カートの中身空

閲覧履歴

最近閲覧した商品

表示情報はありません

最近閲覧した記事

民事2019年04月18日 <新債権法対応>契約実務における3つの失敗例 発刊によせて執筆者より 執筆者:工藤洋治

 令和2年(2020年)4月1日、債権関係分野の見直しを内容とする改正民法が施行されます。
 改正民法を踏まえた契約書の見直し等のニーズ・相談は、施行日に向けて、今後ますます増えてくると思われますが、不十分・不適切な対応をとった場合に発生すると予測される失敗例として、以下の3つがあります。

失敗例その1:契約条項の文言を置き換えるだけ

 改正民法では、「瑕疵担保責任」が「契約不適合責任」へと用語の変更がされました。これを受けて、従来の契約条項における「瑕疵」という言葉を、「契約の内容に適合しないこと」といった言葉に置き換えるだけの対応で済ませようとしていないでしょうか。
 「契約不適合責任」は、単なる用語の変更ではありません。特に「効果」の点で、従来にはない内容が法定されました。その一方で、基本的に任意規定なので、契約でその内容を排除・修正することも認められます。
 このため、例えば、瑕疵担保責任について解除と損害賠償だけを効果として定める従来の契約条項について、用語を変更するだけの対応をとると、「改正民法が新たに法定した効果を、あえて排除する趣旨(効果を解除と損害賠償に限定する趣旨)」なのか、「そこまでの意味はなく、法定の効果を主張することも認める趣旨」なのかが不明確となります(これに起因する紛争も生じかねません。)。
 契約書の見直しに当たっては、こうした疑義が生じないよう、事案に応じ適切な内容の要件・効果を、明確に定める必要があります。

失敗例その2:無効な契約書を締結してしまう

 保証に関する改正内容は、基本的に強行規定と解されます。したがって、この内容を適切に踏まえて契約書を作成しないと、「保証契約を締結したつもりになっていたが、実は無効だった」という致命的な失敗をすることになります。
 例えば、極度額の定めは、従来は、「貸金等債務」を対象とする個人保証においてのみ、要求されていました。改正民法においては、その範囲が広げられ、「一定の範囲に属する不特定の債務」を対象とする個人保証全般について、極度額の定めが必要(すなわち、極度額の定めがなければ、その保証契約は無効)とされました。
 具体的には、施行日後に締結する建物賃貸借契約や取引基本契約において個人の連帯保証人を付す場合には、極度額を定める契約条項を備えることが必須となります。

失敗例その3:新旧の適用関係を間違える

 直近に購入した六法をめくると、新旧両方の条文が掲載されています。現在は改正民法の施行日前ですから、改正前の現行民法が掲載されているのは当然です。しかし、注意をしなければならないのは、「改正民法の施行日後であっても、少なくとも数年間は、改正前民法の条文を手放せない」ということです。
 例えば、会社間の契約において債務不履行があった場合、改正前の法令によれば、「権利行使可能時から5年間」の商事消滅時効にかかります。これに対して、改正後の法令によれば、商事消滅時効は廃止されますので、民法に従い、「権利行使可能時から10年間」又は「知った時から5年間」の消滅時効にかかります。
そこで、改正民法の施行日後に、「権利行使可能時から4年11か月時点で、契約上の債務不履行が発覚した」というような場合に、改正民法の条文を見て、「あと5年以内に権利行使すれば足りる」と判断したとします。
 ところが、当該契約の「締結」が改正民法の施行日前だとしたら、上記の判断は、決定的に間違っています。
 改正法の附則において、「施行日前に債権が生じた場合におけるその債権の消滅時効の期間については、なお従前の例による。」(附則10条4項。同条1項括弧書き参照。)とされています。したがって、契約締結が施行日前であれば、上記の例における消滅時効期間は、あくまでも「権利行使可能時から5年間」なのです(すなわち、大急ぎで催告等の措置をとらないと、失権してしまいます。)。
 このほかにも、新旧の適用関係については、附則で細かな定めが置かれていますから、常にこれを参照し、間違いのない対応をとる必要があります。

(2019年4月執筆)

発刊によせて執筆者より 全54記事

  1. 被害者の自殺と過失相殺
  2. <新型コロナウイルス>「株主総会運営に係るQ&A」と中小企業の株主総会
  3. 意外と使える限定承認
  4. 保育士・保育教諭が知っておきたい法改正~体罰禁止を明示した改正法について~
  5. 筆界と所有権界のミスマッチ
  6. 相続法改正と遺言
  7. 資格士業の幸せと矜持
  8. 労働基準法改正への対応等、ケアマネジャーに求められる対応は十分か
  9. 人身損害と物的損害の狭間
  10. <新債権法対応>契約実務における3つの失敗例
  11. 新債権法施行へのカウントダウン - 弁護士実務への影響 -
  12. 不動産売買における瑕疵担保責任から契約不適合責任への転換の影響
  13. 子を巡る紛争の解決基準について
  14. 所有者不明土地問題の現象の一側面
  15. 相続法の大改正で何が変わるのか
  16. 民法改正による交通事故損害賠償業務への影響
  17. 「相手が不快に思えばハラスメント」の大罪
  18. 身体拘束をしないこと
  19. 合同会社の設立時にご検討いただきたい点
  20. 社会福祉法人のガバナンスが機能不全している実態が社会問題に
  21. 借地に関する民法改正
  22. ただの同棲なのか保護すべき事実婚なのか
  23. 農地相談についての雑感
  24. 瑕疵か契約不適合か 品確法は、改正民法に用語を合わせるべきである
  25. 外国人受入れ要件としての日本語能力の重要性
  26. 相続法改正の追加試案について
  27. 民法(債権法)改正
  28. 相続人不存在と不在者の話
  29. 財産分与の『2分の1ルール』を修正する事情について
  30. 離婚を引き金とする貧困問題と事情変更による養育費の変更
  31. 建物漏水事故の増加と漏水事故に関する終局的責任の帰趨
  32. 働き方改革は売上を犠牲にする?
  33. 次期会社法改正に向けた議論状況
  34. 消費者契約法改正と「クロレラチラシ配布差止等請求事件最高裁判決(最判H29.1.24) 」の及ぼす影響
  35. 「買主、注意せよ」から「売主、注意せよ」へ
  36. 障害福祉法制の展望
  37. 評価単位について
  38. 止まない「バイトテロ」
  39. 新行政不服審査法の施行について
  40. JR東海認知症事件最高裁判決について
  41. 不動産業界を変容させる三本の矢
  42. 経営支配権をめぐる紛争について
  43. マンションにおける管理規約
  44. 相続法の改正
  45. 消防予防行政の執行体制の足腰を強化することが必要
  46. 最近の地方議会の取組み
  47. 空き家 どうする?
  48. 個人情報保護法、10年ぶりの改正!
  49. 最近の事業承継・傾向と対策
  50. ネーム・アンド・シェイムで過重労働は防止できるのか
  51. 離婚認容基準の変化と解決の視点
  52. 境界をめぐって
  53. 妻の不倫相手の子に対しても養育費の支払義務がある?
  54. 個別労働紛争解決のためのアドバイス
  • bnr-購読者専用ダウンロードサービス
  • 法苑
  • 裁判官検索