カートの中身空

閲覧履歴

最近閲覧した商品

表示情報はありません

最近閲覧した記事

会社法ニュース2022年06月30日 架空売上計上など、アジャイルメディア社に課徴金勧告 証券監視委、令和2年12月期有価証券報告書等で売上の過大計上等

速報 News Wave

 証券取引等監視委員会は6月23日、アジャイルメディア・ネットワーク(東証グロース市場)に対し、令和2年12月期有価証券報告書などに虚偽記載(架空取引による売上の過大計上、販売費及び一般管理費の過少計上及びソフトウェア仮勘定の過大計上等)があったとして、課徴金8,425万円を課すよう金融庁に対して勧告した。同社は、台湾の取引先に対して、日本人顧客拡大に向けたプロモーション施策に関する役務提供を行ったとして売上を計上したが、実際には架空の取引であったほか、システム開発会社にソフトウェア開発を依頼したとして資金の大半が同社の元取締役が代表に送金され、資金横領されており、ソフトウェア開発の事実がないにもかかわらず、ソフトウェア仮勘定に計上していたとしている。

当ページの閲覧には、週刊T&Amasterの年間購読、
及び新日本法規WEB会員のご登録が必要です。

週刊T&Amaster 年間購読

お申し込み

新日本法規WEB会員

試読申し込みをいただくと、「【電子版】T&Amaster最新号1冊」と当データベースが2週間無料でお試しいただけます。

週刊T&Amaster無料試読申し込みはこちら

人気記事

人気商品

  • bnr-購読者専用ダウンロードサービス
  • 法苑
  • 裁判官検索