カートの中身空

閲覧履歴

最近閲覧した商品

表示情報はありません

最近閲覧した記事

一般2022年05月10日 「ユマニスム」について(法苑196号) 法苑 執筆者:髙橋謙一

大江健三郎の師が紹介したユマニスム
 大江健三郎のファンの間では有名な逸話であるが、彼は高校生の時、一冊の本に感銘を受け、この著者の下で学びたいと東大文学部(仏文科)を目指した。彼の運命を決定づけた本とは、渡辺一夫著『フランス・ルネサンス断章』(岩波新書)で、ルネサンス期のフランスの九人のユマニストの活動を通じて、ユマニスムを紹介している。この本は現在、三人が追加された増補版『フランス・ルネサンスの人々』(岩波文庫)として入手できる(大江の解説がついている。)。ただし、ユマニスムについては、『ヒューマニズム考』(講談社文芸文庫)の方がより平易で分かりやすい。
 「ユマニスム」は、英語で書くと「humanism」で、一般には「人間主義」「人本主義」あるいは「人文主義」などと訳されている(なお、日本ではhumanismを「人道主義」「博愛主義」の意味で使いがちだが、それに該当する英単語はhumanitarianismであり、少し違う。)。ただ、「ユマニスム」をこう訳しても、これだけでは、「どうやら人間中心主義のことらしい」という見当は付くものの、その内実は分かりづらい。

ユマニスム・ユマニストとは
 ルネサンス期、教会が形骸化して、神学本来の目的から外れて人々の信仰や思想さらには生活までも不当に制約していると感じた人々が、「それ(現在の制度、儀式、慣習等)は神(の信仰)と何の関係があるのか」との疑問を問いかけ、それが宗教改革につながった。その懐疑心はさらに「それが人間と何の関係があるのか」という意識につながり、「人間の作ったものがその本来の目的を外れて歪んで使用されて人間の自由を束縛すること」を指摘する態度に発展した。それが「ユマニスム」である。渡辺はこれを、「人間が自分で作ったものの奴隷にならぬように、歪んだものを正常な姿に戻すために、常に自由検討の精神を働かせて根本の精神を尋ね続けること」と説明している。
 例えば外科医アンブロワーズ・パレ。身分の貴賤を問わず多数の人々に手術を施し、国王にまで施術した。彼が正式な医学を学んでいない外科医(理髪師でもある)のため、その手術方法についてパリ大学医学部などから激しい非難を受けたが「それ(大学の知識)が手術の成功と何の関係があるのか」と気に留めなかった。
 スイスでの宗教改革で名高いカルヴァン。教会の形骸化に対して、異議を唱え、その結果、激しい弾圧を受けたが、それに屈することなく、「寛容の精神こそ必要」と訴え続けた。ところがいわゆるカルヴァン派の勢力が強くなるにつれ、その組織を維持・拡大するために、カルヴァン自身が「神の意志」の名のもとに内部の反対派を粛正していく。その過程で、ある意味カルヴァン以上に徹底した宗教改革者であったミシェル・セルヴェを火あぶりにし、そのことを弟子のセバスチヤン・カステリヨンに「寛容になるべきだ」と非難される(両名ともユマニストとして前掲書で紹介されている。)。渡辺は、カルヴァンが高い理想と強い信念を持っていたことは間違いないが、人間を救い、人間悪・社会悪を是正するには、それだけでは足りず、「もっと深い忍苦と、もっと痛ましいほどの反省と、もっと強い懐疑」が必要であり、カルヴァンの悲劇は「人間そのものの悲劇」だと訴えている。
 「ユマニスム」とは、「人間がより発展していくための手段として作ったはずの思想・宗教・法・制度・慣習・物(以下「道具類」という。)が、その目的を逸脱して人の発展と自由を阻害しているのではないかと、常に疑い続ける精神」であり、「ユマニスト」とは、その精神を持っており、かつ「それを外(世間・社会)に指摘する人」のことと、私は理解している。

ユマニストたる弁護士たち
 さて、「ユマニスム」「ユマニスト」をそのように理解すると、弁護士会にはユマニストと目される人が多い気がする。例えば現在当たり前のように運用されている「被疑者国選弁護人制度」。その源泉は一九九〇年頃に大分県・福岡県で始まった「当番弁護士」にある。この「当番弁護士」も今や適正な刑事弁護手続に必須な制度と受け止められていると思うが、私が所属する福岡県でこの制度を設けようとした際には少なからぬ反対があった。特に多くの弁護士の「心の隙間」に侵入した意見が「無辜の市民救済はともかく、ヤクザや極悪非道の殺人犯、あるいは常習的薬物事犯を、なぜ、弁護士が手弁当で援助する必要があるのか」というものであった。しかし、導入を推進する弁護士らは「彼らも等しく適正な刑事弁護手続を受ける権利がある。それ(被疑者の属性)が、被疑者の権利擁護と何の関係があるのか」と強く反論し、結局その意見が県弁会員の多数に受け入れられ、当番弁護士制度が発足した。そしてその精神が広く国民の支持を受け、前記の通り被疑者国選弁護人制度へとつながっている。
 もう一つ、同じころに福岡で起こった有名な裁判がある。いわゆる「セクハラ訴訟」である。この訴訟もまた「仕事を円滑に行うためには、『女性的配慮・対応』は不可欠である」という当時の社会風潮に対して「それが女性の仕事能力と何の関係があるのだ」という懐疑精神に基づくものである。この訴訟の結果(と私は評価するが)、現在「セクシャル・ハラスメント」という言葉を知らない人はいなくなった。しかしこの訴訟が起こされた時、国民はおろかほとんどの弁護士は、この言葉を知らなかった。のみならず、「このような訴訟を提起したくらいで、社会は何も変わらない」という消極的批判も少なくなかったし、恥ずかしながら、私もそう考えていた。実際、この訴訟が、男性優位主義の社会の中でいかに逆風を浴びながら追行されたかについては、代理人となった女性弁護士や被害者自身が多くの場で発信しているので、ご存知の方も多いであろう。
 しかし、制度を疑って声を上げた被害者と弁護士によって、確かに、社会は変わったのである。
 このように、その当時の社会で「当然の存在」とみなされていた「道具類」に対して、それが「人間の発展や自由を阻害している」と認識し、そのことを問いかけた裁判は、生活保護に対する朝日訴訟、学問の自由に対する家永訴訟、高度成長社会に対する公害訴訟、SDGs達成のための各種環境訴訟、国民主権確保のための「一票の格差訴訟」等々枚挙に暇がない。私は、これらの訴訟にかかわっている方々の中に、ユマニスムの発露を見て取るし、一部の方々に対してはユマニストと称賛したい気持ちがある。

弁護士に期待するユマニスム
 もっとも私は、弁護士に対して「だからユマニストになれ」とアジる意思は毛頭ない。そもそも私自身が、ユマニストになんかとてもなれないと自認している。渡辺も指摘しているが、その時代の支配的風潮に対して、それが誤っていると公言することは、それ自体、極めて大変なことである。しかもユマニストたるには前記のように「信念」だけでは足りず、「深い忍苦と痛ましいほどの反省」も必要であり、それに欠けると、カルヴァンのように、自分が他人の発展と自由を阻害する側に回ってしまう。現代的にはアナキン・スカイウォーカーとダース・ベイダーを彷彿させる関係で、一般の人間がなかなかなれるものではない。
 私が今回、ユマニスムを紹介したのは、弁護士たるもの、以下の二点が不可欠ではないかと考えているからである。
 第一点は、言うまでもなく、ユマニスムの精神を身につけることである。自己が所属する社会・集団において、「道具類」に対して、それは何のために存在しているのか、それが本来の目的を逸脱して人の発展や自由を(弁護士的に表現するならば「人権」を)侵害しているのではないか、と常に懐疑する精神を持つことは、「基本的人権を擁護し、社会正義を実現することを使命とする」弁護士にとって不可欠のことだろう。
 第二点は、ユマニストにはならなくてもよい、でもユマニストの発信をきちんと受け止める、という意識を持つことである。歴史上のユマニストの多くは、結局その時代での改革に失敗しており、中には命を失ったものもいる。それは当時の多くの人間が、ユマニストの指摘を無視し、むしろ弾圧したからである。しかしのちの歴史において、その指摘が正しく、その通りに社会が改革されている。そういう歴史を踏まえて現代に生きる私たちは、ユマニストの正しい指摘をきちんと受け取る必要がある。ただし、「○○が人権侵害をしている」と指摘する人がすべてユマニストとは限らない。そこは「玉石混交」である。したがって、現在の「道具類」による人権侵害を指摘する声について、それが適切な指摘であるかどうか判断し、適切な指摘に対しては支持・援助、少なくとも阻害しない(例えば、前記当番弁護士制度導入時の福岡県弁護士会会員の対応)とともに、明らかに不適切と思われるものに対しては、人々に、惑わされないように指摘する役割を担う者が必要となる。私は、日常的に対立する意見を聞きながら紛争の解決に従事している弁護士こそ、その能力を最も有していると考える。

結 語
 以上の想いから、今日ユマニスムを紹介させていただいた。もちろん、ユマニスムが現実の社会変革にどの程度有効かは分からない。多分懐疑派が多いであろう。しかし渡辺が紹介するセナンクゥールの次の言葉が、私の胸を打つ。

 「人間は滅び得るものだ。そうかもしれない。しかし、抵抗しながら滅びよう。」

 私もかく生きたい。

(弁護士)

法苑 全94記事

  1. ある失敗(法苑196号)
  2. デジタル奮戦記(法苑196号)
  3. ある税務相談の回答例(法苑196号)
  4. 「ユマニスム」について(法苑196号)
  5. 「キャリア権」法制化の提言~日本のより良き未来のために(法苑195号)
  6. YES!お姐様!(法苑195号)
  7. ハロウィンには「アケオメ」と言おう!(法苑195号)
  8. テレビのない生活(法苑195号)
  9. 仕事(法苑194号)
  10. デジタル化(主に押印廃止・対面規制の見直し)が許認可業務に与える影響(法苑194号)
  11. 新型コロナウイルスとワクチン予防接種(法苑194号)
  12. 男もつらいよ(法苑194号)
  13. すしと天ぷら(法苑193号)
  14. きみちゃんの像(法苑193号)
  15. 料理を注文するー意思決定支援ということ(法苑193号)
  16. 趣味って何なの?-手段の目的化(法苑193号)
  17. MS建造又は購入に伴う資金融資とその担保手法について(法苑192号)
  18. ぶどうから作られるお酒の話(法苑192号)
  19. 産業医…?(法苑192号)
  20. 音楽紀行(法苑192号)
  21. 吾輩はプラグマティストである。(法苑191号)
  22. 新型コロナウイルス感染症の渦中にて思うこと~流行直後の対応備忘録~(法苑191号)
  23. WEB会議システムを利用して(法苑191号)
  24. 交通事故に基づく損害賠償実務と民法、民事執行法、自賠責支払基準改正(法苑191号)
  25. 畑に一番近い弁護士を目指す(法苑190号)
  26. 親の子供いじめに対する様々な法的措置(法苑190号)
  27. 「高座」回顧録(法苑190号)
  28. 知って得する印紙税の豆知識(法苑189号)
  29. ベトナム(ハノイ)へ、32期同期会遠征!(法苑189号)
  30. 相続税の申告業務(法苑189号)
  31. 人工知能は法律家を駆逐するか?(法苑189号)
  32. 土地家屋調査士会の業務と調査士会ADRの勧め(法苑189号)
  33. 「良い倒産」と「悪い倒産」(法苑188号)
  34. 民事訴訟の三本の矢(法苑188号)
  35. 那覇地方裁判所周辺のグルメ情報(法苑188号)
  36. 「契約自由の原則」雑感(法苑188号)
  37. 弁護士と委員会活動(法苑187号)
  38. 医療法改正に伴う医療機関の広告規制に関するアウトライン(法苑187号)
  39. 私の中のBangkok(法苑187号)
  40. 性能規定と建築基準法(法苑187号)
  41. 境界にまつわる話あれこれ(法苑186号)
  42. 弁護士の報酬を巡る紛争(法苑186号)
  43. 再び大学を卒業して(法苑186号)
  44. 遺言検索システムについて (法苑186号)
  45. 会派は弁護士のための生きた学校である(法苑185号)
  46. 釣りキチ弁護士の釣り連れ草(法苑185号)
  47. 最近の商業登記法令の改正による渉外商業登記実務への影響(法苑185号)
  48. 代言人寺村富榮と北洲舎(法苑185号)
  49. 次世代の用地職員への贈り物(法苑184号)
  50. 大学では今(法苑184号)
  51. これは必見!『否定と肯定』から何を学ぶ?(法苑184号)
  52. 正確でわかりやすい法律を国民に届けるために(法苑184号)
  53. 大阪地裁高裁味巡り(法苑183号)
  54. 仮想通貨あれこれ(法苑183号)
  55. 映画プロデューサー(法苑183号)
  56. 六法はフリックする時代に。(法苑183号)
  57. 執筆テーマは「自由」である。(法苑182号)
  58. 「どっちのコート?」(法苑182号)
  59. ポプラ?それとも…(法苑182号)
  60. 「厄年」からの肉体改造(法苑181号)
  61. 「現場仕事」の思い出(法苑181号)
  62. 司法修習と研究(法苑181号)
  63. 区画整理用語辞典、韓国憲法裁判所の大統領罷免決定時の韓国旅行(法苑181号)
  64. ペットの殺処分がゼロの国はあるのか(法苑180号)
  65. 料理番は楽し(法苑180号)
  66. ネット上の権利侵害の回復のこれまでと現在(法苑180号)
  67. 検事から弁護士へ― 一六年経って(法苑180号)
  68. マイナンバー雑感(法苑179号)
  69. 経験から得られる知恵(法苑179号)
  70. 弁護士・弁護士会の被災者支援―熊本地震に関して―(法苑179号)
  71. 司法試験の関連判例を学習することの意義(法苑179号)
  72. 「スポーツ文化」と法律家の果たす役割(法苑178号)
  73. 「あまのじゃく」雑考(法苑178号)
  74. 「裁判」という劇薬(法苑178号)
  75. 大学に戻って考えたこと(法苑178号)
  76. 生きがいを生み出す「社会システム化」の創新(法苑177号)
  77. 不惑のチャレンジ(法苑177号)
  78. タイ・世界遺産を訪ねて(法苑177号)
  79. 建築の品質確保と建築基準法(法苑177号)
  80. マイナンバー制度と税理士業務 (法苑176号)
  81. 夕べは秋と・・・(法苑176号)
  82. 家事調停への要望-調停委員の意識改革 (法苑176号)
  83. 「もしもピアノが弾けたなら」(法苑176号)
  84. 『江戸時代(揺籃期・明暦の大火前後)の幕府と江戸町民の葛藤』(法苑175号)
  85. 二度の心臓手術(法苑175号)
  86. 囲碁雑感(法苑175号)
  87. 法律学に学んだこと~大学時代の講義の思い出~(法苑175号)
  88. 四半世紀を超えた「渉外司法書士協会」(法苑174号)
  89. 国際人権条約と個人通報制度(法苑174号)
  90. 労働基準法第10章寄宿舎規定から ディーセント・ワークへの一考察(法苑174号)
  91. チーム・デンケン(法苑174号)
  92. 仕事帰りの居酒屋で思う。(健康が一番の財産)(法苑173号)
  93. 『フリー・シティズンシップ・クラス(Free Citizenship Class)について』(法苑173号)
  94. 法律という窓からのながめ(法苑173号)
  • bnr-購読者専用ダウンロードサービス
  • 法苑
  • 裁判官検索