• 紛争・賠償
  • 加除式書籍

不動産損害額・評価額算定事例集

編集/不動産価額評価実務研究会 代表/馬橋隆紀(弁護士)

お気に入りに登録

通常書籍を購入する

価格
15,950 (税込)
ポイント 1,595 pt
送料
1,170
在庫なし

本書は加除式書籍です。ご購入には「ご購入時の注意点」に同意していただく必要があります。

ご購入時の注意点

概要


不動産紛争における価額算定の考え方を解明!

◆不動産の損害額や評価額をめぐり争われた裁判例について、最近の事案を中心に民法の類型別に分類・整理。
◆判決文の中から請求額・認容額・算定の考え方を抽出し、表形式で掲載。
◆個々の判例を通じて不動産評価の手法と損害額の算定方法を分析・検討。

特長

商品情報

商品コード
0578
サイズ
B5判
巻数
全5巻・ケース付
ページ数
5,348
発行年月
2007年9月

目次



第1章 占有・所有権侵害
 第1 占有関係
 第2 共有関係

第2章 通行権

第3章 担保権

第4章 執行関係
 第1 競売評価への異議申立て
 第2 賃借権の評価

第5章 売買
 第1 契約締結前の事情
 第2 仲介
 第3 危険負担
 第4 瑕疵担保の損害賠償
 第5 債務不履行の損害賠償
 第6 転売利益
 第7 価格補償
 第8 代金の減額請求

第6章 賃貸借
 第1 地代の算定方法
 第2 賃料値上げ
 第3 賃料値下げ
 第4 解約と立退料
 第5 借地権の評価
 第6 借家権の評価
 第7 賃貸借の目的物
 第8 原状回復義務
 第9 賃料相当損害金
 第10 その他

第7章 請負
 第1 解除と損害賠償
 第2 瑕疵の損害賠償
 第3 工事ミスによる建物被害

第8章 不当利得

第9章 不法行為
 第1 占有の不法行為性
 第2 工作物
 第3 環境被害

第10章 相続・財産分与
 第1 相続不動産の評価時期
 第2 特別受益の評価時期
 第3 遺留分減殺と不動産評価
 第4 全面的価格賠償の額
 第5 財産分与の算定評価

第11章 行政関係
 第1 固定資産の評価
 第2 時効取得による課税評価
 第3 公物の不当占有
 第4 建築確認がされなかったことによる損害賠償

加除式購読者のお客様へ

本書は加除式書籍です。
本書をご購入いただくには、今後、法令改正等に応じて弊社がその都度発行する「追録」(有料)をあわせて購入いただく必要があります。

ご不明な点はフリーダイヤル0120-089-339にお問い合わせください。