カートの中身空

閲覧履歴

最近閲覧した商品

表示情報はありません

最近閲覧した記事

その他2008年07月03日 日・中企業間の契約交渉の実例 日本人弁護士が見た中国 一般社団法人日中法務交流・協力日本機構からの便り 執筆者:菅原哲朗

 合理的な契約意思を持った日本の企業と中国の企業が対等かつ平等な取引を目指すとき、当然のことながら国際取引の実現に向けて交渉をなし、国際取引契約書を作成し締結する。
 当たり前の様に日本と中国の担当役員は互いの母国語を使用して「日文契約書」と「中文契約書」の2通を作成する。そこには日本語が記載された契約書が正本で、中文は翻訳にすぎないか、それとも中国語で記載された契約書が正本で、日文は翻訳にすぎないか、さらには日・中文2通とも正本の契約書にするのか、交渉のせめぎ合いが発生する。
 勿論、国際社会の慣例で、英文で作成すれば言葉は一つで論争となることはない。政治的な玉虫色の外交文書でないのに、日本の企業と中国の企業は日本語と中国語の違いに拘(こだわ)る。
 常に繰り返される古くて新しい問題だが、弁護士の眼から見れば、言葉は日本語・中国語・英語等はどれでも良い。ポイントは国際取引に万一紛争が生じたときに「準拠法」と「訴訟(仲裁)管轄」を如何に定めるかが重要だ。
 最近の例を紹介しよう。

 某日本企業(甲:売主)が某中国企業(乙:買主)の求めに応じて、中国ブランドを展開すべく日本の原材料を使用した新商品開発のため中国に輸出することになった。甲と乙の役員は日本と中国で互いの工場見学を重ね、信義誠実な取引を開始するため基本取引契約を締結しようと交渉を開始し、まず理念的な目的条項を作成した。(註:言語は日本語と中国語で作成したが、参考のため以下、日文契約条項のみ引用する。)
-----------------------------------------
第1条(目的)
1 甲乙は、甲が中国向け乙専用ブランドの商品群(以下「商品群」という)に適用供給する原製品(以下「供給品」という)を開発製造し、乙が供給品を輸入し中国国内で自社ブランドとして製品化、加工、販売することに合意した。
2 甲乙は、日本における供給品の開発と中国における商品群の販売について、相互利益尊重の理念に基づいて信義誠実に履行し、公正な取引関係を維持することをもって本契約の目的とする。
-----------------------------------------
 日本語と中国語と言葉は異なっても、甲乙は何ら問題のない2008年8月の北京オリンピックに向けた日中互恵かつ戦略的なパートナーとしての目的条項である。

 日本の精巧な原材料を自由に利用して中国ブランドの新商品ができると喜んだ中国企業(乙)は日本側に全面的に任せるから契約書(案)を自由に起案して欲しい、すぐに調印するとの話であった。そこで安心した日本側(甲)契約担当者は、準拠法と管轄を契約条項に記載した。
(1)(準拠法)本契約は、日本法を準拠法として、解釈されるものとする。
(2)(紛争解決)本契約からあるいはこの契約に関連して、当事者間に生じることがある、全ての紛争、論争もしくはその解釈に関して生じる見解の相違は、日本国での仲裁によって最終的に解決されるものとする。仲裁は日本国の社団法人日本商事仲裁協会の仲裁規則に従って、東京において仲裁により解決されるものとする。仲裁によって言い渡された裁定は最終的なものであり、本契約の両当事者を拘束する。

 日本側(甲)契約担当者は、例えば日本企業が中国の法律に基づいて合弁企業を中国に設立する案件ではない、かつ中国側が喉から手が出るほど欲しがっている原材料を単に輸出する単純な国際取引なので、「準拠法」と「訴訟(仲裁)管轄」は日本主導で構わないと考えた。
 弁護士の眼から管轄を見れば、日本の甲企業が原告となり中国の乙企業を被告にするなら中国の裁判所への提訴、中国の乙企業が原告となり日本の甲企業を被告にするなら日本の裁判所へ提訴が、入れ子形式で対等関係だと妥協を考える。しかし、100%契約書(案)作成を任せると中国側責任役員が話していた(なお乙企業役員は日本語を解せず回答は通訳からである)ので、これで調印できると信頼しきっていた。

 ところが、早速、修正の申し出が中国語だけでなく日本語翻訳付きで、下記の通り日本語で中国の乙企業から出てきて長い交渉が始まった。
-----------------------------------------------
<引用:翻訳原文のまま>
改正提案“本契約は甲乙双方で別に中文言語版と日文言語版を契約しました。契約の表現と理解不一致時、中文言語版を理解するとのこと。契約双方は本契約解釈について、まず中国法律を適用できる。契約双方は本契約に紛争場合、北京にある中国国際経済貿易仲裁委員会に従って行われるものとする。仲裁裁判は最終的なものであり、本契約の双方を拘束する。
------------------------------------------------
 勿論、視点を中国側に移せば当然の主張で、乙企業には中国政府部門に知り合いがいて、中国法と中国での紛争解決機関を採用すべきだと丁寧だが、日本との契約交渉は一歩も引かない構えである。ここまでくれば互いに理屈と面子のぶつけ合いで、あとは如何に現実的な交渉を継続して、合理的な着地点を探る道筋しかない。

 相談を受けた私のアドバイスは一つである。「マッチ1本火事のもと」「大火災になる前に小さな火種のときに消火すべき」で中国との交渉は初動を制するのが法的危機管理の基本だ、ということである。
 結論として、中国に乗り込んだ日本企業の役員(タフ・ネゴシエーター、昔、上海で手ひどい交渉経験があった)が、テーブル上を日本国旗と中国国旗で飾り、マスコミも招待し、中国側が準備した盛大な契約調印パーティーの華やかな舞台を取り止めにさせて、深夜にわたって長時間粘り強い交渉を続けることになった。彼は甲乙企業の将来にわたる国際取引の互いの利益を訴え説得し、最後に北京を離陸する日に(1)(2)の条項は日本側主張の通り残った。

(2008年6月執筆)

一般社団法人日中法務交流・協力日本機構からの便り 全115記事

  1. 中国所在の不動産を巡る紛争と裁判管轄の問題
  2. 「老後は旅先で」~シニアの新しい生き方~
  3. 中国に出資しようとする外資企業に春が来た
  4. 「企業国外投資管理弁法」の概要
  5. 楽しさと便利さが、庶民の生活を作る。
  6. 中国会社法「司法解釈(4)」の要点解説
  7. 日本産業考察活動メモ
  8. 長江文明・インダス文明、再来の始まりを予感
  9. 中国国務院より「外資誘致20条の措置」が公布されました
  10. 中国の対日投資現状とトレンド(2)~中国の対日投資の論理とトレンド~
  11. 観光気分の危機管理
  12. 訴訟委任状に公証人の認証が必要か?
  13. 『外商投資企業設立及び変更届出管理暫定弁法』の解説
  14. 婚活は慎重に!とある中国人女性と日本人男性の事例
  15. 新旧<適格海外機関投資家国内証券投資の外国為替管理規定>の比較
  16. 中国では、今年から営業税から増値税に切り換え課税するようになりました。
  17. 土地使用権の期限切れ
  18. 過度な中国経済悲観論について思うこと
  19. 『中華人民共和国広告法(2015年改正)』の施行による外資企業への影響(後編)
  20. 203高地への道
  21. 中国大陸における債権回収事件(後編)
  22. 中国大陸における債権回収事件(前編)
  23. 訪日観光は平和の保障
  24. 大連事務所15周年&新首席代表披露パーティーを行いました
  25. 再び動き出した中国の環境公益訴訟
  26. 「国家憲法の日」の制定
  27. 中国独占禁止法
  28. 道路の渡り方にみる日中の比較
  29. 日本の弁護士と中国の律師がともに講師となってセミナー
  30. 日中平和友好条約締結35周年に思う
  31. 中国におけるネットビジネス事情
  32. 敦煌莫高窟観光の人数制限と完全予約制の実施
  33. 両国の震災支援を両国民の友好につなげたい
  34. 公共交通機関のサービス体制
  35. 「ありがとう」を頻繁に口にすることの効果
  36. 久しぶりの上海は穏やかだ
  37. 事業再編の意外な落とし穴
  38. 強く望まれる独禁法制の東アジア圏協力協定化
  39. いまこそ日本企業家の心意気を持って
  40. iPadに見る中国の商標権事情
  41. 人民元と円との直接取引がスタート
  42. 中・韓のFTA(自由貿易協定)交渉開始と日本
  43. 固定観念を打破し、異質を結びあわす閃きと気概
  44. 若い世代を引きつける京劇
  45. 大都市は交通インフラが課題だ!
  46. 杭州市政府の若手職員の心意気
  47. 13億4000万人を養う中国の国家戦略
  48. 「命の安全」を考える。
  49. 大連で労働法セミナーを開催しました
  50. 中国でも「禁煙」規定が発効
  51. 中国における震災報道から思う
  52. IT通信手段は、不可欠だ。
  53. 日本人は計画的?中国人は行きあたりばったり?
  54. 広州・北京に見るストライキ事情
  55. 商業賄賂で処罰
  56. 大連事務所は開設10周年を迎えました!
  57. 顔が見える交流
  58. 日本は人治、中国は法治?!
  59. 日本の公証人制度
  60. 充電スタンド建設の加速
  61. 上海の成熟した喧噪と法意識の違い
  62. 中国における日本人死刑執行の重み
  63. 中国の富裕層は日本経済の「救世主」か
  64. 日本に追いつき追い越せ/パートII
  65. 国際交流を望む中国研究者にとって日本は遠い国だ
  66. 「文化産業振興計画」の採択
  67. 国慶節に思う
  68. IC身分証明と在日外国人取締強化
  69. 「日本人は・・・・・」「中国人は・・・・・・・」
  70. 中国の携帯電話産業
  71. メラミン混入粉ミルク事件
  72. 大連市の公証人役場
  73. 東北アジア開発の動きと長春の律師
  74. 循環型経済促進法の制定
  75. 北京オリンピックと私たち
  76. 四川大震災に想う
  77. 日・中企業間の契約交渉の実例
  78. 東アジア共同体
  79. レジ袋の有料化
  80. 通訳の質について
  81. 「中国餃子バッシング」に思う
  82. 中国の休日
  83. インドを見てから、あらためて中国を見る
  84. 日中韓の国境は障害を乗り越え、確実に近くなっている。
  85. 北京市の自転車レンタル事業から中国の環境政策を見る
  86. 福田首相と日中友好
  87. 上海の空、東京の空 四日市公害裁判提訴(1967年)から40年後の今に想う
  88. 物権法の制定過程
  89. 司法より行政に権力がある
  90. 中国の『走出去』戦略を読む
  91. 中国の環境問題
  92. 中国のオーケストラ
  93. 春節
  94. 「いじめ」は共通語だ!
  95. 中国を見る眼
  96. 最高人民法院を訪問しました
  97. 機内食のコップ あっという間の進歩
  98. 冷静な眼と暖かい心
  99. 自主的な総合的力量を備える
  100. 宴席は丸か四角か
  101. 「十一五」規画始動!
  102. 依頼人の人権擁護
  103. 身の安全
  104. 中国で「勤勉さ」を学ぶ
  105. 203高地や旅順口などの戦跡を訪れて思う
  106. 「ソウルで味わった韓流の逞しさ」
  107. 中国と日本の立法・行政・司法
  108. くれぐれも御用心
  109. 海外旅行は、法リスクの宝庫だ。
  110. 互いの理解
  111. 信頼関係の形成に向けて
  112. 中国憲法における「改革・開放」路線
  113. 苦情処理センターの効用
  114. 信頼できる中国人パートナーを得る
  115. 外国への進出と契約
  • bnr-購読者専用ダウンロードサービス
  • 法苑
  • 裁判官検索