紛争・賠償
  • 加除式書籍

民事事件における攻撃・防御の訴訟実務―実践的訴状・答弁書の書き方と証拠収集―

編集/民事事件訴訟実務研究会代表/菊地裕太郎(弁護士)

お気に入りに登録

通常書籍を購入する

価格
12,650 (税込)
ポイント 1,265 pt
送料
960

本書は加除式書籍です。ご購入には「ご購入時の注意点」に同意していただく必要があります。

ご購入時の注意点

概要


民事訴訟実務の実践的スキルが満載!

民事事件の訴訟展開を攻撃・防御の視点からケースごとに検討しています。
【原告側】の立場から・・・
[検討すべきポイント]争点や法律構成等を検討
[手続の選択]訴訟を選択するまでの考え方を提示
[要件事実の検討]請求原因の要件事実的構成を解説
[証拠資料の準備]立証のための証拠資料を列挙
[訴状の作成]要件事実を踏まえた訴状を掲載
【被告側】の立場から・・・
[検討すべきポイント]反撃のための法律論を検討
[答弁事実の検討]答弁の要件事実的構成を解説
[証拠資料の準備]反証のための証拠資料を列挙
[答弁書の作成]有効な認否・反論を盛り込んだ答弁書を掲載


本書は、加除式書籍の本文検索サービスをご利用いただける書籍です。
購読中の加除式書籍の本文検索サービスはこちら

商品情報

商品コード
0612
サイズ
B5判
巻数
全2巻・ケース付
ページ数
1,568
発行年月
2012年9月

目次

第1章 不動産関係


第1 明渡訴訟


1 建物の明渡請求

(所有権に基づく場合)

○不法占有者に対する所有権に基づく建物明渡請求

・不法占有の主張・立証

○所有権移転とともに賃貸人の地位を承継した後の建物明渡請求

・賃貸人の地位の承継の要件事実

・未払賃料の債権譲受と契約解除の効力

○建物の一部に対する明渡請求(占有回収の訴え)

(賃貸借契約等の終了に基づく場合)

○賃貸借契約の中途解約条項に基づく建物明渡請求

・中途解約の正当事由の主張・立証

・解約の効力発生前の明渡しの将来請求

○賃貸借契約のペット禁止条項違反による解除と建物明渡請求

・契約違反と解除の主張・立証

・信頼関係破壊を基礎付ける事実

○賃貸借契約の無断増改築禁止条項違反による無催告解除と建物明渡請求

・契約違反と無催告解除の主張・立証

○賃貸借契約の迷惑行為禁止特約違反(騒音)による解除と建物明渡請求

○建物が滅失・朽廃した場合の建物明渡請求

・滅失・毀損を基礎付ける事実と立証

○使用貸借契約の終了(目的達成)による建物明渡請求

・目的達成の終了原因の主張・立証とその抗弁


2 土地の明渡請求

(所有権に基づく場合)

○借地権の無断譲渡による解除と建物収去土地明渡請求

・借地権の無断譲渡の解除の要件事実

○土地の競落人から建物賃借人に対する建物退去土地明渡請求

・土地競落人に対抗できない借地権付建物の土地建物の明渡しの主張・立証

○土地所有者に代位して行う建物収去土地明渡請求

○境界に争いがある土地にまたがって建てられた建物の収去土地明渡請求

・境界確定訴訟の要件事実と立証

・境界確定請求と建物収去土地明渡請求

(賃貸借契約等の終了に基づく場合)

○期間満了の更新拒絶による建物収去土地明渡請求

・借地契約の更新拒絶の正当事由を基礎付ける事実の主張・立証

○更新料不払による借地契約の解除と土地明渡請求

○用法違反・特約違反による解除と建物収去土地明渡請求

・居宅所有目的に違反して商業ビルを建てた場合の借地契約解除の効力

・増築禁止違反解除の主張・立証

○借主死亡による使用貸借契約終了に基づく建物収去土地明渡請求

・借主死亡による使用貸借終了の要件事実と主張・立証

○賃借人の中途解約と違約金支払請求


第2 物権に基づく妨害排除請求訴訟


○抵当権者による担保不動産の不法占拠者に対する妨害排除請求

・不法占拠であることの主張・立証

○通行地役権に基づく妨害排除請求

・通行地役権の主張・立証

○日照被害に基づく建築差止め・損害賠償請求


第3 所有権に関する訴訟


○土地所有権の確認請求

・土地の境界に争いがある場合の所有権確認請求

○共有物分割請求訴訟

・相続により共有となった土地の分割請求

・不分割の特約


第4 不動産賃貸借のその他の紛争事例の訴訟


1 敷金・権利金等の返還請求

○不返還・敷引特約がある場合の敷金返還請求

・不返還・敷引特約の抗弁とその効力

○賃貸人の変更と保証金返還請求

・賃貸人の地位を承継した場合の保証金返還債務


2 賃料増額請求

○物価や地価の変動を理由とする賃料の増額請求


3 賃料請求

○賃貸借物件の瑕疵を理由とする賃料支払拒絶

○連帯保証人に対する滞納賃料の請求


4 建物の造作買取請求

○建物の造作買取請求


第5 境界確定訴訟


○宅地の境界確定請求

○売主・買主が合意した土地の境界について隣地所有者が争った場合の境界確定請求

・筆界特定制度と境界確定訴訟

・境界の合意と境界確定

○共有者の一人が境界確定訴訟に同調しない場合の境界確定請求

・境界確定訴訟の当事者適格


第6 登記訴訟


1 所有権移転登記・抹消登記

○代物弁済を原因とする所有権移転本登記請求

・仮登記担保法に基づく担保権の実行

○真正な登記名義の回復を原因とする所有権移転登記請求

・抹消登記と回復請求の関係

・背信的悪意者と取得時効

○登記原因の錯誤無効による所有権移転登記の抹消登記請求

・錯誤無効の要件事実

・抹消登記請求の主張・立証

○通謀虚偽表示を理由とする無効による所有権移転登記の抹消登記請求

・通謀虚偽表示無効の要件事実と善意の第三者の主張・立証

・抹消請求の被告適格

○不適法に抹消された(が、実体関係が一致している)場合の所有権移転登記の回復登記請求

・偽造書類による抹消登記の回復請求と抹消が実体関係に一致している場合


2 抵当権設定登記・抹消登記

○抵当権設定契約に基づく抵当権設定登記請求

・抵当権設定契約に違反して登記に協力しない場合の登記請求の要件事実

○弁済による被担保債権の消滅に伴う抵当権抹消登記請求

・登記保持権原の抗弁に対する弁済の再抗弁と訴状の書き方

○消滅時効の援用による抵当権設定登記抹消登記請求

・時効の援用と援用権喪失の抗弁


第2章 貸金関係


第1 貸金返還請求訴訟


○貸金の返還請求

・返済期限の定めのない貸金の返還請求

○債務者が債権者不確知を理由として供託した供託金の還付請求

○限定承認した相続人に対する貸金の返還請求

・限定承認した相続人に対する訴えの当事者と請求の趣旨の書き方

○債権者代位権に基づく貸金等請求

・被保全債権の不存在を争う場合の答弁

○差し押さえた給料債権の取立訴訟

・雇主の貸付金との相殺の抗弁

○準消費貸借契約における貸金返還請求

・旧債務の存在の主張・立証


第2 債務不存在確認訴訟


○債務不存在確認請求

・旧債務の不存在の主張・立証と確認の利益


第3 ローン・クレジット関係訴訟


1 貸金

○クレジットカードを利用して金銭を複数回借り受けた者に対する残余金の返還請求

・カード契約におけるキャッシングの法的性質と要件事実

○クレジットカード紛失後の利用にかかる貸金の返還請求

・カード契約の紛失の場合の第三者のカード使用による責任の免除特約と要件事実


2 立替金

○信販契約(リボルビング方式)における立替金残金請求

・カード契約におけるショッピング契約の法的構造と要件事実

○信販会社から販売会社に対する立替金の返還請求

・自動車売買契約に基づく(架空取引である場合の)信販会社から加盟店に対する立替払金の返還請求


第4 保証関係訴訟


1 保証債務履行請求

○根保証人に対する貸金の返還請求

○相続人に対する貸金の返還請求

・相続人の一人が連帯保証していた場合の貸金請求と保証債務履行請求の関係


2 求償金等請求

○保証委託契約により代位弁済した場合の求償金の支払請求

・主債務者が弁済したことを保証人に通知しなかったため、保証人が弁済した場合


第3章 売買関係


第1 代金請求訴訟


○商品の売買代金(期限までに支払われなかった場合の遅延損害金)の請求

○買主が商品の受領を拒否している場合の売買代金の請求

○取引の相手方会社の法人格を否認し、実質オーナー等に対する売買代金の請求


第2 契約の解除・取消しに基づく原状回復(代金返還)請求訴訟


○土地売買契約の残代金請求と解約手付金放棄による解除の抗弁

・残代金と所有権移転登記手続の同時履行の抗弁

○売買契約の解除に伴う引渡商品の原状回復請求

○未成年者のした売買契約の取消しと代金の返還請求

○無権代理人とした売買契約の取消しと代金の返還請求

○詐害行為取消権に基づく売買契約の取消しと代金の返還請求

○詐欺を理由とする売買契約の取消しと代金の返還請求

○錯誤無効を理由とする売買代金の返還請求

○書証真否確認の訴え(強迫により不動産売買契約書に署名した場合)


第3 損害賠償請求訴訟


○カタログと現物が異なる債務不履行に基づく損害賠償請求

○地中障害物の瑕疵を原因とする損害賠償請求

○目的物の数量に不足がある場合の担保責任の追及

○代金未払のまま契約解除された目的物が既に転売されていた場合の損害賠償請求


第4章 動産関係


○買受物品の引渡請求

○所有権留保付きの動産の引渡請求

○担保物件と知らずに譲り受けた動産の所有権の確認請求(即時取得)


第5章 建設請負関係


第1 請負代金等請求訴訟


○建設工事における請負代金請求

・仕事の完成と瑕疵の関係

○請負契約を合意解除した場合の前渡金(残金)の返還請求

○住宅建設工事に瑕疵がある場合の請負代金の請求

○新築店舗ビルの設計を請け負ったが施工されなかった場合の設計料請求


第2 損害賠償請求訴訟


○住宅建設工事に瑕疵がある場合の損害賠償請求

○建物建築請負契約を注文者が解除した場合の請負人の損害賠償請求

○工事途中の請負人の債務不履行を理由とする注文者の契約解除による損害賠償請求


第6章 金融関係


第1 預貯金払戻請求訴訟


○複数で相続した預金債権の払戻請求

○盗難カードを用いてATMから不正に払い戻された場合の預金者からの払戻請求


第2 保険・証券に関する訴訟


(保険)

○生命保険契約における保険金の支払請求

○自動車損害保険契約(自動車損害賠償責任保険)における保険金(損害補〓金)の支払請求

○製造物責任保険契約の対象製造物の事故による保険金の支払請求

○告知義務違反に基づく保険契約の解除

(証券)

○証券会社側の善管注意義務違反による取引契約の解除(説明義務違反)

○違法な勧誘方法に基づく証券取引の損害賠償請求


第3 リース料請求訴訟


○滞納リース料の不払


第7章 不当利得・事務管理


第1 不当利得返還請求訴訟


○売買契約の錯誤無効等に基づく代金の不当利得返還請求

○土地売買契約の合意解除に伴う手付金の不当利得返還請求

○クーリング・オフに伴うリース料の返還請求

・法定書面の不備

○消費者契約法による取消しに基づく情報料の返還請求

・パチンコ攻略法「必ず勝てる」の不実告知の取消し

○決済後に実際の土地面積が広かった場合の売買代金の増加分の請求

○入学辞退届が所定の日までにされなかった場合の授業料等の不当利得返還請求


第2 過払金請求訴訟


○制限利率を超過した過払金の返還請求

○消滅時効の起算点を取引終了日とする過払金の返還請求

○期限の利益喪失の宥恕・期限の利益の再度付与に当たるとする過払金の返還請求


第3 立替金等請求訴訟


○商品の買付けに当たり立替払した立替金の返還請求

○商品取引の委託契約終了に伴う委託証拠金の不当利得返還請求

・委託契約に基づく返還請求と不当利得返還請求

○ゴルフ会員権の預託金の返還請求

・理事会で返還時期の延長を決定した抗弁

○宅地建物取引業者の委託を受けていない相手方当事者に対する報酬金請求


第8章 不法行為


第1 不法行為一般による損害賠償等請求訴訟


○スキー場での衝突事故による損害賠償請求

○購入建物の瑕疵による建築請負者に対する損害賠償請求

○名誉毀損による損害賠償と謝罪広告の請求

○プライバシー権侵害による損害賠償請求

○職場のセクハラによる損害賠償請求

・対価型(代償型)セクハラのケース

○使用者責任による損害賠償請求

・看板毀損行為が「事業の執行について」なされたか

○製造物責任による損害賠償請求

・携帯電話の発熱によるやけど

○未成年者の不法行為による親権者に対する損害賠償請求

・小学生が蹴ったサッカーボールが普通自動二輪車に当たり、乗車していた高齢者が転倒した事故

○説明義務違反による損害賠償請求

・破綻直前の信用協同組合に出資した場合

○日照・採光・通風障害による損害賠償請求

○眺望侵害による損害賠償請求

○共同不法行為者に対する損害賠償請求

・交通事故の被害者が医療過誤で死亡した場合


第2 交通事故による損害賠償請求訴訟


○被害者本人による損害賠償請求

・盗難車による交通事故と運行供用者の責任

○被害者の遺族による損害賠償請求

・外国人が被害者の場合の準拠法と損害の算定

○被害者の近親者(相続人)による逸失利益・慰謝料請求

○自転車と歩行者の事故による損害賠償請求

・過失相殺の抗弁

○飲酒運転による交通事故の運転者及び同乗者に対する損害賠償請求


第3 医療事故による損害賠償請求訴訟


○適応違反及び説明義務違反による損害賠償請求

○治療行為の不実施による後遺障害による損害賠償請求


第4 国家賠償請求訴訟


○公共物(道路)の管理責任による損害賠償請求

・転落防止柵が壊れたまま放置していた場合

○学校設置者に対する損害賠償請求

・体育授業中のプール飛込み失敗の場合

○執行官が作成した不動産現況調査報告書の過失による損害賠償請求

○捜査官が弁護士の接見を妨害したことによる損害賠償請求


第9章 労働関係


第1 賃金請求訴訟


(賃金請求権)

○未払賃金の支払請求

・賃料減額の合意の有無

○いわゆる「名ばかり管理職」であることを理由とする残業代の請求

○不就労期間中の賃金の支払請求

(退職金)

○退職金の請求(社内貸付けの返済金への充当)

○退職金の請求(退職金不支給事由の該当性)


第2 勤務時間・休暇をめぐる訴訟


○時間外勤務手当の請求


第3 労働条件をめぐる訴訟


(配置転換)

○配転(転勤)の無効確認請求

・労働契約で勤務地が限定されている場合

○降格された場合の地位確認請求

(職場環境)

○男女雇用差別訴訟

・男女間で賃金等の待遇に格差が生じているときの損害賠償請求

○セクシュアル・ハラスメントによる会社への損害賠償請求

(不利益扱い・不利益変更)

○基本給を定める就業規則の不利益変更

○産後休業取得者の不利益取扱い(賞与不支給)


第4 解雇等をめぐる訴訟


○休職期間内に原職復帰できず自然退職とされた場合の地位確認請求

○パワーハラスメントによる懲戒解雇と地位確認請求

○解雇予告手当の請求

○内定が取り消された場合の損害賠償請求


第5 安全配慮義務違反に基づく損害賠償請求訴訟


○過労死を理由とする損害賠償請求

○就業中に傷害を負ったときの安全配慮義務違反に基づく損害賠償請求


第6 非正規雇用の労働者をめぐる訴訟


○期間の定めのある社員の雇止め地位確認請求

○派遣労働者の不正行為に関する派遣元会社への損害賠償請求

○競業避止義務違反による損害賠償請求

・契約社員が雇用終了後に競業避止義務に違反したときの損害賠償請求


索引


○キーワード索引

加除式購読者のお客様へ

本書は加除式書籍です。
本書をご購入いただくには、今後、法令改正等に応じて弊社がその都度発行する「追録」(有料)をあわせて購入いただく必要があります。

ご不明な点はフリーダイヤル0120-089-339にお問い合わせください。