カートの中身空

閲覧履歴

最近閲覧した商品

表示情報はありません

最近閲覧した記事

会社法ニュース2022年06月23日 工事完成基準に変更せず、北弘電社に課徴金勧告 証券監視委、令和3年3月期有価証券報告書等で売上の過大計上等

速報 News Wave

 証券取引等監視委員会は6月21日、北弘電社(札幌証券取引所)に対し、令和3年3月期有価証券報告書などに虚偽記載(売上の過大計上及び売上原価の過少計上等)があったとして、課徴金600万円を課すよう金融庁に対して勧告した。同社は、太陽光発電所建設工事において、工事進行基準を適用していたが、土木工事等の大幅な追加原価が発生し始めたにもかかわらず、具体的な増加金額を把握できておらず、工事原価総額の増加がどの程度になるか適切に見積ることができない状況になっていたことから、工事進行基準から工事完成基準に変更して、工事収益を認識すべきであったが、これをしなかったため売上を過大に計上することになったとしている。工事進行基準を適用した工事契約について、事後的な事情の変化により成果の確実性が失われた場合には、その後の会計処理については工事完成基準を適用することとされている。

当ページの閲覧には、週刊T&Amasterの年間購読、
及び新日本法規WEB会員のご登録が必要です。

週刊T&Amaster 年間購読

お申し込み

新日本法規WEB会員

試読申し込みをいただくと、「【電子版】T&Amaster最新号1冊」と当データベースが2週間無料でお試しいただけます。

週刊T&Amaster無料試読申し込みはこちら

人気記事

人気商品

  • bnr-購読者専用ダウンロードサービス
  • 法苑
  • 裁判官検索