カートの中身空

閲覧履歴

最近閲覧した商品

表示情報はありません

最近閲覧した記事

コラム2020年11月30日 今週の専門用語 評価通達によらない「特別の事情」(2020年11月30日号・№860)

評価通達によらない「特別の事情」

 課税庁が「特別の事情」を主張する場合には、納税者は、「相続税負担軽減(租税回避)の意思や目的という主観的意思は時価に影響を及ぼすべき事情として理解することはできない。」と反論することが多い。一方、納税者から「特別の事情」を主張する場合には、6項の明文とはなっていないが、課税庁は、評基通5−2項の(注)・評価関係個別通達にみられる「課税上弊害がない」場合であるかどうかを判断要素としているものと考えられる。課税上の弊害とは、税負担回避目的を含む概念である。

当ページの閲覧には、週刊T&Amasterの年間購読、
及び新日本法規WEB会員のご登録が必要です。

週刊T&Amaster 年間購読

お申し込み

新日本法規WEB会員

試読申し込みをいただくと、「【電子版】T&Amaster最新号1冊」と当データベースが2週間無料でお試しいただけます。

週刊T&Amaster無料試読申し込みはこちら

人気記事

人気商品

  • bnr-購読者専用ダウンロードサービス
  • 法苑
  • 裁判官検索