カートの中身空

閲覧履歴

最近閲覧した商品

表示情報はありません

最近閲覧した記事

コラム2020年07月13日 今週の専門用語 スプリットオフ(2020年7月13日号・№842)

スプリットオフ

 自社(親会社)の株主に対し子会社株式を交付することで、子会社を自社から切り離す手法。この点はスピンオフと変らないが、スピンオフでは親会社株主に対し子会社株式を「現物配当」するのに対し、スプリットオフでは「親会社株式の償還対価」として交付される。これは親会社から見れば、子会社株式を対価とした「自社株買い」である。要するに、スプリットオフとは「キャッシュの流出を伴わない株主還元策+スピンオフ」とも言える。なお、親会社株主が当該償還に応じるか否かは選択できる。

当ページの閲覧には、週刊T&Amasterの年間購読、
及び新日本法規WEB会員のご登録が必要です。

週刊T&Amaster 年間購読

お申し込み

新日本法規WEB会員

試読申し込みをいただくと、「【電子版】T&Amaster最新号1冊」と当データベースが2週間無料でお試しいただけます。

週刊T&Amaster無料試読申し込みはこちら

人気記事

人気商品

  • bnr-購読者専用ダウンロードサービス
  • 法苑
  • 裁判官検索