カートの中身空

閲覧履歴

最近閲覧した商品

表示情報はありません

最近閲覧した記事

コラム2018年07月30日 【月曜朝イチCHECK】 平成30年7月豪雨で相続放棄等の熟慮期間が延長(2018年7月30日号・№749)

平成30年7月豪雨で相続放棄等の熟慮期間が延長  相続放棄をする場合には、被相続人が亡くなってから3か月以内に家庭裁判所に申し立てる必要があるが、今回の平成30年7月豪雨の被害に鑑み、裁判所は平成30年6月28日に災害救助法の適用対象地域(全国で11府県61市38町4村(7月19日現在))に住所を有していた相続人について、相続放棄等の熟慮期間を平成31年2月28日まで延長することを明らかにした。具体的には、平成30年6月28日から平成31年2月27日までの間に、相続放棄等のできる期間の末日が到来する場合が対象となる。

当ページの閲覧には、週刊T&Amasterの年間購読、
及び新日本法規WEB会員のご登録が必要です。

週刊T&Amaster 年間購読

お申し込み

新日本法規WEB会員

ログイン/新規会員登録

試読申し込みをいただくと、「【電子版】T&Amaster最新号1冊」と当データベースが2週間無料でお試しいただけます。

週刊T&Amaster無料試読申し込みはこちら

人気記事

人気商品

  • bnr-購読者専用ダウンロードサービス
  • 法苑
  • 裁判官検索