カートの中身空

閲覧履歴

最近閲覧した商品

表示情報はありません

最近閲覧した記事

経営・総務2020年08月06日 特別企画:全国社長出身大学分析(2020年) 出典:帝国データバンク

社長の出身大学、日本大学がトップ
~上場企業では、国立大学出身の社長が目立つ~

はじめに
 少子化が進み小・中学校の在学者数が過去最少を記録する一方で、大学の在学者数は年々増加傾向で推移している。文部科学省によると、2019年度の大学(学部)進学率は前年度を0.4ポイント上回り、53.7%と過去最高を記録。大学学生数も291万8668人となり、前年度と比べ約1万人の増加となった。また、学生全体に占める女性の割合は45.4%と過去最高を記録しており、10年前、20年前と比べて、男女ともに大学への進学が一般的になりつつある。
 こうしたなか帝国データバンクは、2020年6月時点の企業概要ファイル「COSMOS2」(約147万社収録)から企業(個人、非営利、公益法人等除く)の社長出身大学データを抽出。約27万3000人の出身大学をランキング形式で集計した。
調査結果(要旨)
1.社長の出身大学上位30校を見ると、「日本大学」が2万231人で最多となった。次いで、「慶應義塾大学」(1万420人)、「早稲田大学」(9865人)、「明治大学」(8460人)、「中央大学」(7298人)となった
2.上場企業社長の出身大学では、「慶應義塾大学」が272人で最も多く、次いで「早稲田大学」(182人)、「東京大学」(169人)、「京都大学」(86人)、「日本大学」(77人)となった。上位30校をみると、国立大学(計11校)のランクインが目立つ
3.企業の年商規模別に見ると、「10億円未満」と「10億~50億円未満」では「日本大学」が最多となった一方、年商50億円以上では「慶應義塾大学」がトップとなった
4.社長の年代別に見ると、「40歳未満」では「慶應義塾大学」が最多となった一方、40代以上では「日本大学」が最多となった
1.出身大学別ランキング
 社長の出身大学上位30校を見ると、「日本大学」が2万231人で最も多く、「慶應義塾大学」(1万420人)、「早稲田大学」(9865人)、「明治大学」(8460人)と続いた。2000年時点と比較すると、多くの大学は社長数が減少しているが、「近畿大学」や「東海大学」などは大きく増加したほか、「京都産業大学」や「愛知学院大学」など新たにランキングに入った大学もあった。
2.上場企業社長の出身大学別ランキング
 上場企業社長の出身大学では、「慶應義塾大学」が272人で最も多く、前年から8人増となった。次いで「早稲田大学」(182人)、「東京大学」(169人)、「京都大学」(86人)、「日本大学」(77人)が上位にランクイン。
 また上位30校のうち、「東京大学」と「京都大学」のほか、「一橋大学」(51人)や「大阪大学」(45人)、「神戸大学」(35人)、「横浜国立大学」・「九州大学」(26人)、「東北大学」(25人)、「名古屋大学」(22人)、「北海道大学」(17人)、「東京工業大学」(16人)といった国立大学(計11校)のランクインが目立つ。
3.年商規模別ランキング
 年商規模別に見ると、「10 億円未満」と「10 億~50 億円未満」では「日本大学」が最多となった一方、年商 50 億円以上では「慶應義塾大学」がトップとなった。また、「100 億~500 億円未満」では「東京大学」、「500 億円以上」では「京都大学」がランクインし、年商規模が上がるにつれ国立上位校がランクインする傾向が見られた。
4.業歴別ランキング
 業歴別に見ると、「100年以上」を除いて「日本大学」が最多となった。「100年以上」の老舗企業では「慶應義塾大学」がトップとなったほか、「同志社大学」が5位にランクイン。また全ての項目で「日本大学」、「慶應義塾大学」、「早稲田大学」、「明治大学」がトップ5に入った。
5.年代別ランキング
 社長の年代別に見ると、「40歳未満」では「慶應義塾大学」が最多となり、40代以上では「日本大学」が最多となった。前年結果と比べると、「40代」の「慶應義塾大学」と「早稲田大学」の順位が入れ替わった以外、変動はなかった。
6.就任経緯別ランキング
 社長の就任経緯別に見ると、経営者を社外から招く「外部招へい」により就任した社長では「慶應義塾大学」、「出向」では「早稲田大学」、それ以外は「日本大学」が最多となった。「外部招へい」で4位、「出向」で3位となった「東京大学」が国立大学で唯一ランクインした。

関連記事

この記事に関連するキーワード

関連カテゴリから探す

  • bnr-購読者専用ダウンロードサービス
  • 法苑
  • 裁判官検索