カートの中身

カートへ

カートの中身空

閲覧履歴

最近閲覧した商品

表示情報はありません

最近閲覧した記事

コラム2019年10月07日 今週の専門用語 離脱時の時価評価課税(2019年10月7日号・№806)




離脱時の時価評価課税

 現行連結納税制度上、グループを離脱する法人は資産を簿価のまま持ち出せるため、当該離脱法人に含み損資産がある場合、グループ内に残る法人は離脱法人株の売却による譲渡損計上、離脱法人は(離脱後に)含み損の実現という形で、損失を2回控除できてしまう。そこで連結納税制度の見直しでは、グループから離脱する法人がその事業を継続する見込みがないなどの場合には、離脱時にその法人の資産を時価評価し、その評価損益を投資簿価修正の対象とすることなどが検討されている。





当ページの閲覧には、週刊T&Amasterの年間購読、
及び新日本法規WEB会員のご登録が必要です。

週刊T&Amaster 年間購読

お申込み

新日本法規WEB会員

ログイン/新規会員登録

当データベースが2週間無料でお試しいただけます。

週刊T&Amaster見本誌無料試読申込みはこちら

  • 裁判官検索
  • 書籍以外の商品
  • 法苑