カートの中身空

閲覧履歴

最近閲覧した商品

表示情報はありません

最近閲覧した記事

人事労務2015年06月18日 個別労働紛争解決のためのアドバイス 発刊によせて執筆者より 執筆者:馬場三紀子

 労働関係に関する事項についての個々の労働者と事業主との紛争である個別労働紛争の増加は顕著であり、裁判所、行政(国と地方公共団体)、民間の各分野において紛争解決が行われています。なかでも行政の分野である都道府県の労働局、労働基準監督署、主要都市の駅近隣の建物などに設けられた総合労働相談窓口によせられた相談件数は、6年連続で100万件を超し、高止まりしています。また民事上の個別労働紛争の相談内訳については、「いじめ・嫌がらせ」が増加し全体の21.4%を占め「解雇」よりも多く、雇用形態別にみると平成14年度は正社員からの相談が53.6%を占めていたのに対し、平成26年度は正社員の比率が38.2%まで減少し、パート・アルバイトが16.2%、期間契約社員10.9%、派遣労働者4.4%の順に多くなっています。(「平成26年度個別労働紛争解決制度」施行状況(厚労省))。
 紛争増加の背景には、国内外における企業間の競争の激化による厳しい雇用環境や女性労働者、高年齢労働者、外国人労働者が増えるなか、パート社員、契約社員、派遣社員といった非正規雇用労働者の増加による雇用形態の多様化があります。この雇用形態の多様化が職場での利害関係も多様にし、「労」対「使」の対立だけでなく、ベテランパートと正社員である新入社員という異なる雇用形態の労働者が職場を同じくすることに起因する紛争が起きています。さらに、高年齢労働者や短時間労働者、女性労働者を対象にした保護立法が増加し労働法制が複雑化する中で、事業主のとりわけ非正規雇用労働者に対する労働基準法などの労働法令の遵守意識の低さもあげられます。「面接に行ったら委託契約書にサインさせられた。」「有給休暇を申請したらパートにはないと言われた。」「仕事中にぶつけた車の修理代を全額、給料から差し引かれた。」「仕事中にケガをしたのに契約社員に労災の適用はないと言われた。」「上司のパワハラが原因でうつ病になるとパートを理由に退職届の提出を強要された。」「妊娠したら雇止めをほのめかされた。」「残業代を支払ってほしいと言ったら上司のいじめ・嫌がらせが始まった。」といった労働紛争が日々起きています。
 一方で、「ミスや顧客からのクレームが多いので解雇したら不当解雇だと言われた。」といった事業主からの相談にもあるように、労働者はインターネット等を通じて労働法の基本的な知識を把握しているのが現状です。
 事業所内で労働問題が放置されると労働者の不満が解消されないまま蓄積されるため、労働者本人には経済的、精神的損失が拡大し、事業主は有能な人材の流出やモチベーションの低下による生産性の低下を招くことになり、両者が協調していたら生み出すことが可能であった利益を失ってしまいます。また、紛争の解決には労使ともにいろいろな意味でコストがかかるのも事実です。
 こうしたデメリットを回避するために、会社は会社の考えを一方的に主張するのではなく、立場の弱い非正規雇用労働者の本音に耳を傾け労働者にわかるように説明し、労使が互いに協力し合う姿勢を持つことで、トラブルが起こりにくい企業風土をつくることが可能になるでしょう。

(2015年6月執筆)

発刊によせて執筆者より 全54記事

  1. 被害者の自殺と過失相殺
  2. <新型コロナウイルス>「株主総会運営に係るQ&A」と中小企業の株主総会
  3. 意外と使える限定承認
  4. 保育士・保育教諭が知っておきたい法改正~体罰禁止を明示した改正法について~
  5. 筆界と所有権界のミスマッチ
  6. 相続法改正と遺言
  7. 資格士業の幸せと矜持
  8. 労働基準法改正への対応等、ケアマネジャーに求められる対応は十分か
  9. 人身損害と物的損害の狭間
  10. <新債権法対応>契約実務における3つの失敗例
  11. 新債権法施行へのカウントダウン - 弁護士実務への影響 -
  12. 不動産売買における瑕疵担保責任から契約不適合責任への転換の影響
  13. 子を巡る紛争の解決基準について
  14. 所有者不明土地問題の現象の一側面
  15. 相続法の大改正で何が変わるのか
  16. 民法改正による交通事故損害賠償業務への影響
  17. 「相手が不快に思えばハラスメント」の大罪
  18. 身体拘束をしないこと
  19. 合同会社の設立時にご検討いただきたい点
  20. 社会福祉法人のガバナンスが機能不全している実態が社会問題に
  21. 借地に関する民法改正
  22. ただの同棲なのか保護すべき事実婚なのか
  23. 農地相談についての雑感
  24. 瑕疵か契約不適合か 品確法は、改正民法に用語を合わせるべきである
  25. 外国人受入れ要件としての日本語能力の重要性
  26. 相続法改正の追加試案について
  27. 民法(債権法)改正
  28. 相続人不存在と不在者の話
  29. 財産分与の『2分の1ルール』を修正する事情について
  30. 離婚を引き金とする貧困問題と事情変更による養育費の変更
  31. 建物漏水事故の増加と漏水事故に関する終局的責任の帰趨
  32. 働き方改革は売上を犠牲にする?
  33. 次期会社法改正に向けた議論状況
  34. 消費者契約法改正と「クロレラチラシ配布差止等請求事件最高裁判決(最判H29.1.24) 」の及ぼす影響
  35. 「買主、注意せよ」から「売主、注意せよ」へ
  36. 障害福祉法制の展望
  37. 評価単位について
  38. 止まない「バイトテロ」
  39. 新行政不服審査法の施行について
  40. JR東海認知症事件最高裁判決について
  41. 不動産業界を変容させる三本の矢
  42. 経営支配権をめぐる紛争について
  43. マンションにおける管理規約
  44. 相続法の改正
  45. 消防予防行政の執行体制の足腰を強化することが必要
  46. 最近の地方議会の取組み
  47. 空き家 どうする?
  48. 個人情報保護法、10年ぶりの改正!
  49. 最近の事業承継・傾向と対策
  50. ネーム・アンド・シェイムで過重労働は防止できるのか
  51. 離婚認容基準の変化と解決の視点
  52. 境界をめぐって
  53. 妻の不倫相手の子に対しても養育費の支払義務がある?
  54. 個別労働紛争解決のためのアドバイス
  • bnr-購読者専用ダウンロードサービス
  • 法苑
  • 裁判官検索