カートの中身空

閲覧履歴

最近閲覧した商品

表示情報はありません

最近閲覧した記事

プレミアム会計2020年07月30日 5年間で167社が会計不正発覚の事実を公表 会計士協会、上場会社の会計不正の動向(2020年版)をとりまとめ

速報 News Wave

 日本公認会計士協会は7月17日、経営研究調査会研究資料第7号「上場会社等における会計不正の動向(2020年版)」を取りまとめた。それによると、2016年3月期から2020年3月期においては167社が会計不正発覚の事実を公表しており、5年間の粉飾決算割合は平均で80.5%となっている。業種別では卸売業とサービス業がそれぞれ21社(構成比12.6%)と最も多く、次いで建設業が18社(構成比10.8%)、電気機器が16社(同9.6%)、情報・通信業が13社(同7.8%)の順となっている。

当ページの閲覧には、週刊T&Amasterの年間購読、
及び新日本法規WEB会員のご登録が必要です。

週刊T&Amaster 年間購読

お申し込み

新日本法規WEB会員

ログイン/新規会員登録

試読申し込みをいただくと、「【電子版】T&Amaster最新号1冊」と当データベースが2週間無料でお試しいただけます。

週刊T&Amaster無料試読申し込みはこちら

人気記事

人気商品

  • bnr-購読者専用ダウンロードサービス
  • 法苑
  • 裁判官検索