• 紛争・賠償
  • 単行本

隣地・隣家紛争 権利主張と対応のポイント

編著/川口誠(弁護士)、岡田修一(弁護士)

お気に入りに登録

通常書籍を購入する

価格
3,960 (税込)
ポイント 396 pt
送料
460
在庫あり

数量

概要


近隣トラブルの相談から訴訟まで幅広く対応できる!

◆隣地・隣家をめぐる紛争において、相手方に権利主張や損害賠償請求を行う際のポイントをわかりやすく解説しています。
◆主張や請求の根拠となる証拠資料を表形式で例示しています。
◆請求を受ける側の対応方針や留意点についても適宜解説しています。

商品情報

商品コード
5100099
ISBN
978-4-7882-8645-0
JAN
9784788286450/1923032036009
サイズ
A5判
巻数
1
ページ数
328
発行年月
2019年12月

目次

第1章 境 界
〇概 説
1 境界の確定
 〔1〕 隣地との境界を確定させたい場合の主張
2 越 境
 〔2〕 越境して設置されている塀の撤去を要求する場合の主張
 〔3〕 境界線上に塀の設置を請求する場合の主張
 〔4〕 隣地の一部を時効取得する場合の主張
 〔5〕 借地人が隣の借地人に借地権の範囲を定めて塀の撤去を要求する場合の主張
3 境界標
 〔6〕 境界標の位置が不明確となった場合の主張
4 擁 壁
 〔7〕 崖崩れ防止のための擁壁設置工事を求める場合の主張

第2章 道路・通行
〇概 説
1 囲繞地通行権
 〔8〕 袋地の所有者が隣地の一部を自動車で通行することを求める場合の主張
 〔9〕 袋地の所有者が無償で他の土地の通行を求める場合の主張
 〔10〕 囲繞地通行権に基づいて通路に街灯を設置したい場合の主張
2 通行地役権
 〔11〕 土地譲受人に対して黙示の通行地役権を対抗する場合の主張
 〔12〕 承役地に自動車を駐車されていることに対する妨害排除請求をする場合の主張
 〔13〕 通行地役権の範囲を超える通行の禁止を求める場合の主張
3 私 道
 〔14〕 上下水道管の埋設工事の許可を、私道所有者に拒否された場合の主張
 〔15〕 私道所有者が、私道上に物を置いたため、通行者の自由な通行の妨げになっている場合の主張

第3章 利用・立入り
〇概 説
1 距離保持義務
 〔16〕 隣地にある建物が距離保持義務に違反して建築されようとしている場合の主張
2 隣地の使用
 〔17〕 建物修繕工事を実施するために、隣地を使用しなければならない場合の主張
3 隣家の利用
 〔18〕 建物の工事を実施するために、隣家に立ち入らなければならない場合の主張
4 隣地の地中の利用
 〔19〕 上下水道管等を通すには隣地の地中を利用する必要がある場合の主張

第4章 維持管理
〇概 説
1 建物の管理
 〔20〕 ゴミ屋敷状態の隣家のゴミを撤去させるための主張
 〔21〕 隣家の屋根から雪が落ちてくる状況を改善してもらいたい場合の主張
 〔22〕 隣家の軒先にできた蜂の巣を撤去してもらいたい場合の主張
 〔23〕 地震で隣家のブロック塀等が崩壊し、建物が損傷を受けた場合に損害の賠償を求めるための主張
 〔24〕 震災により隣家が全壊したまま放置され、崩れ落ちてくる危険性がある場合に、予防措置を求めるための主張
2 敷地の管理
 〔25〕 越境してきた竹木の根の切除を要求する場合の主張
 〔26〕 隣地からの雨水の流入を止めてほしい場合の主張
 〔27〕 隣地の廃材が、豪雨で自宅の敷地に流入して損害を被った場合の主張
3 空き家
 〔28〕 隣に老朽化した空き家があり、倒壊して自宅に被害が発生しそうな場合に補強や取壊しを求める場合の主張
4 所有者不明土地
 〔29〕 所有者が不明の隣地への不法投棄に対処したい場合の主張

第5章 区分所有権
〇概 説
 〔30〕 いわゆる民泊営業をやめさせたい場合の主張
 〔31〕 共用部分にある私物を撤去させたい場合の主張
 〔32〕 非居住組合員から管理協力金を徴求したい場合の主張
 〔33〕 マンションの水漏れについて損害賠償を求める場合の主張
 〔34〕 マンションの隣室からの騒音をやめさせたい場合の主張
 〔35〕 ペット飼育禁止のマンションで、隣室の住民がペットを飼育していると思われる場合に、ペットの飼育をやめさせたい場合の主張
 〔36〕 マンション内のベランダにおける喫煙をやめさせたい場合の主張

第6章 日照・眺望等
〇概 説
1 日 照
 〔37〕 隣地に高層マンションが建設されたため、日照権侵害を理由に損害賠償を求める場合の主張
 〔38〕 隣地に高層マンションが建設中であるため、日照権侵害を理由に建築差止めを求める場合の主張
2 景観・眺望
 〔39〕 マンションの建築により、良好な景観が害されるおそれがあることを理由として、その差止めを求める場合の主張
 〔40〕 マンション等の建築により、眺望利益が害されたことを理由として、損害賠償を請求する場合の主張
3 ビル風
 〔41〕 高層マンションの建設によってビル風が発生し、これによって被害を受けたことを理由として損害賠償を請求する場合の主張
4 反射光
 〔42〕 太陽光発電パネルの反射光による被害があるため、その撤去及び損害賠償を請求する場合の主張
5 電波障害
 〔43〕 高層マンションが建設されたため、テレビの電波障害を理由に損害賠償を求める場合の主張

第7章 近隣迷惑行為・その他
〇概 説
1 騒音・振動・不同沈下
 〔44〕 建設工事による騒音と振動の低減を求める場合の主張
 〔45〕 隣地の建設工事により建物にひび割れ・不同沈下が生じた場合の主張
2 ゴミ・悪臭
 〔46〕 ゴミ集積場所の移設を求める場合の主張
 〔47〕 隣接する飲食店の換気扇からの悪臭に対し改善を求める場合の主張
3 プライバシー侵害
 〔48〕 隣地建物に目隠しの設置を求める場合の主張
 〔49〕 近隣住民からのつきまとい行為をやめさせたい場合の主張
4 ペット
 〔50〕 隣家のペットの騒音被害の改善を求める場合の主張
 〔51〕 隣家の飼い犬に咬まれた場合の主張

索 引
・判例年次索引

加除式購読者のお客様へ

本書は加除式書籍です。
本書をご購入いただくには、今後、法令改正等に応じて弊社がその都度発行する「追録」(有料)をあわせて購入いただく必要があります。

ご不明な点はフリーダイヤル0120-089-339にお問い合わせください。