• 紛争・賠償
  • 単行本

住宅建築業・設計事務所・部材メーカーの説明義務と警告表示

編著/秋野卓生(弁護士)

お気に入りに登録

通常書籍を購入する

価格
3,960 (税込)
ポイント 198 pt
送料
460
在庫あり

数量

概要


建築紛争リスクの回避に役立つ!

◆説明義務等の範囲を明示!
建築業者等に求められる説明義務および建築部材メーカーに求められる警告表示の範囲について、わかりやすく解説しています。
◆事例を豊富に掲載!
説明義務が問題となる具体的な場面を取り上げ、業者の目線に立って対応のポイントを明らかにしています。
◆信頼できる確かな内容!
数多くの建築紛争に携わってきた弁護士が、実務経験や最新の裁判例を踏まえて執筆しています。

商品情報

商品コード
50805
ISBN
978-4-7882-7669-7
JAN
9784788276697/1923032036009
サイズ
A5判
巻数
1
ページ数
360
発行年月
2013年2月

目次

第1編 建築に関する説明義務

第1章 建築業者等に求められる説明義務
 第1 はじめに
 第2 説明義務の理論的根拠とその対象など
 第3 他業種における説明義務とその限界
 第4 建築業者等の負う説明義務
 第5 建築業者等と警告表示
 第6 裁判例
1 施工業者の説明義務に関する裁判例
2 設計事務所の説明義務に関する裁判例
3 建築部材メーカーの説明義務に関する裁判例

第2章 建築業者等の説明義務に関する事例
 第1 設計段階における説明義務
1 設計・監理契約の締結に関する説明義務
2 各種仕様の特徴に関する説明義務
3 法令等の規制に関する説明義務
4 設計内容に関する説明義務
 第2 請負契約締結に関する説明義務
1 注文主が建物を取得するに際し要する費用に関する説明義務
(1)対価に関する説明義務
(2)補助金・税金に関する説明義務
2 請負契約の対象である工事内容に関する説明義務
3 収益等建物建築の動機に係る説明義務
 第3 工事途中段階における説明義務
1 仕様変更に関する説明義務
2 不具合を発見した場合などの説明義務
 第4 建物引渡し、不動産取引に関する説明義務
1 建物引渡し時における説明義務
2 不動産取引に関する説明義務
 第5 近隣に関する説明義務
1 注文主に関する説明義務
2 近隣住民に対する説明義務
 第6 建築部材メーカーの説明義務

第2編 建築に関する警告表示
 第1 消費者の誤使用をめぐるPL判例の動向
 第2 住宅部材に関するPL事故と警告表示
 第3 建築部材メーカーが果たすべき警告表示に関する事例

事項索引

著者

加除式購読者のお客様へ

本書は加除式書籍です。
本書をご購入いただくには、今後、法令改正等に応じて弊社がその都度発行する「追録」(有料)をあわせて購入いただく必要があります。

ご不明な点はフリーダイヤル0120-089-339にお問い合わせください。