カートの中身空

閲覧履歴

最近閲覧した商品

表示情報はありません

最近閲覧した記事

コラム2017年05月29日 【今週の専門用語】 事業専従期間(2017年5月29日号・№692)

事業専従期間  青色事業専従者の要件の1つで、「事業に専ら従事する期間」(事業専従期間)がその年を通じて6月を超える必要があるとされている(所令165①)。ただし、年の途中で開廃業等をした場合などは、従事可能期間を通じてその2分の1を超える期間事業に専従していれば事業専従期間の要件を満たすことになる(同項ただし書き)。なお、一定の学生又は生徒、他に職業を有する者(その職業に従事する期間が短い者等を除く)などである期間は事業専従期間には含まれない(所令165②)。

当ページの閲覧には、週刊T&Amasterの年間購読、
及び新日本法規WEB会員のご登録が必要です。

週刊T&Amaster 年間購読

お申し込み

新日本法規WEB会員

試読申し込みをいただくと、「【電子版】T&Amaster最新号1冊」と当データベースが2週間無料でお試しいただけます。

週刊T&Amaster無料試読申し込みはこちら

人気記事

人気商品

  • bnr-購読者専用ダウンロードサービス
  • 法苑
  • 裁判官検索