カートの中身空

閲覧履歴

最近閲覧した商品

表示情報はありません

最近閲覧した記事

オフィシャル税務2020年07月01日 令和2年分の平均路線価は1.6%上昇 鳩居堂前が路線価の過去最高額を4年連続更新

速報 News Wave

 国税庁は7月1日、令和2年分の路線価等を同庁ホームページで公表した。令和2年分の全国の平均路線価(標準宅地の評価基準額)は「+1.6%」と5年連続で上昇した。平均路線価の状況を都道府県別では、上昇した都道府県の数は21にのぼっている。山形県及び山口県が下落から上昇に転じる一方で、兵庫県が変動率0.0%から下落に転じた。
 また、都道府県庁所在地都市の最高路線価(表参照)をみると、最高路線価が上昇した都市は前年から5都市増えて38都市にのぼっている。なお、全国で路線価が最も高かったのは、35年連続で「東京都中央区銀座5丁目」(鳩居堂前を含む4地点)であった。その1㎡当たりの路線価は「45,920千円」(前年比+0.7%)で、路線価の過去最高額を4年連続で更新している。

https://www.rosenka.nta.go.jp/

当ページの閲覧には、週刊T&Amasterの年間購読、
及び新日本法規WEB会員のご登録が必要です。

週刊T&Amaster 年間購読

お申し込み

新日本法規WEB会員

ログイン/新規会員登録

試読申し込みをいただくと、「【電子版】T&Amaster最新号1冊」と当データベースが2週間無料でお試しいただけます。

週刊T&Amaster無料試読申し込みはこちら

人気記事

人気商品

  • bnr-購読者専用ダウンロードサービス
  • 法苑
  • 裁判官検索