カートの中身空

閲覧履歴

最近閲覧した商品

表示情報はありません

最近閲覧した記事

一般2021年05月12日 Virtual Sportsへの注目 執筆者:多賀啓

1 2021年2月15日、国際オリンピック委員会(IOC)は、IOC理事会がOlympic Agenda 2020+5 15 Recommendations(本稿では便宜上“Agenda 2020+5”といいます)を提案したことをリリースしました。
Agenda 2020+5は、IOCの新たなロードマップで(2020年+5年=2025年まで)、15項目の提言からなるものです。この中には、COVID-19の影響を踏まえた提言が盛り込まれており、例えば、デジタルでの人々の交流を拡大すること(提言8)1や、Virtual Sportsの発展を奨励し、ビデオゲームコミュニティーとのさらなる関わりを持つこと(提言9)2が掲げられています。
コロナ禍においてVirtual Sports市場が急成長していることを踏まえ、若年層のスポーツの参加を促すことを目的とした提言と考えられます。人と人とのフィジカルな交流が制約される中、Virtual Sportsがデジタルでの人々の交流を促す上で重要な役割を果たすことが期待されています。

2 Agenda 2020+5の提言9では、Virtual Sportsと「ビデオゲーム」とを区別しています。提言9においては、「ビデオゲーム」については、リーグ・オブ・レジェンドのような対戦ゲームやスーパーマリオのようなカジュアルなゲームも含まれる、としているのに対し、Virtual Sportsは現実のスポーツを基に創作されたゲームを想定していると読み取れます。

3 また、Agenda 2020+5の提言9では、Virtual Sportsは“physical”と“non-physical”という2つの形式に分けられるとされています。“physical”の例として自転車が挙げられており、いわゆるバーチャルサイクリングのように、自転車を漕ぐ動作をしながらバーチャルでのレースを行うものが想定されているようです。また、“non-physical”の例として挙げられているのはサッカーですが、これはFIFAシリーズ等のゲームが著名なように、コントローラーを操作してゲーム上のプレイヤーを動かして対戦をするものが想定されているようです。“physical”と“non-physical”の違いは、現実のスポーツと同様の動作をするかどうか、という点にあるように思われます。

4 Agenda 2020+5に基づいて、IOCは、2021年4月、同年5月から6月にかけて、史上初のオリンピックバーチャルシリーズ(OVS)を開催することを発表しました3。IOCが初めてライセンスしたバーチャルスポーツのイベントになります。
このイベントでは5つの種目が設けられており、IOCと連携してイベントを行う国際競技連盟(IF)、ゲームタイトル、ゲームパブリッシャーは次のとおりとされています。
▷ 世界野球ソフトボール連盟(WBSC):「eBaseball パワフルプロ野球2020」(株式会社コナミデジタルエンタテインメント)
▷ 国際自転車競技連合(UCI):「Zwift」(Zwift Inc.)
▷ 国際ボート連盟(World Rowing):オープンフォーマット
▷ ワールドセーリング(WS):「Virtual Regatta」(Virtual Regatta)
▷ 国際自動車連盟(FIA):「グランツーリスモ」(株式会社ポリフォニー・デジタル)
世界中の選手がオンラインで参加するイベントとなりますが、チート行為やドーピング行為への対処といった課題もあり、バーチャルスポーツの発展に向けた試金石といえるでしょう。

5 格闘系、採点系、記録系のスポーツといったスポーツの形態によっても、バーチャルへの「なじみやすさ」も自ずから異なります。IOCは、各IFに対し、それぞれのスポーツをバーチャルでも発展させていくことを求めていますが、今月から開催されるOVSを経て、Virtual Sportsが各スポーツにおいてどのような広がりを見せていくのか注目されるところです。


1 Agenda 2020+5, Recommendation 8 “Grow digital engagement with people”
2 Agenda 2020+5, Recommendation 9 “Encourage the development of virtual sports and further engage with video gaming communities”
3 https://olympics.com/ioc/news/international-olympic-committee-makes-landmark-move-into-virtual-sports-by-announcing-first-ever-olympic-virtual-series?

(2021年5月執筆)

執筆者

多賀 啓たが ひろむ

弁護士

略歴・経歴

パークス法律事務所・弁護士
東京都立大学法科大学院・講師
尚美学園大学スポーツマネジメント学部・講師
学歴
2010年 首都大学東京都市教養学部法学系(現 東京都立大学法学部)卒業
2012年 首都大学東京法科大学院(現 東京都立大学法科大学院)修了

取扱分野
スポーツ法務、企業・団体法務、訴訟・仲裁その他紛争解決

著書
『スポーツの法律相談』(共著)青林書院(2017年3月)
『スポーツ事故対策マニュアル』(共著)体育施設出版(2017年7月)
『Q&Aでわかる アンチ・ドーピングの基本』(編著)同文館出版(2018年11月)
『法務担当者のための契約実務ハンドブック』(共著)商事法務(2019年3月)

執筆者の記事

  • bnr-購読者専用ダウンロードサービス
  • 法苑
  • 裁判官検索