カートの中身空

閲覧履歴

最近閲覧した商品

表示情報はありません

最近閲覧した記事

その他2018年06月28日 中国所在の不動産を巡る紛争と裁判管轄の問題 一般社団法人日中法務交流・協力日本機構からの便り 執筆者:久保田祐佳

 グローバル化の進展に伴い、今後、増加が予想される中国所在の不動産を巡る最近の裁判例を1つ、ご紹介させていただきます。

 ご紹介する事案は、かつて夫婦であった者同士の間で起こった紛争です。元夫婦両名と、その間に生まれた長男は、元夫婦の離婚に先立ち、中華人民共和国の上海市に所在のマンションの1室について、次のような内容が含まれる公正証書を日本の公証役場で作成しました。その内容とは、当該マンションは、その3名の共有であり、管理は3名共同で行うこと、という内容です。このほか、婚姻費用や養育費に関する取り決めも盛り込まれました。

 その後、元夫婦の一方が、他方と長男に対し、この上海市のマンションの共有関係を解消し、自分の持分について、しかるべき価格で買い取るよう、日本の裁判所に求めたのが今回の事案です(東京地裁平成25年2月22日判決:平成24年(ワ)第21280号 共有物分割請求事件)。なお、訴えを起こした原告の主張によると、当事者はみな、日本国内に住所を有していました。
 本件につき、裁判所は、結論としてこの請求を認めませんでした。

 以下では、裁判所の判断過程を簡単にご説明します。
 そもそも、外国にある不動産を巡る裁判について、日本で裁判を起こすことができるのか、という点が問題となりました。裁判管轄の問題です。
 この、裁判管轄については、日本の民事訴訟法では、3条の2から3条の12において、日本の裁判所がどのような場合に管轄を有するか、に関する一定の規定を置いています。
〈1〉 民事訴訟法3条の2
 この規定のうち、3条の2では、「裁判所は、人に対する訴えについて、その住所が日本国内にあるとき」には、「管轄権を有する。」と規定しています。そうしますと、本件では、訴えられた元夫婦の一方と長男は、日本国内に住所があるとのことですので、この規定に従えば、日本の裁判所に、本件を審理するための管轄がある、という結論になりそうです。
〈2〉 民事訴訟法3条の9
 しかし、民事訴訟法3条の9には、別の規定も置かれています。
 すなわち、「裁判所は、訴えについて日本の裁判所が管轄権を有することとなる場合(日本の裁判所にのみ訴えを提起することができる旨の合意に基づき訴えが提起された場合を除く。)においても、事案の性質、応訴による被告の負担の程度、証拠の所在地その他の事情を考慮して、日本の裁判所が審理及び裁判をすることが当事者間の衡平を害し、又は適正かつ迅速な審理の実現を妨げることとなる特別の事情があると認めるときは、その訴えの全部又は一部を却下することができる。」という規定です。
 つまりこの規定は、民訴法3条の2以下の規定により、訴えについて日本の裁判所が管轄権を有することになる場合(本件では前記のとおり民訴法3条の2の要件を満たしています。)であっても、「特別の事情」がある場合には、訴えの却下を認めるという規定です。
 この規定により、本件では、原告の訴えが却下されました。
〈3〉 却下の理由となった事情
 この民事訴訟法3条の9が適用されるにあたり、裁判所が考慮した主な事情は、以下のような点です。
 まず、本件を日本の裁判所が審理する場合、争いの元となっている不動産が海外にあることから、どこの国の法律を適用して審理をするべきか、という準拠法の問題です。この準拠法については、法の適用に関する通則法という法律があり、本件では、その13条より、「目的物の所在地法」である中国の法律となります。この中国の法律の解釈・適用には、相当な困難が伴うことが本件では予想されました。
 次に、仮に本件において、日本の裁判所が一定の判決を下したとしても、その判決が中国で承認されるとは限らず、紛争の解決にはつながらない可能性もありました。
 さらに、このマンションは上海にあるため、もしも原告が希望する通り、原告の持分について、しかるべき価格で買い取るよう被告に求める場合には、その前提として、当該マンションの価格の評価が問題となります。しかし、その価格の鑑定は、日本に所在する不動産に比し、困難が付きまといます。

 裁判所は、おおまかには以上のような理由から、日本の裁判所が本件の審理及び裁判をするとなると、適正な審理及び裁判の実現を妨げることとなる「特別の事情」があるとして、原告の請求を却下しました。当事者が皆、日本国内に住所を有するとされる事例ですので、一見すると、日本の裁判所で審理を進め、結論を出してくれるのではないかと考えがちですが、本件のように「特別の事情」がある場合には、日本の裁判所では審理をしてもらえない場合もある、ということがわかります。この「特別の事情」については、事例の集積が十分とはいえませんので、今後も裁判例の動向には、気を払う必要があるといえます。

(2018年6月執筆)

執筆者プロフィール


■略 歴


2004年 慶応義塾大学法学部政治学科卒業


2008年 名古屋大学法科大学院卒業


2009年 弁護士登録

名古屋大学法政国際教育協力研究センター(CALE)との協力により、『法律家と国際協力の世界』を編集・出版


2010年 タイ国境付近の難民支援学校にて法律講義


2011年 「震災と女性・子ども・障害者・外国人の人権~東日本大震災を通して」と題するイベントにて講師の1人として講演(ヒューマンライツ・ナウ主催)




■業 務


(1)渉外分野


一般民事事件・刑事事件全般に関心がありますが、世界各地に外国人の友人がいることもあり、渉外的な要素を含む法律問題(国際結婚や国際離婚に関する紛争、外国人の在留資格を巡る紛争等)についても、試行錯誤しながら取り組んでいます。


(2)企業法務


ロースクール在学中より、会社法を始め民事法分野は得意分野の1つであり、とても好きな分野です。各種株式の発行手続から株主総会関係、会社関係訴訟、会社非訟事件、組織再編関係まで、幅広く対応可能です。


(3)所属事務所であるキーストーン法律事務所HP


   http://www.keystone-law.jp/index.html

一般社団法人日中法務交流・協力日本機構からの便り 全115記事

  1. 中国所在の不動産を巡る紛争と裁判管轄の問題
  2. 「老後は旅先で」~シニアの新しい生き方~
  3. 中国に出資しようとする外資企業に春が来た
  4. 「企業国外投資管理弁法」の概要
  5. 楽しさと便利さが、庶民の生活を作る。
  6. 中国会社法「司法解釈(4)」の要点解説
  7. 日本産業考察活動メモ
  8. 長江文明・インダス文明、再来の始まりを予感
  9. 中国国務院より「外資誘致20条の措置」が公布されました
  10. 中国の対日投資現状とトレンド(2)~中国の対日投資の論理とトレンド~
  11. 観光気分の危機管理
  12. 訴訟委任状に公証人の認証が必要か?
  13. 『外商投資企業設立及び変更届出管理暫定弁法』の解説
  14. 婚活は慎重に!とある中国人女性と日本人男性の事例
  15. 新旧<適格海外機関投資家国内証券投資の外国為替管理規定>の比較
  16. 中国では、今年から営業税から増値税に切り換え課税するようになりました。
  17. 土地使用権の期限切れ
  18. 過度な中国経済悲観論について思うこと
  19. 『中華人民共和国広告法(2015年改正)』の施行による外資企業への影響(後編)
  20. 203高地への道
  21. 中国大陸における債権回収事件(後編)
  22. 中国大陸における債権回収事件(前編)
  23. 訪日観光は平和の保障
  24. 大連事務所15周年&新首席代表披露パーティーを行いました
  25. 再び動き出した中国の環境公益訴訟
  26. 「国家憲法の日」の制定
  27. 中国独占禁止法
  28. 道路の渡り方にみる日中の比較
  29. 日本の弁護士と中国の律師がともに講師となってセミナー
  30. 日中平和友好条約締結35周年に思う
  31. 中国におけるネットビジネス事情
  32. 敦煌莫高窟観光の人数制限と完全予約制の実施
  33. 両国の震災支援を両国民の友好につなげたい
  34. 公共交通機関のサービス体制
  35. 「ありがとう」を頻繁に口にすることの効果
  36. 久しぶりの上海は穏やかだ
  37. 事業再編の意外な落とし穴
  38. 強く望まれる独禁法制の東アジア圏協力協定化
  39. いまこそ日本企業家の心意気を持って
  40. iPadに見る中国の商標権事情
  41. 人民元と円との直接取引がスタート
  42. 中・韓のFTA(自由貿易協定)交渉開始と日本
  43. 固定観念を打破し、異質を結びあわす閃きと気概
  44. 若い世代を引きつける京劇
  45. 大都市は交通インフラが課題だ!
  46. 杭州市政府の若手職員の心意気
  47. 13億4000万人を養う中国の国家戦略
  48. 「命の安全」を考える。
  49. 大連で労働法セミナーを開催しました
  50. 中国でも「禁煙」規定が発効
  51. 中国における震災報道から思う
  52. IT通信手段は、不可欠だ。
  53. 日本人は計画的?中国人は行きあたりばったり?
  54. 広州・北京に見るストライキ事情
  55. 商業賄賂で処罰
  56. 大連事務所は開設10周年を迎えました!
  57. 顔が見える交流
  58. 日本は人治、中国は法治?!
  59. 日本の公証人制度
  60. 充電スタンド建設の加速
  61. 上海の成熟した喧噪と法意識の違い
  62. 中国における日本人死刑執行の重み
  63. 中国の富裕層は日本経済の「救世主」か
  64. 日本に追いつき追い越せ/パートII
  65. 国際交流を望む中国研究者にとって日本は遠い国だ
  66. 「文化産業振興計画」の採択
  67. 国慶節に思う
  68. IC身分証明と在日外国人取締強化
  69. 「日本人は・・・・・」「中国人は・・・・・・・」
  70. 中国の携帯電話産業
  71. メラミン混入粉ミルク事件
  72. 大連市の公証人役場
  73. 東北アジア開発の動きと長春の律師
  74. 循環型経済促進法の制定
  75. 北京オリンピックと私たち
  76. 四川大震災に想う
  77. 日・中企業間の契約交渉の実例
  78. 東アジア共同体
  79. レジ袋の有料化
  80. 通訳の質について
  81. 「中国餃子バッシング」に思う
  82. 中国の休日
  83. インドを見てから、あらためて中国を見る
  84. 日中韓の国境は障害を乗り越え、確実に近くなっている。
  85. 北京市の自転車レンタル事業から中国の環境政策を見る
  86. 福田首相と日中友好
  87. 上海の空、東京の空 四日市公害裁判提訴(1967年)から40年後の今に想う
  88. 物権法の制定過程
  89. 司法より行政に権力がある
  90. 中国の『走出去』戦略を読む
  91. 中国の環境問題
  92. 中国のオーケストラ
  93. 春節
  94. 「いじめ」は共通語だ!
  95. 中国を見る眼
  96. 最高人民法院を訪問しました
  97. 機内食のコップ あっという間の進歩
  98. 冷静な眼と暖かい心
  99. 自主的な総合的力量を備える
  100. 宴席は丸か四角か
  101. 「十一五」規画始動!
  102. 依頼人の人権擁護
  103. 身の安全
  104. 中国で「勤勉さ」を学ぶ
  105. 203高地や旅順口などの戦跡を訪れて思う
  106. 「ソウルで味わった韓流の逞しさ」
  107. 中国と日本の立法・行政・司法
  108. くれぐれも御用心
  109. 海外旅行は、法リスクの宝庫だ。
  110. 互いの理解
  111. 信頼関係の形成に向けて
  112. 中国憲法における「改革・開放」路線
  113. 苦情処理センターの効用
  114. 信頼できる中国人パートナーを得る
  115. 外国への進出と契約
  • bnr-購読者専用ダウンロードサービス
  • 法苑
  • 裁判官検索